自殺や殺人で人が死んだ家の価格。物件名が変更されリフォーム。

【不動産】事故物件@(見抜き方・可能性のある条件)

【不動産】事故物件@(見抜き方・可能性のある条件)

 

 

こんにちは。
今回は事故物件に関してです。
事故物件とはもともと不動産関係者で使用
されていた業界用語なのですが近年では
一般にも広く知られるようになってきています。

 

自殺や殺人などの死亡事故があり心理的瑕疵(雨漏り
などと違い目に見えない不具合。想像した時に精神的に
大きな負担があるもの)のある物件の事です。

 

自然死であっても発見が遅れて腐敗していた場合なども
事故物件と見なされるようです。
それでは順番に見ていきましょう。

 

事故物件の見抜き方

気が付かないうちに事故物件には住みたくないものです。
物件を探している時にそれがわかれば安心ですよね。
それではその条件を簡単に説明いたします。

 

価格

賃貸でも購入でもどちらでも当てはまりますがまず
価格が安いという事です。これを判断するにはまず
その地域の相場を知っておく必要があります。
明らかに周辺相場よりかなり安いのですぐに気がつきます。

 

告知事項

物件を探す時に必ず間取図や設備などが
書かれた物件概要などを見ると思います。

 

インターネットでの検索でもチラシでも同様です。
心理的瑕疵の物件であれば、備考欄などに
必ず「告知事項有」と記載されています。

 

これは売り主や貸し主が買い主や借り主に対し、
事前に伝えておかなければならない重要事項として
報告しておく義務があるからです。

 

これは瑕疵担保責任と呼ばれ、売り主や貸し主が
瑕疵を故意に隠していた場合、買い主や借り主は
契約解除や損害賠償を求める事ができるのです。

 

 

ただここで注意したいのは確かに契約前に説明は
義務づけられていますが募集広告の段階では
特に記載する必要はないという事です。

 

「告知事項有」と記載されていない状態で業者によっては、
これから部屋を見に行くという段階になってようやく知らせる
という事もあり二度手間になる事もあるからです。もし少しでも
気になるのであれば早い段階で確認するようにして下さい。

 

 

不自然なリフォーム

多くの物件でリフォームを考える際には一斉にやってしまう
事が多いです。複数の部屋がある場合、大抵は同じように
劣化していきますからビニールクロスやフローリングを変更する
のであれば色んな箇所を一度にしたりします。

 

しかしどう考えても一箇所だけが新築のように綺麗になっている
事があります。トイレにしても便器などは大昔の物なのに床や壁だけが
綺麗になっていたり、風呂場や洗面所なども同様のことがいえます。

 

 

その不自然さで居心地が悪くなってしまうような雰囲気です。
実際にそこがかつて事故物件だったかどうかは別として
人間の五感って意外と馬鹿にできないと思います。

 

 

物件名が変更されている

これも不自然ですよね。
物件名を変更するってよほどの事です。
自分の住所を書く時にアパートやマンション名を
書くのも恥ずかしい程の名前ならわかりますが
普通は変更する必要はないはずです。

 

物件名が変更されるのは大きな事件が起こった時などに
多いのです。誰もがニュースなどの報道で知っている
物件は名称が変更されている場合が多いのです。

 

 

競売物件

事件の被害者になった方の物件や自殺者の出た物件は競売に
かけられる可能性が他の一般的な物件と比べ高まります。
住宅ローンの支払いが滞り始めるからです。

 

失業や不景気により収入が大幅に減り当初の計画通りに
住宅ローンが払えなくなると人間は自暴自棄となり人に
よっては自殺してしまうという事があるからです。

 

競売物件は一般的な相場よりも3割以上安くなっている
場合が多いので注目を集めていますが宅地建物取引主任者
による重要事項説明がなかったり、物件の内見ができないなど
一般的な物件購入時に確認できる大切な項目が欠けるという
大きなデメリットもあります。

 

あなたがこれから競売で購入しようとしている物件が
事故物件かどうかはわかりませんが大幅に安い物には
必ずそれに匹敵する大きなデメリットがあるという事をお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

以上、事故物件の第1弾でした。
いかがだったでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産】事故物件A(告知義務・事故になりやすい物件の特徴)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件B(治安が悪い、騒音が酷いなど悪い環境)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件C(欠陥住宅・隣がゴミ屋敷、騒音一家)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件D(日本の孤独死者数や自殺者数の信憑性)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件E(人が死んだ後のニオイや汚れと影響)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件F(ペット、修復費用、孤独死する人の特徴)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】事故物件G(事故になりやすい物件 放火・空き巣)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ