マンション1階に住むメリット(移動・事故・運動不足・騒音)

【不動産】マンションの1階に住むメリットは意外と多い!?

【不動産】マンションの1階に住むメリットは意外と多い!?

 

 

こんにちは。
今回はマンションの1階に住むメリット
についてお話していきたいと思います。

 

マンションの1階にはどのような印象をお持ちでしょうか。
今は昔のデメリットが少なくなってきている物件が増えています。

 

偏った考え方をして自ら選択肢を減らすようではもったいないです。
それではまずメリットについて見ていきましょう。

 

メリット

移動距離が短かくて済む

毎朝の出勤時に時間を短縮できます。
高層階であればエレベーターの待ち時間は馬鹿にできません。

 

エレベーターの数によっては満員で1回で乗れるかどうかもわかりません。
エレベーターからの距離が離れている部屋ですと、もっと時間がかかります。

 

重い荷物があるとエレベーターに乗っていても大変です。
ゴミ捨てや郵便物の受け取りで1階まで行く頻度
というのは年間でみると意外と多いものです。

 

それに今はインターネットで買い物をして不在時に宅配ボックスに
入れてもらう人は多いので、その受け取りで1階へ行く頻度も増えます。

 

買い物で手荷物は減らしたいので通販では重量物を頼みたいものです。
宅配ボックスに入っていると台車を買う必要も出てきます。

 

その台車に積んで部屋まで運ぶわけですが荷物が多い場合は
2回以上往復しなければならないなんて事も出てきます。

 

 

途中で忘れ物を取りに帰るのも楽です。
ベビーカーをお持ちの場合、エレベーターのサイズにあまり
余裕のない物件であればエレベーターを占領してしまうので
気を遣ってしまいますが1階ですと精神的に楽です。

 

エントランスから部屋までは近いにこした事はありません。
これらは1階の住人の大きなメリットといえます。

 

 

忘れ物をした時も取りに帰るのが楽です。
ベビーカーをお持ちの場合、エレベーターのサイズに
あまり余裕のない物件であればエレベーターを
占領してしまうので1階ですと精神的に楽です。

 

エントランスから部屋までは近いにこした事はありません。
これらは1階の住人の大きなメリットといえます。

 

経済的負担が軽い

上層階へ行けば行くほど眺望、日当たり、風通し、
周囲の道路からの騒音を拾いにくかったりと条件が
良くなっていくので価格は高く設定されているものです。
同じ間取りでも1階であれば安く済む事が多いです。

 

 

ベランダからの落下事故のリスクが低い

今でも時々小さなお子さんのベランダからの
転落事故のニュースを聞きますよね。

 

ベランダには様々な物が置いてあります。
エアコンの室外機の上に上ってそこからベランダ手すりを
乗り越えて落下というのはよく聞く話です。

 

小さなお子さんがいて、そういったストレスから開放されたい
人にとって1階は大きなメリットがあるといえます。

 

 

地震による揺れの影響が小さい

地震が起こった際に上層階ほど激しく揺れます。
これはある程度大きな地震を経験した人であれば、
あの恐怖がわかると思います。

 

普通似に歩く事が困難になりますし本棚の本や
食器棚の食器が崩れてきます。
1階であれば最小限の被害で済むことでしょう。

 

 

自分の出す下階への生活音の心配がない

下の階からの騒音による苦情は多いものです。
小さなお子さんがいるご家庭では特に心配だと思います。
その心配が減るだけでも日々のストレスは違ってきます。

 

ただ生活音は下だけでなく壁や天井を伝って横や上階にも
影響はしますので全く気にしなくていいという訳ではありません。

 

災害時の避難がラク

地震や火災などの災害時にはどのように対応しますか?
上層階であれば緊急時エレベーターも止まって使えなくなり
階段で1階まで降りてこなければならなくなるかもしれません。

 

当然そういった緊急時は住人の多くがパニックですので
階段が込み合いスムーズに降りて避難できるか怪しいです。

 

ベランダにある避難用ハッチのハシゴとなると更に難易度が上がります。
小さなお子さんや高齢者がいるご家庭では絶望的かもしれません。
その点、1階ですとそういった心配はありませんね。

 

 

専用庭が付いてる物件であれば楽しみが増える

一戸建てでなくてもガーデニングを思う存分楽しむ事が出来ます。
マンションによっては庭が50u以上もあったりします。

 

ガーデニングを楽しんだり、子供用のビニールプールを出して遊ばせたり、
机や椅子を出してお茶をしたり楽しみ方に選択肢が増えます。
庭であれば目の前で子供を遊ばせる事ができて安心です。

 

庭の使用に関しては管理規約で禁止されている項目もありますので
事前に確認してトラブルがないようにしておくと安心です。

 

 

エレベーター使用で発生するリスクを受けにくい

エレベーターというのは最近は防犯カメラが付いていたりドアがガラス窓
になっていたりして中の様子が外からわかりやすくなっていたりますが、
いまだにそういった設備が備わっていない物件もあります。

 

特に小さなお子さんや女性は不安でストレスになると思います。
その点エレベーターを使う頻度が少ない1階は安心といえます。

 

 

水圧が確保されやすい

物件によっては上層階では1階に比べ水圧が弱まる事もあります。
気になる人はこれだけでもかなりのストレスです。
可能であれば住む前に入念にチェックしましょう。

 

 

運動不足になりにくい

現在タワーマンションなど高層マンションがたくさん建っています。
高層階に住む人は運動不足になるというデータがあります。

 

お子さんのいる家庭でも親が1階へ行くのが面倒だとなると
それを目の前で見ている子供も家にこもりがちになるようなのです。
たかが階数と馬鹿に出来ない事実があるのです。

 

 

周囲からの煙の影響を受けにくい

煙は上へ行きます。下階の換気扇から出たきつい料理のニオイや
ベランダでタバコを吸っている人がいれば部屋まで入ってくる可能性があります。
ニオイは騒音と同様にクレームの多い項目です。

 

 

 

 

 

 

今回は1階のメリットについてでした。
いかがだったでしょうか。
気がつかなかった点もあったのではないでしょうか。

 

防犯に関しても何階だから大丈夫というより、その地域の治安レベルや
建物が防犯を考慮した設計になっているかで随分と変わってきます。

 

最近のマンションはそういった面でもかなり考えられて造られています。
色んな物件に足を運んで実感してみて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ