新耐震基準を満たした住宅かどうかで住宅ローンの利用にも影響が出る。

【不動産】地震が来ても安心できる住宅の耐震基準と形状とは?

【不動産】地震が来ても安心できる住宅の耐震基準と形状とは?


こんにちは。
今回は住宅における耐震性に関してお話しさせていただきます。
日本は地震大国です。阪神・淡路大震災や東日本大震災により
多くの人は住宅の耐震性に興味を持つようになったと思います。

 

そこで住宅を選ぶ際にどういった点に注意すればいいのか
いろいろと不安もあるかと思います。
それでは順番に見ていきましょう。

 

耐震基準

まず耐震基準を確認して下さい。
耐震基準とは建築基準法に規定が設けられたもので
過去に何度か見直しがありました。
現在は「新耐震基準」と呼ばれるもので1981年
(昭和56年)6月から適用されているものになります。

 

つまりマンションでいうと1981年6月1日以降に役所に
建築確認申請を提出して受理された物件という事になります。
新耐震基準自体は1981年の施行なのですが
マンションが完成するまで長期間時間がかかります。

 

1棟であれば通常、階数+3〜4ヶ月は必要になってきます。
つまり12階建てのマンションであれば1年6ヶ月ほどの
時間が掛かってしまうのです。

 

ですから竣工年が1983年以降のマンションを選ぶと
安心できるといえます。当然現在、建築中のマンションは
全てこの新耐震基準をクリアしているものになります。

 

 

新耐震基準が注目されるのには根拠があります。
1995年に起こった阪神・淡路大震災による死亡者の死因の約9割は
家屋、家具類等の倒壊による圧縮死と思われるものだったからです。
つまり死因は建物等の倒壊が主な原因だったのです。

 

現在の耐震基準を満たさない1981年以前の建物に被害が集中していたからです。
震災により全壊した建物の内訳ですが、ほとんどが共同低層住宅や長屋で
分譲マンションはたったの6%ほどだったといわれています。

 

 

この新耐震基準に基づいて建設されたマンションは1995年に起きた
阪神・淡路大震災でも被害が少なかったので高く評価されたのです。

 

だからといって1981年以前に建てられた旧耐震基準のマンションは
危険だから絶対に住まない方がいいのかといえばそうとも言えません。

 

耐震診断を受けて耐震改修工事を実施していれば耐震性で安心できます。
中古マンションの場合、よほど大昔の建物でなければ履歴が残っているはず
ですからそのあたりの確認も忘れずに行って下さい。
ちなみに一戸建ての場合には耐震規定が強化された2000年が分岐点です。

 

 

建物の形状

もう一つ注意して欲しい点が建物の形状です。
阪神・淡路大震災では1階部分を柱のみにして駐車場などに
利用するピロティ構造のマンションが大きな被害にあいました。

 

都心部などマンションの敷地を大きく取れない場合などマンションの
1階部分を駐車場にするなんて事は珍しくないです。開放的な
感じにするために柱と柱の間に壁を入れないデザインを採用しがちです。

 

1階部分が店舗になっているとガラスの部分がどうしても
多くなってしまい耐震強度が弱くなってしまいます。

 

 

現在ではこういった造りは強度が弱い事に多くの人が
気付いていますので耐震補強工事を行っている所が多いです。

 

柱と柱の間に壁を作り耐力を上げたり、鉄骨をクロス
させる事で両側の柱に均等に力を振り分けるという
鉄骨ブレースを入れる方法、炭素繊維や溶接金網を
柱に巻き付けて柱自体の強度を上げる方法などがあります。

 

中古マンションを購入する際には管理組合などが
保管している修繕履歴表でそういった耐震補強工事を
過去行ったのか確認する事が大切です。

 

他には以前問題になった耐震偽装です。
気になる方は構造計算書の再検証が行われているかを
確認して下さい。構造計算書とは耐震性など建物の
安全性を計算した際に必要となる書類です。これらの履歴が
確認できれば耐震性で問題のない物件といえると思います。

 

耐震性能と住宅ローン

最後に耐震性は住宅ローンにも影響が出るからです。
これまでにお話したように新耐震基準の物件であれば
倒壊の可能性は考えにくいという事が証明されています。

 

 

こういった理由からも住宅ローンを利用する際にも
購入する住宅がこれらの条件を満たす必要性が出てきます。
人気の「フラット35」などがそうなります。

 

 

 

以上、耐震性に関してでした。
いかがだったでしょうか。
地震が頻発する日本でどういった家に住もうか誰でも悩むと思います。
住む地域、駅からの距離、家の中の設備・・色々と条件はあると思います。

 

しかし不安を感じずに安全に過ごせるという事は本当に大切な条件です。
少し余分にお金を払う事で安全が買える事をどの程度評価するかです。

 

これは価値観の問題でもあるので何とも言えませんが、これからますます
住居に対して強く求められる条件の一つとなる事には間違いないと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ