1DKと1LDKの間取りの違いは部屋の広さで決まる。

【不動産】1DKと1LDKの間取りの違いはリビングの有無が正しい?

【不動産】1DKと1LDKの間取りの違いはリビングの有無が正しい?

 

 

こんにちは。
今回は1DKと1LDKの違いについてです。
間取り図に書かれている1DKと1LDKの違いをご存知でしょうか?

 

「D」はダイニング(食堂)、「K」はキッチン(台所)、
「DK」はダイニング+キッチン(食堂+台所)。
「L」はリビング(居間)なので、リビングがあるか
どうかの違いだけだと思っている人は多いです。

 

確かに1DKは1Kと比べるとキッチンスペースが広がるので、
そこにテーブルを置いて食事をする部屋とし活用し、寝室と
分けて生活することが出来ます。

 

さらに1LDKですとリビングにテレビやソファを
置けるスペースも増えるといったイメージがあります。

 

これはこれで間違っていないのですが、本当の意味で正確に
違いを答えられる人は実は多くないのです。

 

なぜなら、これまでDKとLDKの違いを
明確にした基準が決まっていなかったからです。

 

しかしこれでは何かと問題であるということで2011年11月、
公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会によって、
DKとLDKそれぞれの適正な広告表示や最低必要な
広さの目安の指導基準が承認されました。

 

 

 

つまり下に示す間取り図の黄色の線で囲った部分の広さ(畳数)の
違いでDKかLDKかの表記が決まってしまうという事です。

 

 

この基準によると次のようになります。

 

居室(寝室)が1部屋以上の場合

 

■4.5畳以上8畳未満は「DK

 

■8畳以上は「LDK

 

居室(寝室)が2部屋以上の場合

 

■6畳以上10畳未満は「DK

 

■10畳以上は「LDK

 

(※1畳=1.62平方メートル以上)

 

 

上の表には「K」に関しての記載はされていませんが
居室(寝室)が1部屋の場合、DKに当たるスペースが
4.5畳未満なら1K、2部屋以上の場合、6畳未満なら2Kとなります。

 

キッチンスペースだけでなく、部屋全体の広さによる比較で
1K<1DK<1LDK というのは、あくまで一般なイメージです。
実際1DKより1Kの方が広い物件というのも存在します。

 

DKとLDKの違いを明確にしたのもここ最近の事ですので、
まだまだ不動産業者によっては間違った曖昧な表記の
ままという事も考えられます。表記だけを鵜呑みにしない事です。
間取り図を見ただけではわからない事も多いものです。

 

住んでから後悔したくなければ物件に記載されている
情報だけで判断するのではなく、必ず現地に足を運んで
自分の体で何かを感じ取るようにして下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ