マンションでリフォームが出来る範囲は管理規約で事前に確認する。

【不動産】マンションでのリフォームはどこまでなら可能か

【不動産】マンションでのリフォームはどこまでなら可能か

 

 

 

こんにちは。
今回はマンションのリフォームに
関してお話しさせていただきます。
中古を購入する人は入居する前に自分好みにリフォーム
するのを前提としている人が多いと思います。
新築を購入された方も何年か経つとリフォームを考えるはずです。

 

リフォームする際に想像しワクワクするのは楽しいですが
実際マンションのリフォームってどの程度まで可能なの?
という疑問が出てくると思います。マンションは一戸建てと
比べるとリフォーム出来る箇所は限られています。

 

マンションは敷地内で専有部分と共有部分に分かれます。
専有部分は区分所有者(マンションの部屋の所有者)の
所有権が認められている部分で、共有部分は
区分所有者全員で管理している部分です。
具体的にはそれぞれ次のようになります。

 

専有部分

マンションの部屋は一般的に壁、天井、床がコンクリートで囲まれており、
その表面をフローリングや壁紙クロスで覆われた状態になっております。

 

そのコンクリート表面から内側を専有部分と呼んでいます。
雑排水管も横に走っている管に関しては専有部分となります。

 

共有部分

壁・天井・床のコンクリート部分、ベランダ、専用庭、ルーフバルコニー、
玄関ポーチ、窓、サッシ、玄関ドア、共用廊下、駐車場、管理員室、
マンションのエントランス、エレベーター、屋上、雑排水管(竪管)・・

 

 

リフォームが出来るのは専有部分に限られています。
また専有部分であっても管理規約で制限されている項目もありますので、
そのあたりの詳細は事前に必ず確認が必要です。

 

 

床をフローリングに変更するのを前提で中古マンションを
買ったのはいいけどリフォームする段階になって、そのマンションでは
それが出来ないと知らされショックを受けたという人もいます。

 

 

マンションによってはフローリングに変更する事により
遮音性低下の原因に繋がることを避けたいのです。
なぜなら集合住宅において住民の苦情が一番
多いのが騒音問題だからです。

 

 

フローリングへのリフォームを禁止するまではいかなくても
床材に使う材料の遮音等級に決まりがあったり階下の住人の
同意がなければリフォームできないという物件も場合もあります。

 

例え専有部分のリフォームであったとしても届出を出さなければ
ならない物件もありますので確認は非常に大切な事です。

 

 

ベランダも共用部分ですが住んでいると、そこに
他人が入って来る事がありませんので、いつの間にか
専有部分と勘違いしてしまいます。

 

ですから勝手に改装する事は出来ません。それにベランダは
避難経路にもなっていますので、それを妨害するように物置を
置いて経路をふさぐようですと管理規約違反になります。

 

こういった行為は人命を奪ってしまう事にも繋がります
のでいい加減な事は出来ないのです。

 

 

水回りの設備に関してですが、キッチンやトイレ、洗面所、お風呂場など
交換は可能ですし物件によっては移動させる事も出来ます。

 

 

部屋の上下左右にあるコンクリート壁は共有部分ですので
勝手に穴を開けて改造する事は出来ません。
マンションは集合住宅ですので建物全体で
耐震性や耐久性を計算されています。
個人の勝手な都合で構造に影響を与える行為は許されておりません。

 

しかし同じ壁でも専有部分内の部屋と部屋の間にある
間仕切壁はリフォームの際に取り壊す事は可能です。
3LDKから2LDKへ間取り変更する時などに対象となる壁です。

 

 

玄関のドアは交換は出来ませんし外側は共有部分に
なりますのでデザインを変更する事も出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

以上、マンションのリフォームに関してでした。
いかがだったでしょうか。
リフォームする前に必ず管理規約を確認して下さい。

 

管理規約を確認するのが面倒くさいと思って勝手に
リフォームしてしまうと違法になる事もあり、その際は
原状回復を求められてしまいます。

 

こういった手続きは面倒くさい気がしますがルールはお互い
守った方が賢明だと思います。リフォームが自由すぎると
騒音問題等のトラブルが増えてお互い居心地が
悪くなってしまう可能性が高まります。

 

長年快適に暮らしていきたいのであれば、ぜひ管理規約の
内容も含め事前に十分検討してから判断してはいかがでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ