マンション駐車場は平面と自走式立体と機械式立体のどれがいいか?

【不動産】マンション駐車場のタイプ別のメリットとデメリット

【不動産】マンション駐車場のタイプ別のメリットとデメリット

 

 

こんにちは。
今回は駐車場に関してです。
車を所有していると駐車場の事が気になります。
マンションの駐車場にはどういった種類があると思いますか?

 

大きく分けて平面式、自走式、機械式と様々な種類があります。
地域によって大きな特徴が出ます。

 

土地の安い地域であれば平面式(平置き)駐車場の占める割合が高いです。
しかし比較的土地の高い地域であれば自走式立体駐車場や
機械式立体駐車場が設置されるのが一般的です。
それぞれどういったメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

 

平面(平置き)駐車場

平面(平置き)駐車場というのは敷地内に白線などを引いて
各所有者ごとに区分けして駐車するタイプです。
一般的に土地の安い地域や敷地の広い大規模マンション
でないと採用されません。

 

メリット

 

1)維持費が安い。

 

2)車種問わず基本的はどんなサイズの車も停められます。

 

3)車道と同じ高さなので駐車が簡単。
  駐車場へのアプローチに時間がかかりません。

 

デメリット

 

1)屋根がないタイプであれば特に雪の降る地域では面倒。

 

2)他のタイプと他に比べ駐車場代が高めに設定されている事が多い。

 

 

自走式立体駐車場

立体式とは上方向に何層か駐車スペースが積み重ねられたもので
ショッピングセンターなどの駐車場で見かけるタイプです。

 

このタイプも敷地に余裕のある大規模マンションに限られます。
法整備後に建設された自走式駐車場は転落防止装置も
設けられていますので安全性にも優れています。
そのあたりも確認してみて下さい。

 

メリット

 

1)同じ土地面積でも平置きタイプに比べ台数が確保できます。

 

2)建物内で屋根のある自走式なら雨の日でも乗り降りが簡単です。
  屋根付きであれば汚れにくいですし雪の降る地域でも安心です。

 

3)機械式に比べ耐久性も高くランニングコストは安く済みます。

 

4)高さには多少制限はありますが機械式に比べ
  重量制限や幅、長さの制限を受けにくい。

 

5)機械式のような煩雑な手間はありませんし待ち時間も少ないです。

 

デメリット

 

1)平面式と比べると自分の駐車スペースまでスロープを
  ぐるぐると走っていきますので時間はかかります。

 

2)平置きと比べると建設コストがかかります。

 

3)ある程度まとまった土地がないと建設できない。

 

 

機械式駐車場

パレットに乗った無人の車を機械操作で所定の位置まで動かす方法です。
機械式には上下だけに動くタイプと上下左右に動くタイプがあります。

 

メリット

 

1)駐車する際に車同士ぶつけてしまう事がない。

 

2)車上荒らしなどの被害に遭いにくい。

 

3)平面式や自走式に比べ駐車料金が安い場合が多い。

 

デメリット

 

1)メンテナンス費用や取り替え費用が多額になるなど
  他のタイプに比べランニングコストがかかる。

 

2)入出庫に時間がかかる。

 

3)停電時は車が出せない。

 

4)重量や幅など他のタイプと比べ車種に制限がある。

 

5)台風などの時に地下に駐車している車が水没する危険性がある。

 

 

 

 

 

以上、駐車場で確認したい事の第1弾でした。
いかがだったでしょうか。

 

都心部の駅から近いマンションでは機械式立体駐車場が多いです。
駐車料金も高めに設定されている事が多いです。
小さなお子さんがいて天候も良くない状態で機械操作を
しなければならないとしたら大変だと思います。

 

しかし駅から少し離れた地域のマンションですと自走式や平面
のタイプ場合が多いですのでカーライフも比較的快適だと思います。

 

どのような駐車場であれば満足度が高くなりそうか
様々な条件を比べながら検討してみて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産】マンション駐車場のメンテナンス費用やセキュリティー
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】マンションの無料駐車場は本当にお得なのか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ