鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造の構造の違いと資産価値

【不動産】マンション構造の違(RC造・SRC造・S造)とは?

【不動産】マンション構造の違(RC造・SRC造・S造)とは?

 

 

こんにちは。
今回は建物の構造に関してです。
マンションなどの建築物には複数の構造が存在します。
使用する材料別で鉄筋コンクリート造、鉄骨(S)造、
鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造などがあります。

 

また組み立て方の違いによっても構造に種類があり、
壁式構造とラーメン構造というものがあります。
これらの構造の違いについてお話させていただきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

 

壁式構造

壁式構造は柱や梁などを使わず壁を使って建物を支えます。
この構造ですと鉄筋コンクリート造に限定され
さらに高層階の建物も建てる事はできません。
5階建てくらいまでの団地や低層マンションで採用されています。

 

壁式構造のメリットは地震に強いといわれている事です。
ただ柱や梁ではなく壁だけで全体を支えている構造ですので
マンションのように部屋と部屋の間にある薄い間仕切壁とは違い
この壁をぶち破って部屋をつなげるという事が出来ませんので
リフォームする際には制限が出てきます。

 

 

ラーメン構造

ラーメンとはドイツ語で枠という意味で、柱や梁を使って
建物を支える構造です。ですから壁式構造のように
壁は建物を支える目的ではありません。この構造は耐震性を
確保しながら広い空間をつくりやすいという特徴があります。

 

ラーメン構造は壁式構造と違い鉄筋コンクリート(RC)造の他に
鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造や鉄骨(S)造にも採用されます。
一般的なマンションのようにリフォームする際に壁を
ぶち破って部屋をつなげる事が可能です。

 

鉄とコンクリートの相性

鉄筋コンクリート(RC)造はマンションでは一般的な構造です。
ではなぜこの構造が広く普及していると思いますか?
それは材料の組み合わせ方に秘密があるのです。
まず鉄の特性について説明をしたいと思います。

 

 

鉄にどういった印象をお持ちでしょうか。
鉄は硬くて強い事や錆びやすい印象があると思います。
しかし強いといっても全てに強い訳ではありません。

 

引っ張った時には強い力を発揮しますが
圧縮する力には強くないのです。
それに意外と高温な状態にも強くないのです。

 

 

一般的な火災が起こると温度は800〜1000℃ほどに
なると言われていますが鉄は500℃程で強度は半分ほど
になってしまうからです。これでは隣家が火事になって火に
接触した際に耐えられないという事になってしまいます。

 

コンクリートは圧縮には強いけど引張りには
弱いという鉄とは逆の特性があります。

 

 

つまりこれら2つを組み合わせる事でお互いの短所を補い合い
優れた材料に生まれ変わる事ができるという事なのです。

 

 

 

 

 

マンションは主に次の3種類の構造に大別されます。

 

1)鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋コンクリート(RC)造とは鉄筋で枠をつくりそこに
コンクリートを流し込んで固めた物の事です。
(※Reinforced-Concrete「補強されたコンクリート」の意味)
この構造は低層、高層問わず様々な建物で採用されます。

 

 

2)鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造は鉄筋コンクリートの中に
鉄骨を入れたものです。鉄筋コンクリート(RC)造と
比較すると中に鉄骨が入っているので丈夫なのですが
建築コストが余分にかかってしまうデメリットがありますが
丈夫な構造ですので鉄筋コンクリート(RC)造に比べ
柱や梁の太さは細く出来るというメリットがあります。

 

 

3)鉄骨(S)造

鉄骨(S)造は一般的に重量鉄骨ラーメン構造といわれます。
(※Sはsteelの略です)
この構造はアパートなどで採用されています。

 

RCやSRC造に比べ一般的に遮音性能は劣ります。
また鉄骨造は振動で揺れやすいという欠点があります。
例えば幹線道路沿いや線路沿いに建っている鉄骨造の住宅は
大型トラックや電車が通った時に振動で揺れやすいのです。

 

 

 

 

 

 

以上、建物の構造に関してでした。
いかがだったでしょうか。
住宅を探す時に多くの人は目で見える部分で
判断します。内装や設備などに新しい物が
採用されていてオシャレかどうかです。

 

確かにそういった条件も大切だと思います。
しかし住宅は目に見えない構造の方がもっと重要なのです。
快適性や安全性、資産性が大きく左右されるからです。

 

遮音性や断熱性や耐震性で不備があっても内装の
ように簡単に変更する事ができないから怖いのです。

 

この構造部分に問題があるかどうかでその住宅の
資産価値は大きく左右されてしまいます。
購入、賃貸問わず住宅を選ぶ際には
ぜひ構造までしっかり確認してみて下さい。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ