断水は配管の破損や停電が原因で対策は復旧まで簡易トイレを利用。

【不動産・防災】災害で断水前にすべき準備とその後の取るべき行動

【不動産・防災】災害で断水前にすべき準備とその後の取るべき行動

 

 

こんにちは。
防災の地震関連21弾です。
今回は地震によって断水した場合の対処方法を
まとめてみましたので一緒に見ていきましょう。

 

断水した時の給水作業と備蓄

マンションが被災し停電すると断水する可能性があります。
水道と電気は別でしょ?と考える方はいると思いますが上階へ配管を
使って運ぶためには電気でポンプを使って汲み上げるからです。

 

そうなると水道は使えませんからポリタンクなどを持って給水所
まで行き、水を給水し持って帰って来なければなりません。
上層階であれば諦めたくなる状況です。

 

 

成人男女の約50〜60%は水分で構成されています。
体重の5%の水分を失うと頭痛や発熱、吐き気などを起こし
約20%失うと最悪は死んでしまうといわれています。
食事が一切取れなくても2週間は生きられると言われて
いますが水が無ければ4日ほどで死に至ります。

 

普段通りの食事を取っていれば水分も取ることはできます。
しかし災害が発生した時に同じように水分を多く含んだ食事が
取れるとは限りません。給水所に水を汲みに行くのも長時間並ぶ
必要があると思いますし満足する量を受け取れるかわかりません。

 

ですから普段から自宅に2Lのペットボトルの水やお茶
などを保管しておく習慣はつけた方がいいと思います。
目安として4人家族がトイレ、入浴、料理、洗濯、手洗い・・・
一日で使用する量は約300Lほどといわれています。

生命維持のために調理用も含めた必要な飲み水は
1人1日約3Lといわれています。ペットボトルの水以外に
冷凍庫の製氷機の氷も溶かして使う事もできます。
トイレの排水ができなくなってもタンクにたまっている水は
何かに使用する事ができます。

 

こういった事から普段から自宅にペットボトルなどで
水を保管し、エレベーターなしでも給水を往復できるように
大きすぎないポリタンクを複数個用意しておく事が大切です。

簡易トイレ・仮設トイレ

配管の破損で排水自体できなくなれば給水所から
運んだ水もほとんど使えません。もし排水ができなくなれば
マンションの全住戸に至急周知する必要があります。

 

もし情報が行き渡らず流してしまえば汚水がそこら中に染み
渡る事になります。排水ができなくなれば屋外の仮設トイレや
自宅で用意した簡易トイレで用を足すしかありません。

 

自治体で用意される仮設トイレは100人に1基ほどらしいです。
一人3分必要として計算すると100人目は約300分後、
なんと5時間並ぶことになります。自宅でできるように
簡易トイレを備蓄しておく方が安心だと思います。

 

 

災害用に売られている簡易トイレには便器にかぶせる
ポリ袋と汚水の凝固剤がセットになった商品があります。
凝固剤が含まれていますので抗菌効果や防臭効果が
期待できます。10日分ほど用意しておくといいと思います。

 

感染症防止のために塩素系の洗剤を希釈したものなどを
利用してトイレ内の拭き掃除を定期的に行う必要があります。
手洗いができなくなりますから消毒スプレーなどが必要となります。

 

トイレが使えなくなるだけでも自宅で生活が難しく
なるという事がわかっていただけたかと思います。

受水槽

マンションの場合には受水槽があります。
水槽に半分入っていれば全住戸分として2週間
ほどは使えるといわれています。全員が給水車まで
水を取りに行くのは本当に大変です。

もし給水車がその受水槽に補充してくれるのであれば、
そのマンションの住人だけでなく周囲に住んでいる近所の
方にも利用してもらえばいいと思います。

 

受水槽があっても地震の影響で使えないようでは意味が
ありませんので、きちんと耐震対策がされているタイプか
確認はしておいた方がいいと思います。

防災井戸

防災井戸も活用するといいと思います。
学校にも民間にもあります。防災時協力井戸と表示
されていますので非常時に利用させてもらうとよいでしょう。

避難場所に指定された公園などにはこのような
給水設備がある事が多いです。有事に備えて
水道水を大量にためて入れ替えていますので安心です。

 

手動ポンプのタイプもありますが電動ポンプが付いていて、
ひねるだけで水が出るようになっているものもあります。

 

この井戸の水は基本的に飲み水として使用する事はできません。
自治体のホームページなどで防災井戸の
位置が載っていますのでぜひご活用ください。

 

 

 

以上、防災の地震関連21弾でした。
いかがでしたか。
給水も大変ですが排水ができなくなるのは本当に致命的です。
そうなった時でも事前に準備できる事はあるはずです。

 

家にどんな備蓄がされていたか見直してみてください。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産・防災】関東大震災・地震のメカニズム・防災マニュアル
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】阪神淡路大震災・東日本大震災・新潟地震
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】建物の耐震性能・耐震ドア・定期メンテナンス
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震対策(突っ張り棒などで冷蔵庫や食器棚を固定)
【不動産・防災】おすすめ防災グッズ@(充電器、簡易トイレ、カセットコンロ)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】おすすめ防災グッズA(食料、薬、自転車)・非常持ち出し袋
【不動産・防災】情報伝達(緊急地震速報、災害用伝言ダイヤル)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応@(路上、車、電車、地下街、店舗)
【不動産・防災】地震発生時の対応A(エレベーター・エスカレーター)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応B(キッチン・風呂場・ベランダ)
【不動産・防災】災害時のペット(備蓄・しつけ・健康管理・行方不明)
【不動産・防災】地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)
【不動産・防災】地震により発生した火災の避難方法と事前対策
【不動産・防災】地震発生後の通電火災の原因と対策(ブレーカー)
【不動産・防災】災害に備え地域で災害対策本部を設置し防災訓練をする
【不動産・防災】防火管理者や防災士、コミュニティで地域の防災力を高める
【不動産・防災】災害で公共交通機関が止まり帰宅困難者になったら
【不動産・防災】地震発生後は液状化現象や防犯面、お薬手帳を意識する
【不動産・防災】地震の影響(ドア・ベランダ・エレベーター・階段)
【不動産・防災】地震で避難所生活への覚悟と行く前にすべき準備
【不動産・防災】地震発生後の衛生面への配慮やケガの応急処置方法
【不動産・防災】被災時の食事(備蓄する食料・加熱器具・洗浄方法)
【不動産・防災】災害時のマンションの玄関ドアやベランダからの避難方法
【不動産・防災】災害で避難所へ向かう際の最低限の持ち物と最後の準備
【不動産・防災】災害時は自分たちで周囲の人を救助する必要性がある
【不動産・防災】災害時、あなたは本当にすぐに避難できる人ですか?
【不動産・防災】地震など災害に備えてなぜ人は準備できないのか?
【不動産・防災】昔から言い伝えの防災マニュアルを信じていいのか?
【不動産・防災】災害に備え防災教育を行い、自主防災組織を機能させる

ホーム RSS購読 サイトマップ