マンション角部屋の資産性や快適性に関するメリットやデメリット。

【不動産】マンション角部屋のメリットとデメリットとは

【不動産】マンション角部屋のメリットとデメリットとは

 

 

 

こんにちは。
今回は角部屋のメリットとデメリットに
関してお話しさせていただきます。
お部屋探しをする際に角部屋を希望する人は多いです。
あなたもその1人ではないでしょうか?

 

好みの問題がありますので本当に角部屋の方が良いかどうかは
何とも言えませんが角部屋にもメリットとデメリットがあります。
以下にまとめました。
それでは順番に見ていきましょう。

 

メリット

1)自然換気がしやすい

当然ながら自然換気は最低2方向に窓がないと出来ません。
角部屋のように色んな方位に窓があると効率良く換気がしやすくなります。
湿気に悩む家も多いので効率良く自然換気が出来るというのは心強いです。

 

 

2)部屋が明るい

窓が多いと当然ながら部屋も明るいです。
特に腰窓ではなくベランダへ出れるような床から天井付近までの
高さがある掃き出し窓であればかなり明るさは期待できます。
日中に照明器具に頼らなくていいのは有り難いです。

 

 

3)騒音の悩みを軽減できる可能性が高まる

集合住宅での管理会社へのクレーム第1位は騒音問題です。
ですから少しでもそれを軽減したいと思っている方にとっては
大きなメリットといえるでしょう。

 

 

4)ベランダが広い

一般的な中住戸であればベランダは1箇所ですが角部屋の場合は
複数個所に設置されている場合も多いので洗濯物を干す場所にも
余裕が生まれますし、空調の室外機の置き場にも困りにくいです。
ちょっとしたガーデニングも楽しめるかもしれませんね。

 

 

5)窓から広範囲を見渡せるので景色をより楽しめる

窓から見える景色が広範囲であるというのはとても価値があります。
家の広さは部屋の平米数だけでは比較できません。
窓から見える景色が良ければ体感の広さが違って来るからです。

 

この感覚はあなどれません。
外を眺める事が出来るというだけでもリラックス効果もあって
付加価値があると思います。

 

 

デメリット

1)家具の配置が難しい

1部屋に2箇所窓があると家具の配置はかなり難しいです。
基本的に窓の前には背の高い家具は置けません。
その上クローゼットの扉のすぐ前には物は置けません。

 

さらに洋室の場合に多いのですが引き戸ではなくドアの場合、
ドアの可動領域には物は置けません。
そこはデッドスペースとなるからです。

 

2)外気の影響を受けやすい

外気の影響を受け、どうしても空調の効率が下がります。
中住戸に比べ窓が多いので夏は室温が上がりやすく、
冬は室温が下がりやすくなります。しかし大昔の空調でなければ
そのデメリットは問題なく解消できるはずです。

 

3)外の騒音の影響を受けやすい

よほどの高層階でない限り地上で発せられるトラック、バイク
などからの騒音や人の話し声、店から流れてくるBGM・・・・
などの音の影響は受けるはずです。

 

ですから窓が多いとその分影響も大きいはずです。
しかし最近の窓は進化していますので窓から
部屋に入ってくる騒音はかなり抑える事が可能です。

 

※窓の遮音性能に関してはこちら

 

 

4)家賃が高い事もある

部屋の家賃や家の購入価格は需要と供給のバランスで成り立っています。
当然人気のある部屋は家賃が高くなるのは仕方が無い事です。

 

5)カーテンにお金がかかる

窓が多いので当然必要になるカーテンの数も多くなります。
カーテンって最近では色んな機能もあり面白いですよね。
インテリアに凝りたい人にとっては切実な問題ですね。

 

 

6)部屋がなかなか見つからない

角部屋は世の中に存在する数が自体少ないので
部屋探しをする時に見つけるのがかなり大変です。

 

自分にとって方位なら妥協できるのか、
階数なら妥協できるのか、それとも築年数なのか・・・

 

どうしても角部屋に執着するのであればこれらの条件を
少し妥協してみるだけで結構見つけやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

以上、角部屋のメリットとデメリットでした。
いかがだったでしょうか。

 

角部屋ってメリットにばかりに焦点が当たっていると
感じる事があります。実際に住んでみると気付く事は多いです。
デメリットを十分把握した上で決めて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ