津波が来たらハザードマップや津波到達水位標識を見て油断せず避難。

【不動産・防災】津波から人命や自宅を守る方法

【不動産・防災】津波から人命や自宅を守る方法

 

 

こんにちは。
地震による津波被害は東日本大震災が記憶に新しいですよね。
これまでにも日本で津波被害はありましたがここまで津波が注目される
きっかけをつくった東日本大震災からは学ぶことが本当に多いと思います。

 

津波被害というのは何もそういった被害に遭いやすい海の近くに住んで
いる人たちだけではありません。何かの用事で海の近くへ行った時に
偶然被害に遭うかもしれませんから防災知識は全ての人に必要です。

 

特に海の近くに住んでいなければそういった教育を受ける機会も
少ないので積極的に自分から津波の事を学ぶ必要があります。
防災知識を得て人命や財産を守らなければなりません。

 

津波が普通の大きな波と違うのは並の深さです。
地震により発生した津波は海底付近から並の動きが
あるから破壊力が桁違いに凄いのが特徴です。
壁が移動してくるといったイメージです。

 

またスピードも速いです。
時速800kmに達する事もあります。

 

津波は繰り返しやってくるという性質を理解し、1回目で無事
だったからといって絶対に海を見に行ってはいけないのです。
第2波、第3波と何度も襲ってきます。一度避難をしたら
避難解除の連絡があるまでは絶対に戻らないようにしてください。

 

 

津波被害に遭うのは人間の油断が大きく影響しています。
岩手県釜石市にはギネスブックにも掲載された釜石湾口防波堤
というものがありました。これは世界最大水深が63mもあり、
31年間かけて造られ2009年3月に完成したものです。

 

しかし東日本大震災の津波で損壊してしまいました。
住民も世界一の防波堤があるから安心していたに違いありません。

 

他にもハザードマップにまどわされてしまう人も多いです。
過去の津波で自分の住んでいる地域は無事だったから
今回も避難する必要はないと思い込んでいます。

 

同じように町中に設置されている津波到達水位標識も
想定にとらわれてしまう要素になりがちです。

 

実際に東日本大震災で津波の被害に遭い亡くなられた
方を見るとハザードマップでは浸水想定区域外で
安全と言われていた地域に住む人たちが多かったのです。

 

 

防災教育は子供が学校で学びますが社会人になるとよっぽど興味の
ある人以外は自ら学ぶ事はないと思います。しかし家族全員が
助かるためには両親も積極的に学んでいく必要があります。

 

親が学んでいないと子供が避難を促しても大袈裟だと
突き放して無視する可能性が高いと思います。

 

せめて子供が持って帰った防災教育の資料を家族
全員で見るくらいの事はしてもいいのではと思います。

 

そういったちょっとした事で大人の意識が少しづつ
変わっていけば被害者も減ると思いませんか?
詳細は下記に並んでいる記事をクリックしてくださいね♪


【不動産・防災】津波から人命や自宅を守る方法記事一覧

【不動産・防災】津波が起こるメカニズムや速度、普通の波との違い

こんにちは。防災の津波関連の第1弾です。津波というのは一体どのように発生するのか、また過去に実際どういった津波被害があったのか簡単にご紹介したいと思います。地震や台風などで津波の影響が出やすい地域で生活するとなると住居選びにも大きく影響してきます。そういった地域に住んでいなくても旅行などで訪れた際に...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】東日本大震災の津波でギネスブックに載る防波堤も破壊

こんにちは。防災の津波関連第2弾です。これまで世界中で大きな地震が起こり、それにより津波被害を受けた地域はたくさんありました。今回は過去に起こった有名な津波被害をご紹介します。それでは一緒に見ていきましょう。東日本大震災2011年3月11日に発生した東日本大震災(M9.0)は国内で最大規模の地震(阪...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】津波の避難は車で遠くへ移動しないで近くの高台へ

こんにちは。防災の津波関連第3弾です。急に津波が発生した時にどういった対応をとればいいか多くの人は迷うと思います。状況別に説明していますので一緒に見ていきましょう。遠くの高台より近くのビルへ津波が近づいてきたら、あなたはどうしますか?急いで避難すると思いますがどう避難しますか?実際に津波で助かった人...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】津波が来た時に主体的に避難しない人が多い理由は?

こんにちは。防災の津波関連第4弾です。津波が発生するなど非常事態になった際に多くの人がついつい取ってしまいがちになる行動というものがあります。古くから津波で苦しんだ地域での言い伝えもありますので、そういった事についても一緒に見ていきましょう。津波てんでんこ昔からの言い伝えで「津波てんでんこ」というも...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】災害時の人間の心理(正常化の偏見・認知不協和)

こんにちは。防災の津波関連第5弾です。非常時に正しくない行動を取ってしまう人は多いものです。人間は頭の中ではこうした方がいいのでは?と思っていても実際には行動に移せない事があります。そういった事に関してまとめてみましたので一緒に見ていきましょう。正常化の偏見また正常化の偏見という心の問題もあります。...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】津波ハザードマップを見て安心していないですか?

こんにちは。防災の津波関連第6弾です。津波の影響を受けそうな地域では幼い頃から長年情報収集はしていると思います。しかしそういった過去の情報に振り回され自分の中でこれ以上の被害はないと決めつける事で被害を大きくしてしまう事も多いものです。それでは一緒に見ていきましょう。過去の情報で想定が狂ってしまう人...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】防災教育や避難経路の確認は家族全員で共有する

こんにちは。防災の津波関連第7弾です。津波が来たら避難しなければならないのはわかっていると思いますが避難経路も把握できていますか?また昔からの言い伝えでその地域の自然環境にどういった変化があれば災害の前触れだと聞いたことがありますか?それでは一緒に見ていきましょう。その避難経路で本当に問題ないのか?...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】津波が発生した時に正しい行動を取る事は難しい

こんにちは。防災の津波関連第8弾です。人は災害発生時どのような対応ができるのでしょうか。それでは一緒に見ていきましょう。なぜ思考停止になる人が多いのか?災害が発生した時に人はどういった行動を取ると思いますか?パニックになると思いますか?実は圧倒的多数の人は呆然となり固まってしまうのです。急変した環境...

≫続きを読む

 

【不動産・防災】災害時にパニックを恐れ情報を隠す行為は人災

こんにちは。防災の津波関連第9弾です。人は災害発生時どのような対応ができるのでしょうか。それでは一緒に見ていきましょう。災害はまだ先の事だと思っている一般的に人は災害はまだ先の事だと思い込んでいます。ですから地震が起これば家の中にある大型家具が倒れてきて大怪我をするかもしれない環境であっても今月中に...

≫続きを読む

 
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ