住宅の断熱性能は断熱材の厚みと折り返し部分に影響を受ける。

【不動産】住宅によって断熱性能で大きな差が出る原因と対策

【不動産】住宅によって断熱性能で大きな差が出る原因と対策

 

 

こんにちは。
真夏や真冬に外気の影響をできるだけ小さくするために
あらゆる建物に断熱材が利用されています。
断熱工法は様々ですが断熱性能を大きく左右させる
大きな要素として断熱材の厚みがあります。

 

この厚みが適切かどうかがポイントになります。
全国で気候も違いますので地域によって断熱基準は異なります。
最上階や1階部分は外気に触れる部分も多くなりますので
それだけ手厚く断熱材が施される事になります。

 

また、壁の内側に断熱材を設置する内断熱と外側に設置する
「外断熱」がありますが日本の建築物は「内断熱」が主流です。
その理由も記事本編の方で説明しております。

 

他に「折り返し」という技術もあります。
断熱材もただ施工するだけではなく、直角に曲がる
壁と壁の間や壁と床の間などに折り返し部分をどれだけ
長く取り、厚くしているかで断熱性能が大きく変わってくるのです。

 

熱伝導率の高低は次の通りになります。
アルミ>コンクリート>ガラス>ALC>木>断熱材
アルミが一番外気の影響を受けやすいという事です。

 

コンクリートはアルミの次に熱伝導率が高い事がわかります。
マンションはコンクリートで覆われていますので
真夏の暑い日に日差しから強い影響を受けるのがわかります。

 

 

また窓のガラスやサッシのグレードでも変わってきます。
材質の断熱性能の高低は下記のようになります。
木 > 樹脂 > アルミ
つまり一般的なアルミサッシは断熱性能が低いという事がわかります。

 

その他にヒートブリッジ(熱橋)という断熱性能が低いため熱の
出入りがしやすくなっている部分についても説明しています。
詳細は下記に並んでいる記事をクリックしてくださいね♪


【不動産】住宅によって断熱性能で大きな差が出る原因と対策記事一覧

【不動産】断熱性能@(断熱材の厚み・内断熱を採用する理由)

こんにちは。今回は断熱性能に関してです。真夏や真冬に建物の中にいて外気の影響を受け、過ごしにくかった経験はありませんか?それはきっと断熱性能が原因かもしれませんよ。いくら性能の良いエアコンを使っても中々快適な温度にならない場合には断熱性能を疑った方がいいかもしれません。断熱性能に影響がある項目を記載...

≫続きを読む

 

【不動産】断熱性能A(窓のサッシ・効果的な材質・施工方法)

こんにちは。今回は断熱性能の第2弾となります。前回の断熱材の厚みや外断熱に関して、理解を深める事はできたでしょうか。今回もわかりやすくお話させていただきます。それでは順番に見ていきましょう。折り返し熱伝導という言葉をご存知でしょうか。熱気や冷気の伝えやすさの事です。熱伝導率が高ければそれだけ外気の影...

≫続きを読む

 
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ