部屋のエアコンの効きが悪いのは断熱材の影響。ヒートアイランド現象。

【不動産】断熱性能@(断熱材の厚み・内断熱を採用する理由)

【不動産】断熱性能@(断熱材の厚み・内断熱を採用する理由)

 

 

こんにちは。
今回は断熱性能に関してです。
真夏や真冬に建物の中にいて外気の影響を受け、
過ごしにくかった経験はありませんか?
それはきっと断熱性能が原因かもしれませんよ。

 

いくら性能の良いエアコンを使っても中々快適な温度に
ならない場合には断熱性能を疑った方がいいかもしれません。
断熱性能に影響がある項目を記載しています。
それでは順番に見ていきましょう。

 

断熱材の厚み

断熱工法は様々ですが断熱性能を大きく左右させる
大きな要素として断熱材の厚みがあります。
この厚みが適切かどうかがポイントになります。
全国で気候も違いますので地域によって断熱基準は異なります。

 

最上階や1階部分は外気に触れる部分も多くなりますので
それだけ手厚く断熱材が施される事になります。

 

ただし1階でも下が直接土となっている場合ですが、
土の温度は年中通して比較的安定しているので安心できます。

 

床下に駐車場など空洞部分があり直接外気と接する面積が広い
部屋の場合は必要最低限の断熱材では不十分といえます。

 

最上階は真夏に強烈な直射日光を浴びるので部屋が
暑くなってしまうという印象を持っている人は多いと思います。

 

しかし最上階は昔と違って屋根部分には外断熱仕様と
なっており厚みも、ぶ厚めに施し対応されています。
いまだに屋根部分を内断熱にしている業者は論外です。

 

やはり屋上部分は長年問題になっていたからでしょう。
今では屋上を緑化している建物もたくさんあります。
断熱性能は断熱材の厚みが大きな要素ですので
気になる方はまずはこの点を確認してみてくださいね。

 

 

外断熱

真夏や真冬に外気の影響をできるだけ小さくするために
あらゆる建物に断熱材が利用されています。

 

外気からの影響もそうですが室内のエアコンでせっかく調整しても
断熱性能が低ければエネルギーロスが大きくなります。
住み心地にとても大きな影響を与えます。

 

壁の内側に断熱材を設置する内断熱と外側に設置する外断熱が
ありますが日本の建築物は内断熱が主流です。

 

内断熱の場合、断熱補強されているかどうかも大きな
ポイントになってきますので確認する事が大切です。

 

マンションはコンクリートで造られています。
コンクリートは冷気や熱気など熱エネルギーを溜め込みやすい材質です。

 

 

その結果昼間に溜め込んだ熱を夜、外気が下がった時に放熱するのです。
これがよく耳にするヒートアイランド現象です。
夜になっても気温が下がらない現象です。

 

その点、外断熱ですとコンクリートが直接、外気に
触れないようになっているのでコンクリートの温度は
比較的安定しやすいので室内の温度調整もスムーズ
となり省エネにも貢献してくれるという事になります。
さらに外断熱ですと結露も防いでくれるという優れものです。

 

こういった話を聞けば内断熱が主流の日本はなぜ海外のように
外断熱に変えないの?と思う人は多いと思います。

 

外断熱は建物全体を覆うようにしないと大きな効果が
得られないのです。一部だけ外断熱を採用しても建物全体が
断熱材で包まれていない状態では外断熱のメリットを十分に
得られないのです。建物に利用するには何かと問題も多いのです。

 

窓などの開口部を壁と同じように覆う事はできません。
日本は地震が多い国ですから外側に断熱材を設置するのが困難です。

 

 

それに窓を大きく取っている
住戸が多く、建築基準法上の避難経路としても
2方向用意する必要がありますので、ベランダは居室の
窓から外へ突き出した形状になってしまいます。

 

こういった形状では外断熱は難しいのです。
ですから日本の住宅では屋上は外断熱で、外壁は内断熱を
採用するのが主流になったのです。

 

 

 

 

 

以上、断熱性能の第1弾でした。
いかがだったでしょうか。
次回は引き続き断熱性能をお話していきます。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

【不動産】断熱性能A(窓のサッシ・効果的な材質・施工方法)
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。 初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ