不動産の売却では営業マンの得意な専門とコミュニケーション力を確認。

【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方@

【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方@

 

 

こんにちは。
不動産を売却する際に仲介会社(不動産屋)を利用する事に
なると思うのですが数多くある中でどういった会社もしくは
営業担当者がいいのか迷う方は多いと思います。
それでは順番に見ていきましょう。

 

大手がいいのか?地域密着型がいいのか?

今は不動産会社と媒介契約を結ぶ事でレインズ
(全国の不動産会社同士で物件の情報交換のため
データベースで共有されたもの)に登録される事が多いです。

 

物件情報がデータベースに乗って自然と全国に行き渡りますので、
そういった意味では会社の規模は大きくは変わりません。

 

 

ただ大手は会社が潰れにくいので取引する際に
安心感があるのは間違いないです。

 

資金も潤沢ですので駅前や繁華街など目立った場所に
店舗を構えますので利用する時も便利です。

 

しかし大手企業の場合、人事異動がありますので次回対応
してもらおうと思っても担当者が変わっている可能性があります。

 

一人の担当者が抱えている案件は数が多いですので、
あなたの物件に関して正直どれだけ後任者に
上手く引継ぎが出来ているのか不明です。
そういったデメリットはあります。

 

大手企業の場合は全国を網羅していたりしますので
トータルで考えると莫大な情報量となりますが、
地域ごとで比較するとそうでもありません。

 

中小企業はその地域に特化した戦略を立てて
いますので特別不安になるという事はないと思います。

 

また地域に密着した不動産会社は物件そのもの以外に、
その地域の様々な情報を持っている事が多いのです。
その地域の物件が欲しいというお客様を
ピンポイントで見つけてくる事も得意です。

 

 

インターネットでいくら探しても見つからない
その地域の情報を抱え込んでいたりしますので、
上手く活用されるといいと思います。

 

大手にも地域密着型にもメリットとデメリットがあります。
あまり会社の規模に執着しない方がいいと思います。
それよりも売却を依頼したいのであればそれに関する
ノウハウを十分持っている人なのかどうかを確認してください。

 

営業担当者の専門を見極める

不動産会社(不動産屋)ならどこでも一緒と考えない方がいいです。
それぞれの会社において専門分野があるからです。

 

住宅の売買専門なのか、事業用の売買専門なのか、
賃貸物件専門なのか、駐車場専門なのか・・・

 

 

そこがどれを専門にやっているのか過去の実績を把握する必要があります。
仕事が欲しいからと、普段は賃貸専門にしかやっていない人が
「うちは売買もできます。任せてください!」といい加減な事を
言う人もいるかもしれませんが、任せてしまうとあなたが望む結果は
得られない可能性は高いです。基本的にどの分野も
専門的にできる担当者なんていないと思って下さい。

 

営業担当者の選び方

しっかりコミュニケーションが取れる。

メールを送っても何日経っても返信がないとか遅いのは問題です。
また、こちらの質問に対する回答でわからない事があれば
素直にわからないと伝える事ができ、後日お調べして回答
するようにしてくれるなど誠意ある対応ができるかどうかです。

自分との相性

こちらが言っている事が上手く伝わらない事が多いとか、
相手の話す内容でストレスに感じる事が多いなど
理由は様々ですが、自分には合わないと感じれば
高額な取り引きとなりますので慎重に考えてください。

提案力

単に買主を紹介するとかではなく、その物件のマイナス要因を
どのように解消すればより高値で売却していけるかなど、
提案していけるかどうかは大きいと思います。

見た目の印象

見た目の服装や清潔感で気になる箇所がたくさん
あるようでは、あなたは不快感を持つはずです。

 

髪の毛がボサボサでフケが目立っていたり、スーツがヨレヨレで
靴下がビロ〜ンとダルダルだったり、穴が開いていたり、
体臭や口臭をケアできていなかったりなどです。

 

 

そういった人と気持ちよく取り引きができるはずがありません。
どうしても気になるようでしたら思い切って
担当者もしくは会社を変えましょう。

宅地建物取引士の資格の有無

以前の名称では宅地建物取引主任者と呼ばれていた資格です。
今は「宅地建物取引士」となっております。

 

この資格は実は不動産会社の人間全員が
所有している訳ではありません。

 

5人に1人所有していればよいとった規定があります
ので営業マン全てが持っているわけではないのです。

必要以上に来店させる事にこだわる

お店までお客様が行く必要がなさそうな内容なのに、来店させる
事に必死過ぎるのは考え物です。不自然さを強く感じれば
別の会社を検討してみるのもいいかもしれません。

最低限の不動産に関する知識があるか?

質問した時に不動産に関して、よく使うような言葉でもわかって
くれなかったりする事が度々あれば信用に欠けると思います。

 

 

1つの物件についてメリットとデメリットをそれぞれ丁寧に
説明してくれる説得力のある人の方がいいでしょう。
いろいろ質問し信頼できそうか確認してみてください。

一緒に悩みを解決してくれそうな人か?

営業担当者からすれば悩みとも受け取れないような事でも
依頼された人にとっては意外と深刻な事はあると思います。

 

そういった時に簡単に「そんなに神経質に気にする必要は
ないですよ!まぁ大体こんなもんですよ」と軽く対応している
のであれば不安になると思います。あなたに対する
一生懸命さが伝わってくるか確認してみてください。

 

 

 

以上、不動産会社、営業担当者の選び方に関してでした。
いかがだったでしょうか。
不動産会社レベルというより担当者レベルで見た方がいいと思います。

 

わからなくて確認してみたい事は担当者に色々と質問を
してみると上記のような事が見えてくるかもしれませんよ。
よろしければ第二弾の方もご覧ください。
それでは売却活動の方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

不動産会社との媒介契約の種類とそれぞれの特徴
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅ポストに入る不動産の売却チラシで気を付ける事
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
売却する不動産の査定をしてもらう時に気を付ける事
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産売却時に必要な費用(仲介手数料・税金)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】自宅は売却する前にリフォームした方がいいのか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】自宅を売却中に内覧希望を受けた際にすべき準備
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産を売却する際に地域の価格相場は気になりますか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】自宅マンションの売却で苦労する物件に特徴はあるか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】自宅の売却で苦労する特殊な人間関係や環境とは?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方A
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方B
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】近所に知られず自宅を売却する事は可能なのか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】不動産会社の不正な囲い込み@(査定額・両手取引)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】不動産会社の不正な囲い込みA(対応・業界の変化)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】自宅の売却価格を下げる前にすべき事@(チラシ広告)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
【不動産】自宅の売却価格を下げる前にすべき事A(インターネットの活用)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高める@(接道距離・私道の許可)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるA(借地権と底地権・空き家対策)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるB(インスペクション・瑕疵保険)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるC(維持管理計画・土地調査)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるD(容積率・前面道路の幅員)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるE(傾斜制限・既存不適格・容積率)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるF(事前に揃えておく書類)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ