ワンルームと1K物件は間取りで戸や扉の有無で違いがある。

【不動産】1Rと1Kの違いを説明できますか?(間取り図で解説)

【不動産】1Rと1Kの違いを説明できますか?(間取り図で解説)

 

 

こんにちは。
今回は1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)の間取りの違いについてです。
一人暮らし向けの賃貸物件といえば1Rと1Kが主流です。

 

それぞれの意味ですが、R=Room(居室)、K=Kitchen(台所)、
数字は部屋数を表します。1K(1部屋+台所)。
それぞれの間取り図は次のようになります。

 

 


どうでしょう。
この2つの違いがおわかりでしょうか?

 

 

 

 

 

 

1Rと1Kの違いというのは扉の有無だけなんです。
キッチンと居室部分の間にある扉があるかないかだけなんです。
部屋の面積の大きさは関係ないんです。

 

 

ですから、お部屋探しをする際に1Rは狭いのではじめから
選択肢から外そうと考えるのではなく、部屋とキッチンの間の
戸や扉が必要なのかどうかを考えてください。

 

 

その他の1Rの間取り図

 

 

 

この間取りは1Rでは結構よくあるタイプで先程ご紹介した
間取りとは違い居室側にキッチンが設置されているタイプです。

 

 

1番目にご紹介した方の1Rの間取りは1Rと1Kそれぞれの
良い所を合わせたような間取りといえます。

 

1Rですから共にキッチンと居室の間に扉はありませんが
1番目の1Rの方には廊下のスペースにキッチンがあります。

 

このタイプは部屋の中にキッチンがあるわけではないので
居室と独立させて生活することができます。

 

 

居室とキッチンの間に仕切りがなければ1Rと表記され
ますが使い方は1Kのようにできるという感じです。

 

こういった間取りは1Rか1Kかの区別が難しく
不動産会社によって表記が違ってしまう場合もあります。
ですので表記だけに惑わされず部屋探しが出来るように
事前に知識を身につけておいてください。

 

1R(ワンルーム)のメリット

1)居室とキッチンスペースの間にドアや扉などの間仕切りがなく
 オープンなので間仕切りのある1Kと比べて開放感がある。

 

2)1Kと比べ家賃が安く設定されている場合が多い。

 

3)1Rと1Kが同じ専有面積の場合キッチンとの間仕切りがない分、
  1Rであれば居室として使える空間も広くなります。

 

1R(ワンルーム)のデメリット

1)玄関部分から居室が丸見えの物件も多いので
  来客時などに気になる可能性がある。

 

2)玄関までつながっているので、エアコンの効き目を心配する可能性がある。

 

3)キッチンも同じ空間内なのでニオイが気になる可能性がある。

 

4)冷蔵庫の音や排熱が気になる可能性がある。

 

5)友達などが遊びに来た時にトイレの音が気になる可能性がある。

 

6)料理をした時に部屋全体にニオイがこもる可能性がある。

 

1Kのメリット

1)居室とキッチンスペースの間に扉や戸でスペースが
 切り離せるので生活にメリハリをつけることが出来る。

 

2)間仕切りがあるので料理のニオイや汚れが部屋全体に広がりにくい。

 

3)来客があった際に間仕切りを閉めておけば玄関から居室が丸見えになる事はない。

 

4)間仕切りがあった方が部屋全体として見た時に
  スッキリと見え、綺麗に整頓されている印象を受ける。

 

5)キッチンが3〜4畳程あれば食器棚、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、
  洗浄後の食器の水切りカゴなどを置くスペースにも困りにくい。

 

1Kのデメリット

1)1Rに比べて家賃が高めの設定の所が多い。

 

 

物件の見学する際に確認したい項目

1)1Rの間取り図の部屋に8帖と書かれていた場合、
  それは廊下やキッチンまで含んだものです。
  居室部分だけでその広さがあるはずだと自分で勝手に
  判断しないで業者の方にしっかり確認しましょう。

 

2)殆ど自炊をする事がない人は1Rでも問題ないかもしれません。

 

3)1Rのキッチンは居室との間仕切りがないので安全を考慮し
  電気コンロやIHコンロを採用している場合が多い。

 

4)冷蔵庫や食器棚を置くスペースを確認して下さい。
  キッチンに置くスペースがない場合、最悪は居室に置かざるを
  得ないようになります。間取り図だけ見て決めるのではなく、
  必ず現地で メージャーなどで測定し確認してから決めて下さい。

 

5)収納スペースを確認する。
  収納スペースが少ないと、どうしても縦の空間の
  活用が出来ず物が床に並べられる事が多くなります。
  床に物が並ぶと掃除機をかけるのが面倒になり汚部屋まっしぐらです。

 

6)1Kの定義としてはキッチンと居室との境目を
  扉や戸で仕切られていないと認められません。
  ここがアコーディオンカーテンなど、その他の物で
  簡易的に仕切ったものは1Kとは言いません。

 

 

 

以上、1Rと1Kの間取りの違いに関してでした。
この間取りは20代など若い頃に利用する人が多いので
何となくわかったつもりになっていたテーマだったかもしれません。

 

しかし間取りを正確に把握し違いがわかる事で、
こんなはずじゃなかったという失敗は防げます。
色々と勉強してみて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ