ペット可のマンションで住人同士のトラブルで管理会社へ苦情が入る。

【不動産】ペット可マンションの管理規約と住人同士のトラブル

【不動産】ペット可マンションの管理規約と住人同士のトラブル

 

こんにちは。
今回はペット可のマンションでのペットの
飼い方に関してお話させていただきます。

 

最近は昔と違って集合住宅でペットが飼える所が
増えてきました。そういった集合住宅だからといって必ずしも
全員がペットが大好きで全員が飼っている訳ではありません。

 

だからトラブルも多いのです。
入居してから人間関係で取り返しのつかない事態に
ならない為にもぜひ事前にチェックしてみて下さい。
それでは順番に見ていきましょう。

 

管理規約

ペット飼育可となっているマンションでも様々な
規制があります。サイズや種類に制限がある
場合が多いです。また専有部分のみでしか
歩かせてはいけないなどあります。
ベランダに出してはいけない所が多いのです。

 

ベランダは自分のベランダなのに、なぜいけないのかと
思う人も多いかもしれません。ベランダは共有部分です。
共有部分は自分専用のスペースではないという事です。

 

ですからマンションの管理規約で共有部分である
共用廊下などでペットを歩かせてはいけないという
決まりがあるのなら当然共用部分であるベランダに放し飼い
させてはいけない事になります。ベランダで吠えるので
周囲の人から管理会社へ苦情が入ることは多いのです。

 

 

また入居して途中から管理規約が変更になりペット可
になる場合もあります。せっかくペット不可のマンションが
気に入って入居した人にはたまりません。管理規約は
住民の多数決で変更できてしまうのです。マンションの場合、
そういったリスクも想定しておく事が必要です。

 

深刻な問題はペット不可となっているマンションでも
こっそり飼育している人が少なからずいるという事です。
そういう人が一人でもいると不公平感が出てきて、じゃあ私も
こっそり飼うという人が出てきて収拾がつかなくなります。

 

こういった住民レベルの集合住宅はペットに限らないと思います。
どういったレベルの人が住んでいるかで入居後のトラブルも
ある程度は想像できるかと思います。

 

ぜひ住む場所を選ぶ際には周囲に自分が嫌悪感を示す人種が住んでいる
物件なのか、そうでないのか一つの判断材料にするといいと思います。

 

マンションの施設

ペットを飼う人とそうでない人とが上手く住めるように
配慮されたマンションというのは管理規約だけでなく
ペットのための施設も充実している場合が多いです。
例えば以下のような施設があります。

 

散歩から帰ってきた時に利用する「ペットの足洗い場」。
他にはペットが苦手な人を驚かせないようにエレベーターに
ペットと同乗していますよと表示させる「ペット」のランプが
設置されていたりします。また複数の棟があるマンションでは
ペット飼育する人としない人を完全に棟で分けていたりもするのです。

 

 

 

 

 

以上、マンションでのペット飼育に関してでした。
いかがだったでしょうか。

 

マンションにおける苦情の多くは生活音やペット飼育のマナーです。
つまり音に関してストレスを感じている人が多いという事なのです。

 

ペットが無駄吠えしているのは飼っている人間の責任です。
躾もロクに出来ないのであれば近隣住民と上手く行くはずがありません。

 

住宅における主役はあくまで人間です。
人間が快適に暮らす事に大きく危害を与えるようであれば、
ペットは近隣住民にとって癒しではなくただのストレスです。
これではペットが本当にかわいそうです。

 

最近ではペットを家族の一員として考える人が増えました。
ペットを集合住宅で飼うという行為はここ最近で一気に増えたので、
そのあたりのルールに個人差もあり追いついていないのかもしれません。

 

飼っている人も飼っていない人もお互い気持ち良く過ごせるように
日々改善を重ね工夫し続けたいものですね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ