地震保険の必要性と補償金額。台風、津波、噴火、火災保険との関係性。

【不動産・防災】地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)

【不動産・防災】地震保険(歴史・補償される上限金額と内容)

 

 

 

こんにちは。
防災の地震関連の12弾になります。
今回は地震によって被害を受けた際の
保険に関して一緒に見ていきたいと思います。

 

地震保険

地震保険というのは1964年に起こった新潟地震の後に、
創設に対する社会的要望が高まり新潟地震から2年後の
1966年(昭和41年)から地震保険に関する法律と
地震再保険特別会計法が施行され地震保険が誕生しました。

 

販売と保険金支払い業務は民間の保険会社が担当しますが
保険金の総支払額の上限は5.5兆円とされており、
保険の引き受け会社がなく政府が肩代わりしている状態です。
この総額を超えた場合には比率で支払われる事になります。

地震保険は火災保険に比べ補償される金額が低く設定
されているのでそのお金だけで損害分を全額カバーできると
考えるのではなく、被災した際の当面の生活費を受け取れる
といったイメージで考える方が無難だと思います。

 

地震保険の保険金額の上限は火災保険(主契約)の50%
までとなっております。火災保険に3000万円の補償をつけて
いるのであれば地震保険は1500万円までが上限ということになります。

 

上限は建物で5000万円、家財で1000万円までです。
たとえ火災保険で1億5000万円までとなっていても
7500万円まで補償される訳ではないという事なのです。

 

複数の保険に入っている場合、合算した金額の限度額になります。
また、火災保険というのは地震、津波、噴火などによる損害は補償されません。
火災保険に加入していても地震による火災は補償対象外なのです。

地震保険は火災保険では補償されない地震、
噴火、津波を原因とする損害を補償してくれます。

 

地震に対応した建物と家財の保険に加入する必要があるのです。
しかも地震保険は火災保険とセットでなければ加入できません。
地震保険単体での加入は出来ないのです。

 

またマンションの場合は自分の住居スペースである
専有部分以外に共用部分というものがありますので、
そこに対しての保険にも加入する必要があります。

 

 

専有部分に関しては各区分所有者がそれぞれ加入し、
共用部分に関しては管理組合がマンション保険と
地震保険に加入する事になります。

 

マンションの場合は柱や梁など主要構造部分が損壊
した時などと、補償される対象が限定されていたりします。

 

全壊、半壊、一部損などと評価の違いにより
支払われる金額も異なります。加入する前に
十分確認をしておきましょう。

 

 

 

以上、防災の地震関連12弾でした。
いかがでしたか。
保険はずっと支払い続けていくものですから
決して安い出費ではありません。

 

だからといって加入しない訳にはいきません。
満足度の高い買い物ができるように契約前には
営業マンに十分質問するようにしてくださいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産・防災】関東大震災・地震のメカニズム・防災マニュアル
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】阪神淡路大震災・東日本大震災・新潟地震
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】建物の耐震性能・耐震ドア・定期メンテナンス
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震対策(突っ張り棒などで冷蔵庫や食器棚を固定)
【不動産・防災】おすすめ防災グッズ@(充電器、簡易トイレ、カセットコンロ)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】おすすめ防災グッズA(食料、薬、自転車)・非常持ち出し袋
【不動産・防災】情報伝達(緊急地震速報、災害用伝言ダイヤル)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応@(路上、車、電車、地下街、店舗)
【不動産・防災】地震発生時の対応A(エレベーター・エスカレーター)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産・防災】地震発生時の対応B(キッチン・風呂場・ベランダ)
【不動産・防災】災害時のペット(備蓄・しつけ・健康管理・行方不明)
【不動産・防災】地震により発生した火災の避難方法と事前対策
【不動産・防災】地震発生後の通電火災の原因と対策(ブレーカー)
【不動産・防災】災害に備え地域で災害対策本部を設置し防災訓練をする
【不動産・防災】防火管理者や防災士、コミュニティで地域の防災力を高める
【不動産・防災】災害で公共交通機関が止まり帰宅困難者になったら
【不動産・防災】地震発生後は液状化現象や防犯面、お薬手帳を意識する
【不動産・防災】地震の影響(ドア・ベランダ・エレベーター・階段)
【不動産・防災】地震で避難所生活への覚悟と行く前にすべき準備
【不動産・防災】災害で断水前にすべき準備とその後の取るべき行動
【不動産・防災】地震発生後の衛生面への配慮やケガの応急処置方法
【不動産・防災】被災時の食事(備蓄する食料・加熱器具・洗浄方法)
【不動産・防災】災害時のマンションの玄関ドアやベランダからの避難方法
【不動産・防災】災害で避難所へ向かう際の最低限の持ち物と最後の準備
【不動産・防災】災害時は自分たちで周囲の人を救助する必要性がある
【不動産・防災】災害時、あなたは本当にすぐに避難できる人ですか?
【不動産・防災】地震など災害に備えてなぜ人は準備できないのか?
【不動産・防災】昔から言い伝えの防災マニュアルを信じていいのか?
【不動産・防災】災害に備え防災教育を行い、自主防災組織を機能させる

ホーム RSS購読 サイトマップ