東西南北のベランダの向きそれぞれのメリットとデメリット。

【不動産】ベランダの方位は東西南北どこがオススメか?

【不動産】ベランダの方位は東西南北どこがオススメか?

 

こんにちは。
今回は部屋の方位の選び方に関してです。
引っ越しをする際に悩む人は多いと思います。

 

この方位以外には住まないと決めている人もいるかもしれません。
しかし自分が好みの方位のデメリットに意外と
気付いていない事があるかもしれませんよ。
それでは東西南北を順番に見ていきましょう。

 

メリット

 

1)朝日が差し込むので日光で目が覚め体内時計を調整しやすい。

 

2)朝型の生活パターンの人に向いています。

 

デメリット

 

1)午後からは陽が差さなくなる。

 

2)夏場の午前中は部屋の奥まで強い陽が差し込むのでカーテンで
  上手く調整しないと家具や内装が日焼けし食品も傷みやすい。

 

3)休日に午前中遅くまで寝ていたい人には不向き。

 

西

メリット

 

1)午後から陽が差し込んでくるので午後の
  部屋は明るく冬場の暖房費も助かる。

 

2)夏の西日を嫌がる人が多いためか価格の面でも
  南や東よりも低めに設定されている場合が多い。

 

3)実は西向きが一番日照時間が長い。

 

4)午後から洗濯物を干したい人に向いている。

 

デメリット

 

1)夏場夕方の西日が強いので特にマンションなど
  コンクリート構造であれば夜に部屋の温度を下げるのが大変。

 

  高層階で周囲に遮る建物がほとんど無く窓の前に
  庇も無い住戸であればそれが顕著となってしまいます。

 

  夏場の夕方は部屋の奥まで強い陽が差し込むのでカーテンで
  上手く調整しないと家具や内装が日焼けし、食品も傷みやすい。

 

2)植物が育ちにくい

 

メリット

 

1)日中部屋が明るい。

 

2)真夏に朝日や夕日が部屋の中まで差し込まないので過ごしやすい。

 

3)逆に冬は部屋の奥まで陽が差し込むので部屋が明るく暖かい。

 

デメリット

 

1)朝日や夕日を浴びる事が出来ない。

 

2)賃料が割高。

 

メリット

 

1)陽が部屋の中まで差し込まないので
  家具や内装などが日焼けで傷まない。

 

2)賃料が割安。

 

3)真夏の空調の調整がしやすい。

 

4)日光の差す方向が一定している。

 

 

デメリット

 

1)部屋に直射日光が差し込まないので
  他の方位の部屋に比べると明るさが足りない。

 

2)ベランダが北側だと洗濯物が乾きにくい。

 

 

 

東西南北のメリットとデメリットでした。
いかがだったでしょうか。
日本では日当たりの悪い部屋は敬遠されてしまいます。

 

しかし海外では部屋の中に置く家具にお金をかける場合、部屋の奥まで
陽が差すのを嫌いますので北側の方が人気があったりもするのです。
日本で一番人気とされている南向きの部屋が一番自分に
合っているとあなたは自信を持って言えますか?

 

東、西、南を比較すると実は陽が当たっている時間はほとんど同じです。
要は当たる時間帯が違うという事なんです。
東向きは午前中、南向きは日中、西向きは午後に陽が差します。
日中に家にいる事が多い人であれば南向きが最適でしょう。

 

 

北向きは部屋に陽が直接差し込んでこないので
部屋の明るさは東、西、南には劣ります。
しかし北向きでも比較的窓が大きい部屋だったり、窓のすぐ外が
建物に遮られていなければそれなりに明るさは保てます。

 

どの方位の部屋が最適かは陽の当たる時間帯にあなたや家族が
どういう過ごし方をするのかが重要となってきます。
要は自分の生活パターンと合っていれば意外と方位は
気にならない人も多いという事なんです。

 

それを知った上で部屋探しをすると選択肢は広がるはずです。
先入観にとらわれず自分の優先順位をハッキリさせて
住むようにすると、きっと満足度も高くなると思いますよ。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ