マンション最上階に住むメリットは快適性以外に資産性もある。

【不動産】最上階に住むメリット(資産性・グレード・騒音)

【不動産】最上階に住むメリット(資産性・グレード・騒音)

 

 

こんにちは。
今回はマンション最上階に関してお話させていただきます。
マンションの最上階にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

何不自由なく年中優雅に暮らしている人を想像しますか?
それでは順番に見ていきましょう。

 

メリット

上からの騒音被害がない

集合住宅における苦情の第1位は騒音問題です。
しかし当然ですが上階の住民を選ぶ事はできません。

 

静かに過ごしてくれる人もいるかもしれませんが
周囲の迷惑を全然考えず毎日大暴れする人もいます。

 

最上階に住めば上からの騒音ストレスからは確実に開放されます。
大きなメリットといえます。

 

 

 

眺望の良さ

都会など建物が密集している地域では特に、低層階の場合、
窓を開ければ目の前が壁という事がよくあります。

 

上階へ行けば行くほど周囲の建物に遮られる
可能性は減り、遠くまで見渡せ実に開放的です。

 

窓からの景色が開放的であれば部屋の広さの体感が変わります。
部屋の広さは専有面積だけでは比較できないのです。

 

 

日当たりや風通しの良さ

上階へ行けば行くほど周囲の建物に遮られる可能性は
減りますので日当たりや風通しを確保しやすくなります。

 

 

1階からの騒音被害を受けにくい

1階では大型トラックやバイクが走っていたり
車のドアの閉める音なども結構うるさかったりします。
人が話をしている声も結構聞こえるものです。

 

商業地域であれば近くの店からの騒音やニオイ、夜になれば
過剰なまでのネオンにより生活に支障をきたすかもしれません。

 

しかし高層階へ行けば行くほど、その影響を
最小限に抑える事が可能なのです。

 

 

空気が綺麗

周囲を走る車などの排気ガスやあらゆる臭気の影響を受けにくい。
上階へ行けば行くほど濃度が薄くなる場合が多いからです。

 

 

部屋のグレードが高い

物件によっては他の階より専有部分が広かったり
天井が高く設計されていたり、建具や設備も高級で
特別仕様になっている場合がありステータス感が得られやすい。

 

 

蚊やハエなどの虫の影響を受けにくい

上階へ行けば行くほど虫の影響は受けにくいです。

 

 

エレベーターに一発で乗れる

中層階であれば自分の階より上の階の人がボタンを押していれば
一度その階へ上がったエレベーターが降りてくるのを待つ事になります。
到着しても空いていなければ次を待たなければなりません。

 

これは急いでいる時はかなりのストレスになります。
こういった待ち時間が少なくて済みます。

 

 

売却しやすい

最上階という希少性の高さは馬鹿に出来ません。
世の中には上階からの騒音で悩み苦しんでいる
人が多いので需要があります。

 

それに上階へ行けば行くほど一戸あたりの専有面積が増え
フロアあたりの住戸数は減る場合が多いのでフロア全体が
静かで過ごしやすくなる傾向にあり重宝されます。

 

 

優越感がある

最上階は他の下階と比べ静かですし、何といっても窓からの景色が
素晴らしいと、友人などを招いた時に羨ましがられる事が多い。

 

 

 

 

今回はマンション最上階のメリットに関してでした。
いかがだったでしょうか。

 

最上階というのは一般的にそのマンションの中で価格は高いです。
その根拠に関して具体的に述べさせて頂きました。
やはり価格が高いものには必ず理由があります。

 

その受けられる恩恵に関しては人によって価値観が
違いますのでこういった理由を知って選択すればいいと思います。

 

ただマンションが建設された時にどういった部屋から順に
売れていくかを思い出して頂ければその部屋の需要がハッキリします。

 

いくら最上階といってもメリットばかりではありません。
読めば思っていた程ではなかったと思うかもしれません。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ