自宅の売却で一括査定サービスは便利だが評価方法は信用できるか?

売却する不動産の査定をしてもらう時に気を付ける事

売却する不動産の査定をしてもらう時に気を付ける事

 

 

こんにちは。
今回は不動産の査定に関してお話しさせていただきます。
売却したい不動産の査定依頼は不安ですよね。
それでは順番に見ていきましょう。

 

一括査定サービスを利用する際の注意点

インターネットなどで行える一括査定は大手不動産会社を含め、
効率良くいろんな会社から査定が受けられるサービスです。

 

注意したいのは不動産会社による査定価格というのは
その価格で確実に売れる価格ではないという事です。

 

ですから一括査定サービスは便利ではありますが、その中で
一番高い価格だったからと安易に飛びついてはいけないのです。

 

 

最終的に成約する価格というのは需要と供給のバランスが
ありますし、価格交渉も入ったりしますので不動産会社が
そこまで細かく価格を想定する事はできないのです。

 

大切なのは「査定額もっと何とかなりませんかね?」などと
不動産会社に粘って査定額を上げてもらう事ではありません。

 

その物件を「どのように売っていくのか」という売るための不動産会社
もしくは担当する営業マンの販売手法などの戦術が大切なのです。

 

 

ですから査定価格は一喜一憂するのではなく、
参考程度の価格とお考え下さい。

 

また一括査定のサービスに参加していない不動産会社も多いので
査定サービスを依頼した不動産会社だけで満足してしまうのも危険です。

 

不動産会社によっては売却を依頼されたいからといって無責任な
高い査定価格を出してくるところもあるので注意したいところです。

 

一括査定サービスが悪いのではなく、その中で一番高い査定価格を
出した会社が、その根拠をわかりやすく説明してくれるかどうかです。

 

あと営業マンに確認しておきたい点としては最終的にどこまで
価格を下げれば高い確率で売れそうかという点や、
チラシを使うのかインターネットでいろんなサイトに掲載して
くれるのかなど、どのように売っていく予定なのかという点は
しっかりと聞いておきましょう。

 

それと売っていく中で販売価格を下げなければならない事も
ありますが、その際にどういったタイミングで下げるのか
なども聞いておくとよいでしょう。

 

こちらが不安に思っている質問に対して
1つ1つ丁寧に説明してくれる営業担当者
なのかを見極める事が大切です。

 

 

査定価格出す評価方法の種類

査定価格を出す方法には次の3種類があります。
それぞれ見ていきましょう。

 

1)原価法

評価対象の不動産をもう一度建築すると
いくらぐらいコストがかかるのかまず計算します。
その後、経年劣化による価値の低下分を
減価補正する方法をいいます。
積算法とも呼ばれます。

 

2)収益還元法

家賃収入から経費を引いた還元利回りで物件価格を
割った計算式で投資用の物件に対して主に使われる方法です。
「直接還元法」と「DCF還元法」とがありますが
いずれも不動産の収益性に着目した評価方法です。

 

3)取引事例比較法

多くの人が売却時に依頼する査定方法です。
主に居住用としている不動産に利用されます。
売却したい不動産に条件が近い取引事例を
参考に査定価格を決めていく方法です。

 

この方法は沢山の事例がある物件であれば精度の高い査定が
できますが事例となる物件が過去に1つしかないなど件数が少ない場合、
その査定の精度はどうしても低くなってしまいます。
ですから事例はそれなりに多い事が条件です。

 

また事例となる物件がどれくらい前に成約したものなのか
という点も大切です。不動産市場は5年以上も前であれば
地域にもよりますが、ほとんど参考にならなかったりもするからです。

 

 

あと、売主の背景も大きく影響します。
どういった理由で売却したのかという事です。
売り急いでいた物件だったのであれば売却価格は相場よりも
低かった可能性がありますのであまり参考にはなりません。

 

取引事例比較法の種類

多くの方が利用する取引事例比較法には
机上査定と訪問査定の2種類があります。

 

1)机上査定

この査定方法は字の通り不動産会社の営業マンが
実際に家に訪問せずに査定額を出す方法です。
ざっくりとした価格でもいいので査定価格が
知りたい場合はこれでもいいと思います。

 

2)訪問査定

この査定方法は実際にあなたの家に営業マンが訪問し、
陽当たりは?眺望は?風通しは?
雨漏りの跡はないか?など確認します。

 

マンションであれば角部屋なのか?階数はどうか?
ベランダの広さは十分か?など室内の状況を細かく
見ていきますので当然、机上査定より細かい査定が
可能となります。ですから流れとしては机上査定の後に
訪問査定を頼むというケースで構わないと思います。

 

訪問査定を選んだ際に営業マンにしつこく売却を依頼される
のではないか?近所の人に売却を検討しているという事が
知られるのでは?という不安を持っている方は多いと思います。

 

もし不安があるのであれば事前に営業担当の方に
お話ししてみてはどうでしょうか。そこで不安が解消され
ないようでしたら訪問査定を止めましょう。
1点気を付けて欲しい事は査定額が出た際には必ず、
その根拠をきちんと教えてもらうようにして下さいね。

 

 

 

以上、不動産の査定に関してでした。
いかがだったでしょうか。
売却予定の不動産はあなたの大切な財産です。
本当に信頼できる人に依頼しましょう。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

不動産会社との媒介契約の種類とそれぞれの特徴
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅ポストに入る不動産の売却チラシで気を付ける事
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産売却時に必要な費用(仲介手数料・税金)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅は売却する前にリフォームした方がいいのか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅を売却中に内覧希望を受けた際にすべき準備
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産を売却する際に地域の価格相場は気になりますか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅マンションの売却で苦労する物件に特徴はあるか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅の売却で苦労する特殊な人間関係や環境とは?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
売却時の不動産会社・営業担当者の選び方@
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
売却時の不動産会社・営業担当者の選び方A
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
売却時の不動産会社・営業担当者の選び方B
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
近所に知られず自宅を売却する事は可能なのか?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産会社の不正な囲い込み@(査定額・両手取引)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産会社の不正な囲い込みA(対応・業界の変化)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅の売却価格を下げる前にすべき事@(チラシ広告)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
自宅の売却価格を下げる前にすべき事A(インターネットの活用)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高める@(接道距離・私道の許可)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるA(借地権と底地権・空き家対策)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるB(インスペクション・瑕疵保険)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるC(維持管理計画・土地調査)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるD(容積率・前面道路の幅員)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるE(傾斜制限・既存不適格・容積率)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。
不動産価値を高めるF(事前に揃えておく書類)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ