マンションは内法面積を採用しているので減税条件の床面積表記に注意。

【不動産】マンションの2種類の面積(内法面積と壁芯面積)

【不動産】マンションの2種類の面積(内法面積と壁芯面積)

 

 

こんにちは。
今回はマンションの面積測定方法に関してです。
これぞれの測定方法の違いや、2種類必要になった
経緯に関してもお話しています。
それでは順番に見ていきましょう。

 

 

測定方法の違い

マンションの面積表示の方法には壁芯(かべしん、へきしん)面積と
内法(うちのり)面積という2種類があります。
まずはその測定方法の違いについて見ていきましょう。

 

壁芯面積というのは下の図のように厚みのある
壁や柱の中心部分から測定する方法です。

 

 

 

これに対し内法面積は壁や柱の内側から、
つまり壁紙クロスの表面から測定する方法です。

 

 

 

2種類で使い分ける必要性

先ほど説明しましたように面積表示の方法には
壁芯面積と内法面積がありますが内法面積を
採用しているのはマンションだけなんです。

 

一戸建ては壁芯面積だけで表示されます。
建物面積の表示方法は壁芯面積が一般的です。
建築基準法での面積表示方法も壁芯面積です。

 

マンションの壁は専有部分ではなく共有部分です。
つまり自分だけのものではないという事です。
ですから勝手に壁に穴を開けたりする事はできないのです。

 

 

 

こういった事からわかるように共有部分である
壁の真ん中から測定する壁芯面積を専有面積
として登記する事はできないのです。

 

チラシやパンフレットの間取図に記載されている
専有面積も壁芯面積で表示されています。

 

広告宣伝している段階では広めに表示できる壁芯面積を
採用し、不動産を所有した際の登記簿上には狭い面積
である内法面積を採用しなければならないのは納得が
いかないと感じるかもしれません。

 

しかしこのように採用しなければならないのには
マンション販売方法に理由が隠されているのです。

 

マンションの販売は青田売りが主流です。
青田売りとはマンション完成前に売ってしまう方法です。
実際に販売現場へ行かれた事がある人はわかると思いますが
実物が完成する前にモデルルームで判断する訳です。

 

マンションごとに使用する材料やクロスなど違ってきますから
壁の厚みも当然変わってくる事になるからです。
こういった事からも広告宣伝する段階では壁芯面積で
表示せざるを得ない理由があるのです。

 

 

減税メリット

住宅ローン減税や固定資産税の軽減措置では床面積
50u以上が条件の一つになっていますがこれは内法面積で
判断されます。マンションは一戸建てと違って内法面積で
表示される点に注意が必要です。

 

チラシやパンフレットなどで50u以上と表示されて
いても内法面積では50u未満になっているケースが
ありますので注意が必要です。

 

ざっくりと計算すると内法面積は壁芯面積より5%ほど
狭くなります。つまりパンフレットでは専有面積が52uと
なっていても内法面積は49uしかないという事で
減税メリットを受けられなくなる事があるという事です。

 

調べる方法は登記簿を閲覧する事です。
登記簿は法務局にあり誰でも調べることが可能です。

 

登記簿にはその土地や建物の所有者や建物の構造、
面積、階建て、所在地などを確認する事ができます。
今ではわざわざ法務局へ行かなくてもインターネットで
閲覧する事も可能です。

 

 

 

たったこれだけの確認作業を面倒くさがるだけで数百万円の
減税メリットが受けられなくなってしまえば絶対後悔してしまいますよね。
専有面積50u台のマンションを検討されている方は要注意です。

 

 

 

 

 

以上、マンションの面積測定方法に関してでした。
いかがだったでしょうか。
専有面積の数値だけ見て実際部屋に入ってみると
意外とその広さを感じない事はよくあります。

 

例えばタワーマンションで比べてみてもそれは明らかです。
耐震構造のタワーマンションは上に重量物が乗りますので
免震構造の建物より柱を太く、数も多くしなければなりません。
ですから壁芯面積で表示される専有面積が同じでも
耐震構造ですと実際の面積は狭くなります。

 

物件を探す時には必ず何度も現場へ行くようにしてください。
行って初めて気付く事は意外と多いからです。
現場で五感をフルに活動させて色々と感じ取ってみて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ