悪い条件の家(欠陥住宅 隣がゴミ屋敷 楽器演奏 火葬場 墓場 暴力団 )

【不動産】事故物件C(欠陥住宅・隣がゴミ屋敷、騒音一家)

【不動産】事故物件C(欠陥住宅・隣がゴミ屋敷、騒音一家)

 

 

こんにちは。
今回は事故物件の第4弾です。
前回に引き続き広い意味での事故物件
に関してお話をさせていただきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

険悪施設が近くにある物件

住んでいる近くにあると嫌がられる施設には次のようなものがあります。
危険や不快感を伴う施設ですと、廃棄物処理場、下水処理場、
ガスタンク、火葬場、軍事基地、暴力団事務所、刑務所、墓地、
大気汚染や悪臭や爆発事故などの可能性がある工場・・などがあります。

 

 

店舗系ですと、風俗店、パチンコ屋、カラオケ屋、居酒屋、
駐車場のあるコンビニ・・・やはり深夜までお客さんの話し声が
聞こえる事で迷惑に感じている人は多いようです。

 

またお酒を提供する店ですと、その話し声のボリュームは
さらにパワーアップしますし、付近の道路にリバースして
お好み焼きを作って汚す可能性もあります。

 

構造に欠陥がある物件

住居によっては耐震性能が不十分な状態にも関わらず
耐震補強工事を行っていない所もあります。
これ以外にも雨漏りのする物件、シロアリにより
建物に欠陥がある物件などもあります。

 

 

耐震性能が不十分ですと最悪は命に関わります。
雨漏りのする物件でも部屋の中にいて目では判断
できなくても生活していると徐々に大量のカビが発生し
シンク下を覗いたり、部屋のビニールクロスをめくって
みればカビがびっしりという事はあります。

 

命の危険性とまではいかなくてもこういった物件は
体調不良が続き、通院などをし、多くの時間と
お金を無駄にしてしまう可能性があります。

 

トラブルメーカーが近くに住んでいる物件

最近テレビなどでもよく取り上げられ社会問題化して
いますゴミ屋敷。ゴミ屋敷の処理を仕事にし、これまで
1000件以上請け負ってきた方が仰っていたのですが
こういったゴミ屋敷は8割が女性らしいです。

 

これは意外な事実です。てっきり男性の方が多いと
思っていました。部屋は天井付近までゴミが積み上げ
られていたりします。そういった住人なので飼っている
ペットが死んでいる事にも気がつかず様々な見た事も
ないような虫が大量に発生していたりします。

 

とにかく悪臭が尋常ではありません。
もし自分が住んでいる家の隣がそういった人ならどうしますか?

 

 

 

ゴミ屋敷以外に問題なのは騒音主です。
マンションで周囲に配慮せずピアノなどを楽器演奏
している人や窓や玄関のルーバーの網戸を全開にして
音量を下げずにテレビ観賞や音楽鑑賞している人、
ドアを強く閉める人、底が硬質なサンダルでフローリングを
歩き回る人、子供を走り回らせている人・・・・
こういった苦情は集合住宅ではよく聞きます。

問題なのはゴミ屋敷にしても騒音にしても、こういった事を平気で
できる人というのは管理会社から注意されても基本的に改善
しない事です。言われてすぐに改善できる人はそもそも最初から
こういう非常識な事はしません。だから全国で問題になっているのです。

 

被害にあわない為に私たちにできる事は中古物件で
あれば周囲を歩いて環境を自分の目で確かめ住人や
その地域の治安を見極める事です。ベランダの状態を
見るだけでもある程度住人の質は判断できます。

 

できれば周囲に住んでいる人に何か大きなトラブルが
ないか聞いてみたりしてみて下さい。新築での一斉入居の
際は事前にマンションの他の住人の質を調べる事はできま
せんが上記の中で可能な範囲で行ってみてください。

 

管理がずさんな物件

住んでいるマンションで毎日のように丁寧に掃除をして
くれなければ共用部分にゴミが散らかり始めます。

 

床や壁などの拭き掃除がいい加減ですとすぐに
汚れが目立ち始めます。蛍光灯が切れていても
放置されていたらどうでしょうか。

 

掲示板の張り紙が破れていたり、かなり昔のものばかりで
更新されていない状態も良い雰囲気ではないですよね。

 

 

その他の共用施設で不具合が起こった時にいつまでも放置
されていたら住み心地が悪いですよね。こういったマンションも
内見時に判断して選択肢から外す方が賢明だと思います。

 

立地が極端に悪い物件

すぐ隣に大きなビルが建っていて窓を開けると
ほぼ壁状態になっていたりして日当たりが悪く
風通しも悪いのは住み心地が悪いです。

 

 

これは玄関側の共用廊下側にそういった建物が建っていても
雰囲気は良くありません。これ以外には線路のすぐ隣であれば
電車の騒音が尋常ではありません。人間が普通に快適に暮ら
せない環境はできる事なら避けるべきです。こういった事は
周辺を少し散歩するだけでも回避する事は可能です。

 

 

 

 

以上、事故物件の第4弾でした。
いかがだったでしょうか。
最低限こういった物件は避けた方が
いいですよという例を挙げました。
共感していただけたのであれば嬉しいです。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産】事故物件@(見抜き方・可能性のある条件)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件A(告知義務・事故になりやすい物件の特徴)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件B(治安が悪い、騒音が酷いなど悪い環境)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件D(日本の孤独死者数や自殺者数の信憑性)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件E(人が死んだ後のニオイや汚れと影響)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件F(ペット、修復費用、孤独死する人の特徴)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件G(事故になりやすい物件 放火・空き巣)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ