災害対策をしない人の心理はリアルにイメージができないから。

【不動産・防災】地震など災害に備えてなぜ人は準備できないのか?

【不動産・防災】地震など災害に備えてなぜ人は準備できないのか?

 

 

こんにちは。
防災の地震関連28弾です。
災害に備えて準備しなければならない事を人から
聞いても行動に移せる人と移せない人がいます。

 

なぜそういった事が起こってしまうのか
その心理に関して一緒に見ていきましょう。

 

知っている事と理解している事は違う?

耐震対策をしなければいけないと誰もが思っています。
でも実施できていない人も多いと思います。

 

どれほどの家で大型家具の固定ができているでしょうか。
家具のガラス部分は強化ガラスの物を採用しているか、
していなければガラス飛散防止フォルムを貼っているか?

そうした方が安全なのはわかっていて何故できないのか。
それは知っている事と理解している事は違うからです。
地震が起これば本当に悲惨な事になると誰もが知っています。

 

テレビなどで観て知っているからです。
でも理解はしていないのです。
体験もしていないからです。
リアルにはイメージができないからです。

対策をする事で、どこまで変わるのかイメージができないのです。
体験していなくても行動に移せないと本当の意味で
理解しているとは言えないのです。

 

人は同じ状態が続くと思い込んでいる

それに多くの人は今と同じような状態がずっと続くと思って
いるからです。東日本大震災や阪神淡路大震災で被災し、
家を失ったり家族を亡くした人は「まさか自分が」と思ったはずです。

 

仕事に関しても自分が入社した当時に働いている会社が倒産
したりリストラにあったりする事を想像した人なんていないはずです。

また離婚した人も自分が結婚した時に自分は離婚するかも
とは考えなかったはずです。周りで離婚した人を何人か知っては
いても自分だけはそうはならないと思っていたはずです。

 

人間の心理には慣性の法則と似たようなものが働くのです。
今が順調ならこのまま維持できるはずだと思うのです。

 

大きな地震が発生するかもしれませんので、耐震性能が
高い家を選び室内の家具を固定するなど耐震対策をしましょうと
言っても「すぐには来ないだろう」とか「自分の地域は大丈夫だ」
とか思ってしまうものなんです。

 

行動を起こすって面倒くさいですからね。
ですからこういった事は基本、先延ばしにしてしまうのです。
今夜大きな地震が来る可能性もあるというのにです。

 

評価されないと人任せになる?

また非常時に協力し合わないといけない時にでも
誰かがやるから自分一人ぐらいやらなくても別に
構わないのではないか?と思う人もいるのです。

 

実際発覚しなければ手抜きをするという人は一定数います。
これは何もその人が悪いという訳ではなく人間の心理とは
そういうものだという事です。

 

 

自分の頑張りがそのまま評価される状態でなければ
人間は100%の力を出そうとしないものなのです。

 

ただし役職などを与えられていて自分がリーダーの場合は
代表としての評価があるので考え方は変わってきます。

 

これは実際に大きな地震が起こって周囲に下敷きになって
しまっている人や大けがをして道路で倒れている人がいても
誰かが助けるだろうと考えてしまうからです。

倒れている人がいても平気で上をまたいで離れていくという行動を
取ってしまうのです。これは余程変わった一部の人だけの話では
ありません。人間とは状況によってはそのような行動を取ってしまう
ものなのです。しかし災害時には緊急の通報を行ったり負傷者を
救助するという義務があるのを忘れないでください。

 

想定していなかったでは済まされない

ここまでは想定していなかったというのは人災です。
災害で大きな被害を受けた人もそう思っていたはずです。

 

阪神淡路大震災で長距離に渡って高速道路が傾いた時も
日本の建築技術はレベルが高いのでそんな事は起こるはずが
ないと思っていた業界関係者は多かったはずです。

 

東日本大震災の時もあんな大きな津波は今までになかったから
と甘く見ていた防災関係者も多かったに違いありません。
でも起こってしまってからではもう、どうする事もできません。

 

 

これまでの災害を振り返って勉強する事は大切ですが
過去の災害でこのレベルが最大だからそれ以上はないと
決めつけてしまう事が怖いのです。
勉強する事で偏った考え方になるのは非常に怖い事なのです。

 

 

 

以上、防災の地震関連28弾でした。
いかがでしたか。
わかっちゃいるけどできないという事が多いですよね。

 

それは普段の些細な事であればいいのですが
災害時にも同じ思考では死が待っているだけです。

 

人間は非常時にどういった行動を取るのか
様々なパターンを知っておくと役に立つと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産・防災】関東大震災・地震のメカニズム・防災マニュアル
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】阪神淡路大震災・東日本大震災・新潟地震
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】建物の耐震性能・耐震ドア・定期メンテナンス
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震対策(突っ張り棒などで冷蔵庫や食器棚を固定)
【不動産・防災】おすすめ防災グッズ@(充電器、簡易トイレ、カセットコンロ)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】おすすめ防災グッズA(食料、薬、自転車)・非常持ち出し袋
【不動産・防災】情報伝達(緊急地震速報、災害用伝言ダイヤル)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応@(路上、車、電車、地下街、店舗)
【不動産・防災】地震発生時の対応A(エレベーター・エスカレーター)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応B(キッチン・風呂場・ベランダ)
【不動産・防災】災害時のペット(備蓄・しつけ・健康管理・行方不明)
【不動産・防災】地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)
【不動産・防災】地震により発生した火災の避難方法と事前対策
【不動産・防災】地震発生後の通電火災の原因と対策(ブレーカー)
【不動産・防災】災害に備え地域で災害対策本部を設置し防災訓練をする
【不動産・防災】防火管理者や防災士、コミュニティで地域の防災力を高める
【不動産・防災】災害で公共交通機関が止まり帰宅困難者になったら
【不動産・防災】地震発生後は液状化現象や防犯面、お薬手帳を意識する
【不動産・防災】地震の影響(ドア・ベランダ・エレベーター・階段)
【不動産・防災】地震で避難所生活への覚悟と行く前にすべき準備
【不動産・防災】災害で断水前にすべき準備とその後の取るべき行動
【不動産・防災】地震発生後の衛生面への配慮やケガの応急処置方法
【不動産・防災】被災時の食事(備蓄する食料・加熱器具・洗浄方法)
【不動産・防災】災害時のマンションの玄関ドアやベランダからの避難方法
【不動産・防災】災害で避難所へ向かう際の最低限の持ち物と最後の準備
【不動産・防災】災害時は自分たちで周囲の人を救助する必要性がある
【不動産・防災】災害時、あなたは本当にすぐに避難できる人ですか?
【不動産・防災】昔から言い伝えの防災マニュアルを信じていいのか?
【不動産・防災】災害に備え防災教育を行い、自主防災組織を機能させる

ホーム RSS購読 サイトマップ