災害発生後の食事のために用意したい食料と調理器具と備品

【不動産・防災】被災時の食事(備蓄する食料・加熱器具・洗浄方法)

【不動産・防災】被災時の食事(備蓄する食料・加熱器具・洗浄方法)

 

 

こんにちは。
防災の地震関連23弾です。
今回は地震により被災した時の食事の取り方に
関して簡単にご紹介したいと思います。
それでは一緒に見ていきましょう。

 

備蓄する食料と加熱器具

飲料水や食料の備蓄は10日間分もあれば安心できるレベルです。
やはり本格的な公的支援が始まるまでは家族や近隣住民とで
お互いに助け合って自力で何とかしなくてはなりません。

 

備蓄する食料は防災セットなどで売られている物では不安があります。
その食料が自分の苦手な食料かもしれないからです。
普段から自分が好きで食べている種類のもので保存期間が
比較的長いインスタントの物を備蓄するのがいいと思います。

 

電気とガス、水道が止まってもカセットコンロ(ボンベも予備を
保管しておきましょう。使用期限があるため備蓄する際は
古いものから順番に使用しておきましょう)があれば備蓄していた
ペットボトルの水でお湯を用意しインスタント食品や
レトルト食品を温めるだけで食べられますので便利です。

 

 

食事というのは単にカロリーを摂取してお腹を満たすという
単純な行為ではありません。自分好みの美味しくて温かい
料理というのは人の心を癒してくれるからです。

 

ただでさえ被災して気持ちが落ち込んでいる時に温かみがなく
好みの味ではない食事が続けばますます元気がなくなっていきます。

 

水道も使えない状態が続けば衛生面で心配ですので食中毒
などの二次災害が起きてしまう可能性があります。そんな時でも
病院でどれだけスムーズな対応をしてもらえるかわかりません。

 

ですからこういった状況での食事で火を通す事はとても
大切な事なのです。お湯がすぐに手に入らないからといって
粉ミルクを水で溶かして赤ん坊に与えていたという人も
過去の震災でいたようですが粉ミルクの中には様々な菌
いますので必ずお湯で溶かして使用するようにしましょう。

 

 

冬だけに限らず季節を問わずすぐにお湯を確保できる
準備は必要だと思います。カセットコンロを使用する際には
換気を忘れないでください。換気扇が使えない状態で
あれば窓を開けて定期的に換気を心掛けてください。

 

屋外で使用する場合でしたら風が気になると思い
ますが風防機能が付いているコンロもありますので
そういった商品も検討してください。

 

水道、電気、ガスの中で都市ガスの復旧は一番遅い
といわれていますので電気式の加熱調理器具があれば
自宅でしばらくの間は何とかなるはずです。

 

ホットプレートや卓上のIHクッキングヒーター、電気ポット、
電子レンジなどがあるだけでもかなり安心です。

栄養を考えた食生活

あとどれくらい経てば普段通りの食生活に戻れるかわかりま
せんから備蓄する食料も栄養が偏らないよう工夫しましょう。

 

タンパク質や脂質

血液や筋肉など体をつくる材料になる栄養素です。
卵、大豆、鯖の缶詰、鶏ささみ肉、乳製品・・。

炭水化物

体を動かすエネルギー源になる栄養素です。
白御飯、パン、麺類、鯖の缶詰、イモ類・・。

ビタミンやミネラル

体調を整えるための栄養素です。
野菜、果物、ゴマ、キノコ類・・。
昆布のおにぎりや、アサリやシジミ、ワカメが入った
味噌汁などいいと思います。サンドイッチも野菜の
具材が色々入っていれば手軽に取れてオススメです。

 

 

調理器具や食器の洗浄方法

調理する際に断水と排水禁止が重なり、水が一切使えない
状態が大変です。使用した調理器具や食器を洗う事ができません。

 

このような状況ですから使用する調理器具や食器の使い方を
見直す必要が出てきます。雑菌が付きやすいまな板は使用しな
いでキッチンばさみを使用し、食材をあえる際にもビニール袋の
中でボウル代わりにして混ぜていきます。

 

手が洗えませんから基本的にはビニール手袋を使用しての
調理になってきます。使用する食器もラップなどを上から敷いて
食事が済めばラップだけ交換していくようにすれば解決します。

使い捨ての紙のお皿やコップも便利ですがこのような生活が
長期化すると維持する事も難しいですしゴミも増えます。

 

料理で使用した調理器具はウェットティッシュで拭き取り最後に
アルコールのスプレーを吹きかけて除菌するようにしてください。

キャンプ生活の経験

このようなライフラインが整備されていない生活は不便さでは
キャンプに似ています。どのように工夫できるかで感じ方が違ってきます。

実際キャンプ用品は災害時に活躍するものも多いのです。
屋外のテントで寝泊まりしてアナログで不便な方法で
調理をする事を一度でも体験すれば工夫も生まれますので
比較的被災した時のストレス軽減につながっていきます。

 

学校の行事や家族で行われている泊りのキャンプ生活の
体験は決して無駄にはならないのです。

 

 

 

以上、防災の地震関連23弾でした。
いかがでしたか。

 

レジャーを通して楽しみながら一度でも
不便なキャンプ生活を経験すればいざという時に
様々な工夫が生まれるはずです。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産・防災】関東大震災・地震のメカニズム・防災マニュアル
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】阪神淡路大震災・東日本大震災・新潟地震
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】建物の耐震性能・耐震ドア・定期メンテナンス
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震対策(突っ張り棒などで冷蔵庫や食器棚を固定)
【不動産・防災】おすすめ防災グッズ@(充電器、簡易トイレ、カセットコンロ)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】おすすめ防災グッズA(食料、薬、自転車)・非常持ち出し袋
【不動産・防災】情報伝達(緊急地震速報、災害用伝言ダイヤル)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応@(路上、車、電車、地下街、店舗)
【不動産・防災】地震発生時の対応A(エレベーター・エスカレーター)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応B(キッチン・風呂場・ベランダ)
【不動産・防災】災害時のペット(備蓄・しつけ・健康管理・行方不明)
【不動産・防災】地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)
【不動産・防災】地震により発生した火災の避難方法と事前対策
【不動産・防災】地震発生後の通電火災の原因と対策(ブレーカー)
【不動産・防災】災害に備え地域で災害対策本部を設置し防災訓練をする
【不動産・防災】防火管理者や防災士、コミュニティで地域の防災力を高める
【不動産・防災】災害で公共交通機関が止まり帰宅困難者になったら
【不動産・防災】地震発生後は液状化現象や防犯面、お薬手帳を意識する
【不動産・防災】地震の影響(ドア・ベランダ・エレベーター・階段)
【不動産・防災】地震で避難所生活への覚悟と行く前にすべき準備
【不動産・防災】災害で断水前にすべき準備とその後の取るべき行動
【不動産・防災】地震発生後の衛生面への配慮やケガの応急処置方法
【不動産・防災】災害時のマンションの玄関ドアやベランダからの避難方法
【不動産・防災】災害で避難所へ向かう際の最低限の持ち物と最後の準備
【不動産・防災】災害時は自分たちで周囲の人を救助する必要性がある
【不動産・防災】災害時、あなたは本当にすぐに避難できる人ですか?
【不動産・防災】地震など災害に備えてなぜ人は準備できないのか?
【不動産・防災】昔から言い伝えの防災マニュアルを信じていいのか?
【不動産・防災】災害に備え防災教育を行い、自主防災組織を機能させる

ホーム RSS購読 サイトマップ