不動産売却で価格を下げる前に広告宣伝や物件の魅力のアピールに力を入れる。

不動産の売却に関する知識

不動産の売却に関する知識

 

 

こんにちは。
自宅など不動産を売却する事はとても大変な事です。
売却する際には基本的に不動産会社(不動産屋)と媒介契約を結びます。

 

媒介契約には3種類ありそれぞれのメリットとデメリットを自分の好みで
選択していく必要があります。このような契約をしておく事で自宅の売却に
関して広告宣伝を含めた営業活動を行ってくれるようになります。

 

またインターネットを利用した一括査定サービスで複数の不動産会社に
依頼をする事ができるのですがその際にも単純に一番査定金額が
高かった会社に依頼するという事ではリスクもあります。

 

 

他に不動産売却時に必要な費用というのも気になる所です。
不動産会社へ支払う仲介手数料の他には、印紙税、
登記費用(登録免許税、司法書士手数料)、
譲渡所得税などが必要になってきます。

 

また自宅を売却する前にリフォームした方がいいのかという疑問も
出てきますし、自宅を売却中に購入希望者から内覧希望を
受けた際にはどのような準備が必要になってくるのかという事も。

 

当然売りたい物件によっては不人気なものもあります。
ですがそのデメリットを打ち消せるだけの何か大きなメリットが
あったり、多くのお金をかけず何か工夫する事で不人気の
要素が緩和させる事も可能な場合もあります。
そういったテクニックは身につけておくべきです。

 

お任せする不動産会社やそこの営業担当者の
選び方にもテクニックがあります。どこの誰に任せる
かで売却までのスピードや価格も違ってきます。

 

 

また社会問題にもなった不動産会社による囲い込みの問題も
あります。やはり人間対人間ですので、どのようにすればそういった
不正をされずに済むかという事も考えていく必要があります。

 

多くの人は売却活動を開始しても長期化する事が多いので早く終わらせ
たいという心理が働き安易に価格をどんどん下げていってしまうのです。

 

しかし価格を下げるまでに絶対にやっておくべき事がいくつかあります。
それを行ってもどうにもならない場合だけ下げる事も検討してください。

 

また法律も知っておく事で不動産価値を一気に高める事も可能です。
ここでも何点かご紹介していますのでご参考までに。
詳細は下記に並んでいる記事をクリックしてくださいね♪


不動産の売却に関する知識記事一覧

不動産会社との契約の種類とメリットとデメリット

こんにちは。今回は不動産会社(不動産屋)との契約に関してです。不動産を売却する際に多くの人は不動産会社を利用する事になります。その際に媒介契約という契約書を締結する事になります。媒介契約というのは私の不動産をあなたの会社に依頼しますよという内容の契約の事です。この媒介契約には3種類あります。それぞれ...

≫続きを読む

 

自宅ポストに入る不動産の売却チラシで気を付ける事

こんにちは。今回は家の郵便ポストに投函されているいろんな不動産会社からのチラシに関してお話ししたいと思います。どうでしょうか、様々な不動産会社から大量にチラシが入っていてイライラしていませんか?全く必要がない人にとってはゴミレベルの存在でしょう。しかし興味がある人にとってみればガンガン投げ込まれると...

≫続きを読む

 

売却する不動産の査定をしてもらう時に気を付ける事

こんにちは。今回は不動産の査定に関してお話しさせていただきます。売却したい不動産の査定依頼は不安ですよね。それでは順番に見ていきましょう。一括査定サービスを利用する際の注意点インターネットなどで行える一括査定は大手不動産会社を含め、効率良くいろんな会社から査定が受けられるサービスです。注意したいのは...

≫続きを読む

 

不動産売却時に必要な費用(仲介手数料・税金)

こんにちは。今回は不動産売却時における必要な費用に関してお話しさせていただきます。購入時にはいろいろと諸費用がかかったので売却時にも似たような費用が発生するのではないかと思っている人は多いものです。しかし実際にはそれほどありません。支払額が大きいのは不動産会社への仲介手数料と税金関係です。それでは順...

≫続きを読む

 

【不動産】自宅は売却する前にリフォームした方がいいのか?

こんにちは。今回は不動産売却時におけるリフォームに関してお話しさせていただきます。売る前にリフォームをした方がいいのか、それともそのまま売却開始した方がいいのか迷われている方は多いかと思います。ハッキリと言える事は売却前にリフォームすると売れやすくはなるという事です。リフォームに300万円掛けたから...

≫続きを読む

 

【不動産】自宅を売却中に内覧希望を受けた際にすべき準備

こんにちは。今回は売却中の不動産に内覧希望者が出た場合、準備しておいた方がいい事をお話しさせていただきます。内覧希望者が購入を決める理由は何も交通利便性、買い物利便性、部屋数、築年数、学区・・だけではありません。実際に部屋の中をいろいろと見て回って各部屋全体の雰囲気を五感で感じ取って最終的に決定する...

≫続きを読む

 

不動産を売却する際に地域の価格相場は気になりますか?

こんにちは。今回は買主、売主それぞれの立場から不動産の相場に関して見ていきたいと思います。不動産を購入したい人は色んな条件で調べると思います。交通利便性、駅からの距離、買い物利便性、学区、治安・・・その中でも何といっても外せないのは価格ですよね。予算の心配をせずに不動産を購入できる人はほとんどいない...

≫続きを読む

 

【不動産】自宅マンションの売却で苦労する物件に特徴はあるか?

こんにちは。不動産には様々な状態や環境のものがあります。何も手を加えなくても購入希望者が殺到するような物件もあれば大きな訳アリがありなかなか購入希望者が現れない物件もあります。今回は売却が難しいとされる物件に共通する特徴を見ていきたいと思います。この条件がわかっていれば購入しないというのも選択肢の一...

≫続きを読む

 

【不動産】自宅の売却で苦労する特殊な人間関係や環境とは?

こんにちは。今回は前回に引き続き売れにくい物件の特徴の第二弾になります。それでは順番に見ていきましょう。日当りが良くない日当りを気にする方は非常に多いです。特にお子様がいるご家庭ではそれが顕著です。あなたは購入する際にこのように思った事はありませんか?「住むのは夫婦で共働きだから昼間はほとんど家にい...

≫続きを読む

 

【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方@

こんにちは。不動産を売却する際に仲介会社(不動産屋)を利用する事になると思うのですが数多くある中でどういった会社もしくは営業担当者がいいのか迷う方は多いと思います。それでは順番に見ていきましょう。大手がいいのか?地域密着型がいいのか?今は不動産会社と媒介契約を結ぶ事でレインズ(全国の不動産会社同士で...

≫続きを読む

 

【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方A

こんにちは。今回は前回に引き続き第二弾となります。不動産会社の選び方、営業担当者への効果的な質問の仕方、収益物件の売却を依頼する場合はどのように進めていけばいいのか、について順番に見ていきましょう。不動産会社を見極める会社の看板を過剰にアピールしてくる大手の不動産会社に依頼したけど最初に安心だけさせ...

≫続きを読む

 

【不動産】売却時の不動産会社・営業担当者の選び方B

こんにちは。今回は売却時の不動産会社・営業担当者の選び方の第三弾です。売主、買主ともに満足度が高くなる方法は必ずあるはずです。それでは順番に見ていきましょう。住宅履歴、瑕疵保険、ホームインスペクションなどへの対応力こういった項目は不動産の価値を上げる項目です。住宅履歴とは、いつ・誰が・どのように新築...

≫続きを読む

 

【不動産】近所に知られず自宅を売却する事は可能なのか?

こんにちは。自宅を売却したい。でも近所の人には知られたくないという人はいます。理由は様々です。新築でマンションを購入し自分の所の売却が第1号の場合、自宅がそのマンションの評価基準となってしまいます。それが嫌だといった人もいます。その他には近所に面倒くさい知り合いがいて噂になるのが嫌なのでなるべく情報...

≫続きを読む

 

【不動産】不動産会社の不正な囲い込み@(査定額・両手取引)

こんにちは。今回は「囲い込み」の問題に関してお話ししたいと思います。あなたが不動産を売買する際には不動産会社と媒介契約というものを結びます。成約した際には不動産会社に仲介手数料を支払います。上限で物件価格×3%+6万円+消費税です。その際に不動産会社が1つの物件に対し「売り手」、「買い手」どちらか一...

≫続きを読む

 

【不動産】不動産会社の不正な囲い込みA(対応・業界の変化)

こんにちは。不正な囲い込みの第二弾になります。前回Part1では両手取引を行いたいがために不正を行う不動産会社もあるという話をしましたが、どのようにして行うのかについて見ていきたいと思います。専属専任や専任媒介契約を行うと売却したい物件がレインズと呼ばれるデータベースで共有された情報交換システムに登...

≫続きを読む

 

【不動産】自宅の売却価格を下げる前にすべき事@(チラシ広告)

こんにちは。物件を売却中に内覧が全然なかったり、何件かあっても成約できなかったりして価格を下げるべきなのかどうか迷っている人は多いのではないでしょうか?価格はやるべき事を全てやっていてもダメなら下げなければなりません。そうではなく、やるべき事を大してやっていないのにすぐに価格を下げるというのは非常に...

≫続きを読む

 

【不動産】自宅の売却価格を下げる前にすべき事A(インターネットの活用)

こんにちは。価格を下げる前にすべき事、価格の下げ方のテクニックの第2弾です。それでは順番に見ていきましょう。価格を下げる前にすべきことインターネットを活用できているか?大手の不動産会社のホームページや大手ポータルサイトなどに物件がきちんと掲載されているか確認してみて下さい。販売図面をレインズに登録一...

≫続きを読む

 

不動産価値を高める@(接道距離・私道の許可)

こんにちは。自宅など不動産を売却する際に少しでも高く売却したいと考えるのが一般的だと思います。一戸建て住宅などで土地を売却する際などに少し工夫し利用価値を高める方法をご紹介したいと思います。建物は資金さえあればどこにでも自由に自分のお気に入りのデザインの建物を建設できる訳ではありません。建築物の周囲...

≫続きを読む

 

不動産価値を高めるA(借地権と底地権・空き家対策)

こんにちは。不動産価値を高めるテーマでの第二弾です。今回は借地権と底地権、空き家対策に関してです。それでは順番に見ていきましょう。借地権・底地権一般に不動産を購入する際、所有権のある物件を探すと思います。日本では所有する事にこだわる人が多いからです。所有権のない物件には借地権のものがあります。土地は...

≫続きを読む

 

不動産価値を高めるB(インスペクション・瑕疵保険)

こんにちは。不動産価値を高める第3弾です。住宅を購入して築年数が10年、20年と経過してくると建物の劣化が気になってくると思います。建物の価値を高め、証明しておくことが大切です。売却をするまでにしておくべき事はいろいろとあります。それにより売却価格に大きく影響を与えます。どのようなメンテナンスを行え...

≫続きを読む

 

不動産価値を高めるC(維持管理計画・土地調査)

こんにちは。不動産価値を高める方法の第4弾です。対策できることはいろいろとあります。引き続き順番に見ていきましょう。維持管理計画定期的にメンテナンスが行われているかどうかは大切です。マンションでは長期修繕計画を立てて毎月、区分所有者から修繕積立金を徴収し積み立てています。一戸建ての場合は所有者自らが...

≫続きを読む

 

不動産価値を高めるD(容積率・前面道路の幅員)

こんにちは。不動産価値を高める第5弾です。今回は容積率の引き上げ方についてです。不動産価値を高める上で非常に重要な手法です。それでは順番に見ていきましょう。容積率の定義と資産価値に与える影響容積率というものをご存知でしょうか。その土地に建設できる建物の延べ床面積を定めたものです。延べ床面積というのは...

≫続きを読む

 

不動産価値を高めるE(傾斜制限・既存不適格・容積率)

こんにちは。不動産価値を高める第6弾です。今回も引き続き容積率を高める方法です。それでは見ていきましょう。傾斜制限傾斜制限というものをご存知でしょうか。日当たり、風通し、安全性などにおいて周囲への配慮するために建物の高さが制限されたりするなど建築規制上のルールの事です。斜線制限には北側斜線制限、道路...

≫続きを読む

 

不動産価値を高めるF(事前に揃えておく書類)

こんにちは。不動産価値を高める第7弾です。不動産価値を高めるためには必要なものを事前に揃えて準備しておくという事も非常に重要です。それが揃っていなかったばっかりに価格が大幅に抑えられてしまう事もあります。どのようなものを揃える必要があるのでしょうか。順番に見ていきましょう。ドラマや映画などで家の金庫...

≫続きを読む

 
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ