畳のサイズは種類によって大きさが違うのでトラブル(詐欺・コスト削減)

【不動産】和室で確認する事(畳の種類やサイズ・施工状態)

【不動産】和室で確認する事(畳の種類やサイズ・施工状態)

 

 

こんにちは。
今回は和室で確認しておきたいポイントに
関してお話させていただきます。

 

最近はフローリングになっている部屋が
多いですが和室には和室の良さがありますよね。
住む前に確認しておいた方が良い所が何点か
ありますので順番に見ていきましょう。

 

畳には様々なサイズがある

畳というのは全て同じサイズではありません。
大きい方から京間、中京間、江戸間、団地間サイズとあります。

 

間取り図に6畳と表記されているのに実際に部屋へ
入ってみると狭く感じた事はないでしょうか?
その逆もあるかもしれません。
それはこういった事情があるからなんです。

 

住む人に知識がなく、サイズ表記も曖昧ですと悪徳業者は
強引に小さな畳をはめ込み枚数をかせごうとしてくるかもしれません。
しかし部屋の畳数を表記する際の畳のサイズは決められています。

 

不動産公正取引協議会では新築住宅の場合、壁芯計算で
1.62uあれば1畳と表示できるように決められております。
また中古住宅の場合でも、これより小さい畳での畳数表記
であっても畳の面積を併記する事で認められています。

 

部屋に入ってみて部屋の大きさに納得できなければ、どの大きさの
畳による計算なのか確認した方がいいかもしれません。
間取り図に畳1枚あたりの面積を表記せず、こちらから質問しても
回答がなければあやしいと思ってもいいかもしれません。

 

種類ごとの畳のサイズ

大きいサイズから順に紹介します。

 

■京間サイズ:95.5cm×191cm。
 「本間」とも呼ばれている畳です。
  主に関西、中国、四国、九州地方で使用されています。

 

■中京間サイズ:91cm×182cm。
  主に、愛知、岐阜、三重で使用されています。

 

■江戸間サイズ:88cm×176cm。
  関東地方を中心に使用されています。

 

■団地間サイズ:85cm×170cm。
  団地でよく採用されています。

 

 

同じ6畳を比較した場合、京間サイズと団地間サイズでは
なんと1.6畳分もの差が出てしまう事になります。

 

 

上記以外に琉球畳というものがあります。
琉球畳は正方形の縁なし畳を市松模様に
敷き込んだものを総称していいます。

 

和モダンなかわいい雰囲気に模様替えができるので
従来の少しかたい感じの和室のイメージが変わりますよ。
琉球畳サイズ:82cm×82cmなど。

 

 

和室で確認したい施工状態

最近のマンションでは洋室のフローリングが主流になっていますが
それでもまだまだ和室は多いです。ファミリー向けの間取りでは
たいていリビングの横に4畳半ほどの和室があったりします。

 

これから引っ越そうとしている家の和室でどういう所を
チェックしていますか?和室でまず目に飛び込んでくるのが畳です。

 

畳の下に防湿シートが敷かれているか確認して下さい。
室内の環境にもよりますが無ければ畳の下に
カビが生えてしまう可能性があります。

 

カビが生えてしまうと畳ごと交換しなければならず、
お金も手間もかかり後々面倒な事になります。

 

押入れの中もチェックしてみて下さい。
押入れの中って木がたくさん使われていますから
木がささくれ立っていたり、クギが出っ張っていたり
していると当然手が触れるとケガをしますし、蒲団を
出し入れする際に引っかかって破れてしまうかもしれません。
必ず時間をかけてじっくりと自分の目で確認してみて下さいね。

 

最後は襖や障子に関してです。
襖や障子は必ず自分の手で触り開閉がスムーズか確認しましょう。
実際に住むようになると毎日のように開閉するかもしれません。
その際にスムーズでないとこれが意外とストレスになります。

 

それにスムーズでないまま強引に開閉していると悪化する一方です。
襖や障子が敷居の上をスムーズに動く事を確認する事はもちろんですが
襖や障子の隣り合うもう1枚との間隔が程よいか確認して下さい。

 

横から見て左右に膨らんでいる事もあればその逆で
接触してしまっているかもしれません。そのまま使用すると
破損してしまうので気が付いた時点で補修してもらうようにしましょう。

 

 

 

 

 

以上、和室でのチェックポイントに関してでした。
いかがだったでしょうか。
住宅の情報というのは築年数が経てば経つほど正確な
情報というのは残っておらず曖昧な場合が多いです。

 

ですから自分の感覚を頼りにしなければならない場面も
出てきます。そういった場合に今回ご紹介したような
知識を持っている事が大切になってきます。

 

6畳と表記されているから、そうに違いないという
思い込みは捨てて不動産屋さんに聞いたり
自分の感覚を大切にしてください。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ