災害発生時の最低限の貴重品などの持ち物はリストにしておく。

【不動産・防災】災害で避難所へ向かう際の最低限の持ち物と最後の準備

【不動産・防災】災害で避難所へ向かう際の最低限の持ち物と最後の準備

 

 

こんにちは。
防災の地震関連25弾です。
今回は大きな地震などが起こり避難する際に
気をつけたい事に関してまとめてみました。
それでは一緒に見ていきましょう。

避難する際は欲張らない

災害が発生した時に財産を失いたくない気持ちはわかりますが
一刻を争う時であれば欲張ってあれもこれも持ち出そうとしないことです。

 

苦労して手に入れた物であれば気持ちはわからなくもないですが
そういった行動を取って死んでいった人が多いのも事実です。
必要最低限の物だけにして下さい。

 

貴重品は日頃からリストを作って盗難の心配がなさそうな
安全な場所に一カ所にかためておいてもいいと思います。
急いで逃げる際にはそれだけを持って逃げるのです。

 

 

ある程度リスト化して管理をしておくといいと思います。
証書番号や連絡先をメモしておくと被災しても
その後の手続き等がスムーズです。

 

車の登録番号、クレジットカード番号、
保険証番号、銀行口座番号、印鑑登録番号・・・

 

不用品は処分し整理整頓

家の中に物があふれていれば年に一度は処分した方がいいと
思います。まだ使えそうな物で捨てるのに抵抗がある物は出張の
リサイクルショップを利用したり、インターネットでヤフオクや
メルカリなどを利用して販売してもいいでしょう。
ひょっとしたら、お宝が眠っているかもしれませんよ。

やはり家に物が多すぎると地震が起これば非常に危険です。
棚の上に重量物を置いていないでしょうか?

 

私の実家にもありましたが、昭和の時代に誰かからもらった
鮭をくわえた木彫りの熊とかガラスケースに入った人形とか
棚の上に置きっぱなしになっていないですか?(笑)

 

 

揺れて落ちてきたら危ないですよ?
基本的に落ちてきてケガをしそうな物は上には置かないでください。
そういったものは非常時に人間を襲います。

避難所へ向かう準備

自宅では生活ができないと判断し避難所へ
行く際にどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

 

ガスの元栓を閉じ、配電盤にある電気の主電源のブレーカーを
OFFにします。地震により壊れた電化製品がコンセントに
つながれた状態で停電が復旧してしまうとそれにより
発火し火災が発生した事例は過去にたくさんあります。

阪神大震災ではこういった通電火災によりあちこちで
火災が発生したのです。ですから避難所などから自宅へ
戻った時も全ての電化製品のコードがコンセントから抜いて
ある事を確認してから主電源のブレーカーをONにしてください。

 

家から出た時に壊れていなくても避難している
間に余震で壊れてしまう事もあるからです。

 

揺れている時に余裕があればドアを開けて出口を確保してください。
家を出て街中を歩く際に上から何が落ちてくるかわかりませんから
必ず頭を保護できる物を携帯しましょう。

 

ヘルメットが無い場合はクッション性のある帽子か
座布団などもあれば活躍すると思います。
街灯が夜にどれほど正常に機能しているかわかりません。
懐中電灯があるとより安心かもしれません。

自宅の玄関ドアには家族が無事かどうか、どこに
避難しているのか、何か貼っておくと周囲が安心できます。

子供の引き渡し

平日の昼間は親子が別々の場所にいる事がほとんどだと思います。
小さなお子さんがいる場合は不安だと思いますが日頃から
子供の引き渡しに関して話し合っておくと安心です。

子供が幼稚園などにいる間に地震が発生し両親が
帰宅困難者になった際に誰が迎えに行ってくれるのか。
保育所と幼稚園や小学校とではルールが違うかもしれません。

避難所の種類

避難所には一時避難場所、広域避難場所、
防災拠点(避難所)などと種類があり被害の
状況によって避難する場所が異なります。

 

一時避難場所や広域避難場所は公園などになり
ますし収容避難所は学校や公民館などになります。

 

集合住宅の場合はまとまって避難所に行くと
情報伝達の面でもスムーズになりますし顔見知りが
いれば少しは不安が解消されるはずです。

避難所は希望すれば全員が過ごせる訳ではありません。
自宅が全壊したなど物理的に住めない人が優先です。

 

食料などの配給は避難所に届きますので届いた時に
もらえるようにしておく事が大切です。しかし前提として
自宅で自力で数日間は過ごせるように準備はしておくべきです。

 

 

 

以上、防災の地震関連25弾でした。
いかがでしたか。
いざ避難するとなると何か大切な事を忘れて
いるのではないかと色々と気がかりになります。

 

やはりそういった頭が混乱している時に思い出す作業は
スムーズにできませんので日頃からメモしたり
一部でも記憶しておく事が大切です。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産・防災】関東大震災・地震のメカニズム・防災マニュアル
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】阪神淡路大震災・東日本大震災・新潟地震
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】建物の耐震性能・耐震ドア・定期メンテナンス
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震対策(突っ張り棒などで冷蔵庫や食器棚を固定)
【不動産・防災】おすすめ防災グッズ@(充電器、簡易トイレ、カセットコンロ)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】おすすめ防災グッズA(食料、薬、自転車)・非常持ち出し袋
【不動産・防災】情報伝達(緊急地震速報、災害用伝言ダイヤル)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応@(路上、車、電車、地下街、店舗)
【不動産・防災】地震発生時の対応A(エレベーター・エスカレーター)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応B(キッチン・風呂場・ベランダ)
【不動産・防災】災害時のペット(備蓄・しつけ・健康管理・行方不明)
【不動産・防災】地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)
【不動産・防災】地震により発生した火災の避難方法と事前対策
【不動産・防災】地震発生後の通電火災の原因と対策(ブレーカー)
【不動産・防災】災害に備え地域で災害対策本部を設置し防災訓練をする
【不動産・防災】防火管理者や防災士、コミュニティで地域の防災力を高める
【不動産・防災】災害で公共交通機関が止まり帰宅困難者になったら
【不動産・防災】地震発生後は液状化現象や防犯面、お薬手帳を意識する
【不動産・防災】地震の影響(ドア・ベランダ・エレベーター・階段)
【不動産・防災】地震で避難所生活への覚悟と行く前にすべき準備
【不動産・防災】災害で断水前にすべき準備とその後の取るべき行動
【不動産・防災】地震発生後の衛生面への配慮やケガの応急処置方法
【不動産・防災】被災時の食事(備蓄する食料・加熱器具・洗浄方法)
【不動産・防災】災害時のマンションの玄関ドアやベランダからの避難方法
【不動産・防災】災害時は自分たちで周囲の人を救助する必要性がある
【不動産・防災】災害時、あなたは本当にすぐに避難できる人ですか?
【不動産・防災】地震など災害に備えてなぜ人は準備できないのか?
【不動産・防災】昔から言い伝えの防災マニュアルを信じていいのか?
【不動産・防災】災害に備え防災教育を行い、自主防災組織を機能させる

ホーム RSS購読 サイトマップ