津波の発生原因と津波の速度や高さ、それによる被害の大きさ。

【不動産・防災】津波が起こるメカニズムや速度、普通の波との違い

【不動産・防災】津波が起こるメカニズムや速度、普通の波との違い

 

 

こんにちは。
防災の津波関連の第1弾です。
津波というのは一体どのように発生するのか、
また過去に実際どういった津波被害があったのか
簡単にご紹介したいと思います。

 

地震や台風などで津波の影響が出やすい地域で
生活するとなると住居選びにも大きく影響してきます。

 

そういった地域に住んでいなくても旅行などで
訪れた際に巻き込まれるかもしれません。
多くの人に関係してくる事だと思います。
それでは一緒に見ていきましょう。

 

津波はどのように発生するのか

津波は海底が隆起したり沈降したりして海底の地形が
変化する事で発生します。地震が起こった時に海底に動きが
出ますのでそういった際に海底から水面まで海水の移動が
広がっていきます。普段から海には波があります。

 

 

風が吹いた時も波は大きくなります。
地震の時と何が違うのかわからないという人もいると思います。

 

普段の大きくなった波というのは水面近くの浅い範囲
での波なのですが、地震の場合は先程の説明のように
海底付近から海水の動きがあるのです。

 

海底付近の深い部分から水面までの広い
範囲の海水が移動してくると考えてください。
これらの大量の水が横に移動するといった感じです。
どれほどの破壊力があるか想像できると思います。

 

またスピードも速いです。
水深4000m付近の海水の移動する速さは時速800km
ジェット機並みの速さだと言われています。それが浅い地域まで
進んでいくと海底との摩擦でスピードは遅くなっていきます。

 

 

遅くなるとはいえ、映像を見た事があるかと思いますが、
人間が走って逃げても追いつかれてしまう速さです。
つまり海岸から海を見た時に大きな津波を目撃
した時にはかなり急いで避難しないと間に合わない
と考えておけばいいと思います。

 

また津波は繰り返しやってきますので一度
波が引いても安心してはいけないのです。

 

また、場所によっても影響が違ってきます。
湾になっていれば奥まった部分で波が大きくなります。
形状もU字型より湾の部分がより尖ったV字型の方が
より波は高くなります。飛び出た形の岬でも先端の
尖った部分は波が高くなります。

 

 

よくニュースで何mの津波などと波の高さについて言いますよね。
まず津波の高さの測り方ですが、海岸にある検潮所で計測しています。
平常時の高さと津波発生時の高さの差を見ています。

 

海底の地形が変化して海底に5mの段差が生じるとします。
すると海水も5mの段差が生じます。これが5mの津波となるの
ですが、このレベルではそれほど恐れるような状況ではありません。

 

なぜかと言いますと波長が短いからです。
波長が短いといくら5mでもその波が一度来ればそれで終わりです。
しかし津波は波長が長いので奥行きのある5mの波になります。
5mの海水の壁がこちらへ押し寄せて来るといった感じです。

 

どれほど破壊力に違いがあるか想像できると思います。
家や橋が簡単に破壊されるレベルです。

 

 

津波は陸へ近づき水深が浅くなるとスピードが落ちますので、
前を移動している津波が後ろの津波に追いつかれますので
しだいに波が重なっていき波がどんどん高くなっていきます。
こういった事から実際、陸に来る時にはその高さも
7mや10mになっていたりするのです。

 

チリ地震による津波

1960年にM(マグニチュード)9.0のチリ地震というものが
起こったのですが大規模な津波を発生させた事で有名です。

 

 

チリというのは南米です。距離にすると約17000kmあり遠いです。
これぐらい離れている地域で起こった地震であれば日本への津波の
影響なんて心配しなくていいんじゃないのと考えてしまうと思います。

 

しかし約22時間ほどで日本の三陸地方(東北地方の太平洋岸地域)を
襲ったのです。先ほど水深が深い地域ではジェット機並みの速さと言った
のが理解していただけるかと思います。この地震により日本で死者119名、
流出全壊家屋3259戸という大規模な被害をもたらせました。

 

 

 

以上、防災の津波関連の第1弾でした。
いかがでしたか。
津波は本当に恐ろしいものです。
多くの方から大きな財産と命を奪います。

 

仕事の関係上、津波の影響を受けやすい
地位に住まざるを得ない方もいると思います。

 

しかしこれから住む場所を選ぶ方はそういった影響が
ある地域なのか事前に調べて住んだ方がいいと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ