マンション最上階に住むデメリットは地震以外に雨漏りや夏の暑さ。

【不動産】最上階に住むデメリット(地震・夏の暑さ・雨漏り)

【不動産】最上階に住むデメリット(地震・夏の暑さ・雨漏り)

 

 

こんにちは。
今回はマンション最上階に住むデメリット
に関してお話させていただきます。

 

前回のメリット編はいかがだったでしょうか。
いくら最上階といえどもデメリットは存在します。
それでは順番に見ていきましょう。

 

 

デメリット

価格が高い

予算に余裕があれば最上階に住みたいという人は多いものです。
一般的に物件価格は1階上がるにつれて数十万円高くなる事は
珍しくありません。予算には限りがありますので
価格が高いというのは当然ながら大きなデメリットです。

 

 

屋上の断熱性能によっては夏は暑い

屋上が緑化されていたり、その他対策が施されていれば問題ない
と思いますが断熱性能が甘かったりすると昼間日差しを浴び続けた
建物のコンクリートが熱を持ったままになり夜になっても
室内の温度が中々下がらないといった事が起きます。

 

昔と比べると建築技術の向上により改善はされていますが断熱性能に
問題がある物件ですと最上階は避けた方がいいかもしれません。

 

エントランスから部屋までが遠い1階のエントランス付近で
忘れ物に気付いた時などは特に実感するのではないでしょうか。

 

地震が起こった時は一番揺れる

大地震を経験し恐怖心が残っている人は
上層階は敬遠するのではないでしょうか。

 

天井が高いので空調の効きが悪い

物件によっては最上階は特別仕様のため天井が高かったりします。
空調の効率が悪くなってしまう場合があります。

 

天井が高いというのは開放感があってメリットではありますが、
このようにデメリットとなってしまう事もありますので注意が必要です。

 

 

エレベーターが止まると生活に大きな支障をきたす

災害時、停電によりエレベーターが止まると
そのマンションで一番影響を受けることになります。
災害時のエレベーター使用について事前に確認しておきましょう。

 

 

エレベーターのない物件であれば大きなデメリットになる

いくら最上階でもエレベーターが設置されていない
マンションでしたらその魅力は半減です。

 

毎日昇り降りする際にも大変ですが大型家具や家電を購入し
搬入してもらう際に送料で割増料金を取られる事もあります。

 

 

他の階より雨漏りの影響を受ける可能性が高い

屋上の防水施工の状態が良ければ問題ないのですが
メンテナンスが行き届いていないと他の階に比べ
雨漏り被害にあう可能性が高い。

 

 

空き巣に入られやすい

屋上へ上がれる可能性が少しでもあれば、そこからベランダへ
降りてきて浸入されてしまう事が考えられます。泥棒も最上階には
比較的お金持ちが多いという事はわかっているからです。

 

最近ではセキュリティーが強化されたマンションが多いですが
住んでいる住人が高層階だから窓を閉めなくても大丈夫だろうと
過信してしまうので被害者も多いのです。

 

セキュリティーが強化された物件に住む事も重要ですが
その前に住人の安全意識を高める事が大切です。

 

台風の影響を受けやすい

高層階へ行けば行くほど、とにかく風が強いので雨風の
叩きつける音で眠れないなんて事もあるかもしれません。

 

それに強風によりベランダに出している物が落下して
下にいる人に危害を加えるなんて事にならないためにも
全て部屋の中に入れる手間も出てくるかもしれません。

 

 

水圧が弱い

物件によっては水圧が弱い場合があります。
毎日の事になってくると思いますので
気になる人は事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

1階まで降りるのが面倒

日々のゴミ捨てが面倒だと感じる人もいます。
タワーマンションなどでは各階にゴミステーションが
設置されている所もありますので契約前に確認が必要です。

 

またオートロックであれば新聞の受け取りで1階まで行く必要があります。
ただしタワーマンションでも各住戸まで届けてくれるサービスもあります。
住む前にそのあたりの確認もしておくと安心ですね。

 

 

 

屋上に設置された物で影響を受ける事も

物件によっては屋上に全住戸の為の機器が設置されている事もあり、
それによる臭気や騒音の被害を受ける事もあります。

 

 

鳥の被害を受けやすい

屋上に鳥が集まってきて鳴き声や糞害の影響を受けやすい。

 

自分の出している騒音を自覚しにくい

集合住宅で最上階にしか住んだ事がない人であれば、
どの程度の音を出すと下の階の人に迷惑になるのか想像できないので、
気付かないうちに下の住人に酷く恨まれているという可能性もあります。

 

 

屋上に共用施設がある場合は騒音被害にあう

大規模マンションなどでは共用施設が充実しています。
屋上が居住者のコミュニケーションスペースとなっている場合もあります。
その場合、大人数の足音や声などが響く場合があります。

 

イベント事がある日は特に覚悟が必要となるかもしれません。
どういった共用施設があるのか入居前に確認しておきたいですね。

 

 

 

 

以上、最上階に住むデメリットに関してでした。
いかがだったでしょうか。
マンション最上階にデメリットはほとんど無いはずだと
思っていた人は考え方が変わったかもしれません。

 

この世に完璧な物件は存在しません。
メリットとデメリットを事前に知っておく事で
入居後の満足度がかなり変わってきます。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ