住宅のモデルルームで収納スペースやベランダの広さや天井の高さを確認

【不動産】モデルルームでの確認@(コンセントの位置や数・天井高)

【不動産】モデルルームでの確認@(コンセントの位置や数・天井高)

 

 

こんにちは。
今回はモデルルームに関してです。
新築の物件を探している人はモデルルームへ行くと思います。

 

でも新築に限らず中古を探している人もモデルルームへは
行って欲しいと思います。中古にも築年数等含め色んなグレードが
ありますので最新の住宅の設備事情を知っておいた方がいいからです。

 

自分にはどの設備が不可欠なのか知っておいた方が
中古を買った時の満足度も違ってきます。
最新の設備が全て自分に必要とは限りません。

 

それにモデルルームに置かれている家具や家電製品は高価で
洗練されたデザインのものが多いので自分がこれから新居で
用意する際に参考になると思います。

 

それを参考にして値段が手頃なものを上手く探せばいいのです。
それでは順番に見ていきましょう。

 

モデルルーム見学までの流れ

まず気になる物件があればインターネット上からか電話で予約をします。
土日祝は混雑する事が多いので予約をしておくとスムーズです。

 

来場した際に簡単なアンケートの記入を求められると思いますが
頭金や年収や予算、自分の優先度の高い条件など営業マンに伝えておくと
本気度も伝わりやすく熱心に色々と教えてくれますし話が早いです。

 

教えたくない情報であれば理由を伝えて相談すればいいでしょうが
相手が必要な情報はなるべく教えるようにしましょう。

 

 

チェックすべきポイント

1回見学しただけでは情報量が多すぎて処理しきれないと思います。
1回目は自分の優先度が高い項目を中心に確認すればいいと思います。

 

そこで手ごたえを感じたら2回目以降にじっくり
順番に詳細まで確認していきましょう。
モデルルームに入ると圧倒される場合が多いと思います。
そこは何回か通って冷静に判断できるように意識しましょう。

 

実際に動かしてみる

確かにオシャレだけど自分が実際に生活をした場合、使い勝手が
悪そうという部分は必ずあると思います。そういった場合、妥協できる
範囲なのか、変更が可能な部分なのか確認しておく事が大切です。

 

動かせる部分は自分の手で実際に動かしてみましょう。
触ると何か言われる事はありません。
触れてはいけないものであればそのように表示があるはずです。

 

こちらは人生で一番高額なものを購入するのです。
動かせるものは何でも動かして確認してしまいましょう。

 

収納スペース

部屋の大きさに対する収納スペースの割合である収納率が
数字的には満たされていても、目的に応じた各々の場所に
十分な収納スペースがないと不便に思うはずです。

 

和室、キッチン、洗面所、トイレ、玄関・・・確認して下さい。
また収納の扉を開閉させた時に周辺に大きく影響が出ないか
配慮された設計になっているかなども確認しておきましょう。

 

 

コンセントの位置や数

またコンセントの位置や数も気になる所です。
今は昔と違い様々な家電製品を使います。
部屋の複数個所にコンセントがあるのは大切な事です。

 

なければコードが床や天井を這うようになりブサイクです。
また各部屋でインターネットを利用できそうかなど自分が
実際に生活をした時に不便がないかイメージしてみて下さい。

 

空間の確認

間取図だけでは判断が難しい全体の空間を確認します。
柱の出っ張りや天井の高さや収納部分の奥行きや
扉部分を含めた幅などもです。天井の高さも部分的に
梁があり天井高が低くなっている事もあります。

 

図面にこのように破線「-----------」で描かれている部分は
下がり天井となっているはずです。これらの確認を怠ると
家具がピッタリ納まらずデッドスペースが増えてしまい
最悪は家具を買い替えるという事にもなりかねません。
窓の高さや種類も確認しておきましょう。

ベランダへ出入りする事が可能な掃き出し窓タイプなのか
腰から上の位置に設置されている出入り出来ない
腰窓タイプなのか、開閉できないFIX窓タイプなのかで
生活のしやすさは変わってきます。図面集には各部屋の
天井高が記載されているはずですので必ず確認しておきましょう。

 

 

 

 

以上、モデルルームで確認する事の第1弾でした。
いかがだったでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産】モデルルームでの確認A(地盤・建物の構造・他の来場者)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】モデルルームでの確認B(オプション・過剰な演出)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】モデルルームでの確認C(設計図書・成約状況・周辺間取り図)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ