マンションの共用部分と専有部分の違いは所有権が自分にあるかないか。

【不動産】マンションの共用部分と専有部分の違い

【不動産】マンションの共用部分と専有部分の違い

 

 

こんにちは。
今回はマンションなど集合住宅における「専有部分」と
「共用部分」の違いについてお話しさせていただきます。

 

マンションは「専有部分」と「共用部分」から構成されております。
分譲マンションには区分所有法という法律がありマンションの
所有者個人が所有する「専有部分」とマンションの
所有者全員で共有する「共用部分」があります。

 

つまり「専有部分」か「共用部分」かの判断の
仕方は所有権が自分にあるかないかなのです。
専有部分と共用部分の境がどこかという事は
リフォームを行う際にも非常に重要となってきます。

 

 

鉄筋コンクリート造のマンションは駆体がコンクリートで出来ておりますが
専有部分は壁や天井のコンクリート表面から内側の空間をいいます。
コンクリート部分は共用部分です。
クロスやフローリングなど仕上げ部分は専有部分ですので
リフォーム出来る対象となる訳です。

 

共用部分とはエレベーター、階段、屋上、共用廊下、玄関扉、
エントランス、窓ガラス、サッシ、網戸、面格子、ベランダ、バルコニー、
専用庭、駐車場、ゴミ置き場、セキュリティ設備、駐輪場・・・

 

ベランダ、バルコニー、専用庭を専有部分だと思っている方は意外と多いです。
専有部分ではなく専「用」部分といいます。専用部分とは全区分所有者の
合意の下に特定の居住者が専用に使う事が認められたものです。

 

専用使用権が与えられるものには他には例えば、駐車場やアルコーブ、
専用ポーチ、ルーフバルコニー、集合郵便受け・・などがあります。
アルコーブや専用ポーチに傘や物置、自転車などは置けない
決まりになっている物件も多いのです。

 

 

専有部分ではありませんから好き勝手にタイルを敷いてみたり
簡単に移動させる事が難しい重量物を置く事は禁止されている事が
ありますので居住者は事前にマンションの管理規約や使用細則などで
確認しトラブルにならないように配慮する必要があります。

 

また窓ガラスや玄関扉も、より遮音性能が高い物に変更したり
自分好みのデザインに勝手に変更する事は許されておりません。

 

各区分所有者は建物の外観から資産的な価値を享受していると
考えられ、これらの変更は建物の外観に影響し区分所有者の
共同の利益に反する恐れがあると考えられているからです。

 

ただ窓ガラスが割れた場合は原則としてその部屋の
区分所有者の負担で修理や取り替えを行うことになります。

 

先程も言いましたがコンクリート部分は共用部分にあたりますので
戸境壁(隣りの住戸との境の壁)に釘などを打つのはもちろん禁止ですし
隣り合う2戸の住戸のコンクリートのコンクリート壁を壊してつなげ、
広く利用するという事も原則として禁止されています。

 

このような事をしてしまうと建物全体の耐震構造にも影響が
出ますので駆体への勝手な改造は認められていないのです。

 

共用部分には共用施設があります。
特に大規模マンションなどでは魅力的な施設がたくさんあります。

 

豪華な共用施設を売りにしているマンションは多いです。
豪華なエントランス、フィットネスジム、噴水、シアタールーム、
キッズルーム、温泉施設、ラウンジ、ライブラリー、コンビニ、ゲストルーム・・・

 

 

しかし本当に必要な施設か疑わしかったりします。
入居前は物珍しさからも施設は多ければ多いほど
良いと思ってしまいがちですが実際にはほとんど
利用していないものも多かったりするのです。

 

これらの施設の維持費は管理費という形で入居者が負担する事になります。
これらの施設が残っている限り永遠に費用を支払い続ける事になるのです。
自分にとってどういったマンションが適切なのか見極める事が大切です。

 

 

 

以上、共用部分と専有部分の違いに関してでした。
いかがだったでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ