ヴィンテージマンションは管理、立地、デザイン性、可変性に優れている。

【不動産】ヴィンテージマンションに共通する条件とは

【不動産】ヴィンテージマンションに共通する条件とは

 

 

こんにちは。
今回はヴィンテージマンションに関してです。
ヴィンテージマンションにどのような印象をお持ちでしょうか。

 

築年数が経っている古いマンションといった印象でしょうか。
それとも高級なマンションをイメージされているでしょうか。
ヴィンテージマンションというのは築年数が経っていても価値を
落とさず管理の行き届いた管理力の高いマンションの事です。

 

築年数が経って古くなっても上品さが残っているのも特徴です。
資産価値に関して基本的に高いといえるものです。
一般的に中古住宅は買った時より売る時の価格は下がります。
しかしヴィンテージマンションというのは高い需要がありますので

 

買った時より価格が上がっている事もあるのです。
やはり多くの人からの需要があるのには多くの理由があります。
普通の中古マンションとは違うヴィンテージマンションの
条件として代表的なものをご紹介していきましょう。

 

立地

まず最初に条件として挙げられるのは立地の良さです。
昔から住環境として評価が高い地域が多いです。

 

駅からも程よい距離にありながら適度に緑があり街の
雰囲気が良いです。最近のマンションなどに時々
見かけるような強引にそこに住宅を建てたという
窮屈な印象を感じません。

 

 

デザイン性

外観が高級ホテルのような落ち着いた雰囲気を出しています。
よく見ると細かいデザインが施されており職人のこだわりを感じます。

 

内装も海外のアンティーク調のものが施されて
いたりして特別な雰囲気を醸し出しています。

 

現在では生産が中止されているような材が使われている場合も
ありますのでこういった物が好きな人にはたまらない価値があります。

 

マンションなどは管理規約でその雰囲気を壊さないためにも
リフォームに大きな規制があったりする場合もありますので
リフォームを検討されている方は事前に確認する事が大切です。

 

 

メンテナンス性

築年数は経っていて古いのですが美しいマンションってあります。
ヴィンテージマンションにはそういった特徴があります。

 

それは日頃からの管理が行き届いているからです。
よくマンションは管理を買えと言われますが有名な
ヴィンテージマンションを見ていると本当にそのように実感します。

 

管理がしっかりしているマンションは管理組合がしっかりと機能しています。
管理組合が機能しているという事は住民間でのコミュニティが
きちんと機能しており住民の意識が高いという事です。

 

 

またコミュニティ以外に建物自体がメンテナンスしやすい
デザインになっているという点も大きいです。

 

外観も一般的な正方形や長方形であればいいのですが
デザインに懲りすぎて実用性を後回しにし過ぎたマンションなどは
メンテナンスがしにくくコストも多くかかってしまいます。
将来続く住民への苦労に配慮できているかがポイントになります。

 

マンションの寿命に直結してくる配管の問題もあります。
マンションの寿命はコンクリートの躯体がボロボロになったからというよりは
中を走っている様々な配管がコンクリートに埋まっている状態なので
配管の寿命が来るとそれに伴い建物を取り壊したという事が多かったからです。

 

そういった経緯もあり現在では寿命を迎えた配管だけを
交換できる二重床などの構造にしているマンションが多いのです。
こういったメンテナンスへの配慮もチェックしてみると面白いですよ。

 

築年数

ヴィンテージマンションというくらいですから新築でない事は確かです。
少なくとも築10年以上は経過しているマンションをいいます。

 

ヴィンテージマンションは価格が高いだけでなく建築のために良い材料を
使用しており職人のこだわりが感じられるものが多いのも特徴です。
こういった理由から築年数が経つと独特な雰囲気を味わう事ができるのです。

 

 

可変性

住む人に合わせて間取りを自在に変更していけるかという事です。
子供と一緒に住んでいる時と子供が大きくなって夫婦2人だけに
なった時とでは快適に過ごしやすい間取りは変わってきます。

 

そういった時に間取り変更をしたくなると思うのですが
マンションによってはスムーズにいかない場合も多いのです。

 

廊下を挟んで部屋があるとつないで一つの大きな部屋に
する事はできません。ですから部屋は間仕切壁で隣り
合っている間取りの方が可変性が高い事がわかります。

 

それと水回りに関しても廊下を挟んで散らばっているより
一箇所に隣り合ってトイレ、洗面所、風呂場がかたまっている
間取りの方が可変性が高いという事です。最近は水回りが
一箇所に集まっているマンションが多いです。

 

 

夫婦2人だけになっても子供部屋を倉庫代わりに使うから
別に構わないという方もいますが、それは自分たちだけが
住む分には良いというだけの話です。

 

最終的には売却しなければなりません。
そうなった時にその時代に合った需要ある間取りに
変更できなければ資産価値が高いとはいえないのです。

 

 

 

 

 

以上、ヴィンテージマンションに関してでした。
いかがだったでしょうか。
ヴィンテージマンションがどのような条件のマンション
なのか何となくわかって頂けたかと思います。

 

ヴィンテージマンションはただ高級なだけでなく
管理が行き届いており、住民の意識が高く、
周辺住民にも愛されたマンションだと言えます。

 

ヴィンテージマンションとして代表的なものに東京の渋谷区広尾に
所在する大規模マンション「広尾ガーデンヒルズ」があります。
とてもわかりやすい例です。
有名なヴィンテージマンションですので
気になった方はチェックしてみて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ