マンションの駐車場料金を管理費会計に算入させてはならない。

【不動産】マンション管理費の使い道と管理費会計での注意点

【不動産】マンション管理費の使い道と管理費会計での注意点

 

 

 

こんにちは。
今回は管理費に関してお話しさせていただきます。
マンションに住んでいると月々支払い続ける事になる管理費。
これって具体的にどういった事に使われているのかご存知ですか?
ここでは管理費の代表的な使い道について見ていきたいと思います。

 

管理費はマンションを維持・管理するために必要な費用の事で
一般的に賃貸でいう共益費の内容を含めたものになります。
管理費には主に次のようなものがあります。

 

管理費

1)共用設備の保守点検費
 (エレベーター、機械式駐車場、防火設備、給排水設備)

 

2)管理員や清掃員の人件費

 

3)共用部分の水道光熱費

 

4)管理会社への委託費用

 

5)管理組合の運営費用

 

6)共用部分の固定資産税等の税金

 

7)建物や設備等の共用部分にかかる
 火災保険料やその他の損害保険料

 

8)消耗品の交換費用

 

管理費会計の注意点

マンションの管理費会計に関して注意すべき点があります。
駐車場の料金を管理費会計に算入させる事によって
管理費を抑えている物件が少なくありません。

 

こういった方法を採用し駐車場に空きが目立ち始めると
管理費会計が赤字になってしまう可能性が出てきます。

 

そうなると管理費の値上げが必要になってきたりします。
これは専用庭やルーフバルコニーなどの利用料収入も同様です。

 

これらの利用料収入を管理費会計に充当している場合、
積立金会計へ振り替えることで不足分を補います。

 

しかし標準管理規約で日常的な管理費用以外は
修繕積立金として積立てるとしていながら、
そのようにしていない管理組合が少なくないのです。

 

そういった事情により管理費が不足する場合、管理費を
値上げするか管理内容の見直しをせざるを得なくなるのです。

 

こういった不安定な会計を行っている物件は出来れば避けたいものです。
ですから管理費は安ければいいというものではありません。
その金額が相場に近いものなのか、ぜひ確認しておきたいところです。

 

 

管理費・共益費は家賃と分かれていた方がいいの?

賃貸マンションで家賃以外に管理費・共益費を
支払わなくてもいい場合があります。

 

そういった場合、適切に管理がされないのでは
ないかと不安になるかも知れませんが家賃の中に
組み込まれている場合もあります。
そのあたり気になるようでしたら確認してみて下さい。

 

家賃と共益費をわざわざ分ける理由にはいろいろあるようです。
分けた方が安い印象を与えますし、インターネットなどで
検索する際に上限家賃を設定した際にヒットしやすいからです。

 

あと敷金・礼金の対象となるのは家賃なので分けておいた方が
入居者の初期費用を抑えられるといったメリットもあるからです。

 

 

 

 

 

 

以上、管理費の使い道等に関して
お話しさせていただきました。
いかがだったでしょうか。
管理状況に関しては実際にその物件まで足を運んで
共用部分を色々と散歩して観察してみて下さい。

 

時々面倒くさいからといって部屋の間取り図と外観や部屋の
写真だけを見て契約してしまう人もいますが危険過ぎます。

 

自分がこれから住もうとする物件に足を運ぶのは基本中の基本です。
ここは大切なポイントですので後悔のないよう事前に確認して下さい。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ