キッチンの種類(I型・L型・U型・アイランド)と家事動線

【不動産】キッチンのタイプ別でのメリットとデメリット

【不動産】キッチンのタイプ別でのメリットとデメリット

 

 

こんにちは。
今回はキッチンに関してお話させていただきます。
普段キッチンで不自由なくお料理できていますか?

 

現在キッチンは様々な形状のものがあります。
付帯している設備もかなり進化しています。
こういった環境であれば作業効率は大幅に上がります。
それでは順番に見ていきましょう。

 

キッチンの形状

キッチンには様々な形状があります。
思わぬ落とし穴がありますのでオシャレかどうかだけでなく
作業性もリアルにイメージして選ぶようにして下さいね。

 

I型キッチン

キッチンのカウンターは流し台、調理スペース、
コンロの3点セットで構成されています。
形状が変わると、この3点の配置が変わってきます。

 

これら3点が一直線に並んでいるのがI型です。
このタイプは正面上部や背面に収納スペースがあり、
作業効率を優先させたタイプになります。
リビングとは独立したタイプです。

 

このタイプは食器棚や冷蔵庫を置くスペースが取りやすく
合理的なので専有面積が広くないタイプに特にオススメです。
使いやすさという点で言えばI型が一番といえます。

 

L型(対面型)キッチン

流し台とコンロの間に調理スペースがあるタイプです。
最短で移動できるという作業効率がありながら、流し台から
リビングが見えますので洗い物をしながらコミュニケーションも取れ
人気があります。こういったキッチンに憧れる方も多いと思います。

 

 

しかしメリットばかりではありません。
どうしてもコーナー部分にデッドスペースができてしまいます。
このタイプは壁面が少なくなるので食器棚や冷蔵庫を置くスペースに
余裕がなければこういった形状は採用しない方が無難だと思います。

 

他には対面型ですと向かい側の床などに調理した際の
油などが跳ねてしまうといった事があります。
汚れる範囲が広がってしまうデメリットがあります。

 

U(コの字)型キッチン

この形状はキッチンのスペースとリビングが続いた広い
スペース向けのキッチンです。効率良く作業ができます。
ただしL型と同様にデッドスペースがあります。
しかもL型の2倍デッドスペースが増えるようになります。

 

アイランドキッチン

キッチンがリビングスペースの中に配置されているタイプです。
島のようにキッチンが配置されていますので動線が複数確保されています。
パーティーの際など複数人で作業する際には活躍が期待できます。

 

 

 

 

以上、キッチンで確認しておきたい所の第1弾でした。
キッチンのタイプ別はいかがだったでしょうか。

 

完全に個室になって独立したタイプですとキッチンの中が
まだ片付いていない時でも戸を閉めてしまえば問題ありません。
キッチンの中に窓があれば自然の採光や換気も
できるので、より居心地の良い空間になります。

 

リビングと一体化しているようなタイプであれば、
リビングにいる人とのコミュニケーションも取りやすく、
明るく開放的な印象ですが調理でのニオイが周囲に
流れていったりキッチンの中が丸見えなので
少し雑然とした印象を与えてしまいます。

 

他にはキッチンへの入口を2ヵ所設けた2WAYタイプがあります。
洗面室に設置している洗濯機に短い動線でスムーズに
移動できるので同時に家事がこなせ評価が高い設計です。

 

 

 

しかしこれにもデメリットはあり、出入口が増えるという事は
壁面が減るという事です。つまり収納棚などを
置けるスペースが減ってしまうという事です。

 

他にキッチンの横にドアがありバルコニーに出られるタイプもあります。
同様に壁面は減ってしまいますが採光や換気の面では嬉しい要素です。
ベランダへのゴミ出しの際にも便利だと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産】キッチンの作業スペースや家具や家電のスペースは十分か?
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。 購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ