住宅のパントリーやリネン庫があると綺麗に整理整頓して収納でき便利。

【不動産】住宅設備I(キッチンのパントリー、洗面所のリネン庫)

【不動産】住宅設備I(キッチンのパントリー、洗面所のリネン庫)

 

 

こんにちは。
専有部分の設備の第10弾です。
今回はパントリーとリネン庫に
関してお話しさせていただきます。
収納スペースとして大変便利な設備です。
それでは順番に見ていきましょう。

 

パントリー

パントリーという言葉を聞いた事がありますか?
あまり聞き慣れない言葉だと思います。
食品や食器などを置くための収納庫のことをいいます。

 

主にキッチンの近くに作られ奥行きの浅い収納庫です。
棚を細かく設置するなどして一目でどういった物のストックがあるか
見渡せるタイプのものが多く、キッチン周りの物を置くのに便利です。

 

これってマンションに設置されている事は少ないですが
あれば非常に便利なものなんです。
食材や消耗品のストックって置き場に困りますよね。
いつの間にか色んな部屋に侵入しスペースを奪ってたりします。

 

例えばドリンクだけで挙げてみますと、こんな物があります。
ペットボトルに入った2Lのお茶が数本、スポーツ飲料数本、
箱に入った缶ビール、一升瓶の日本酒数本、ワイン数本・・・
夏場などは特に消費量が多いので大量に
まとめ買いする人も多いと思います。
これだけでもかなりのスペースを奪われるはずです。

 

他には食材としては、お米、缶詰、味噌、調味料、お菓子、
カップ麺、いただき物の箱に入った野菜や果物、非常食・・・

 


 

その他の物では、ラップ類、スポンジ、弁当箱、料理本、
様々な調理器具、薬、普段は使わない行事用の食器類、
サラダ油、キッチンペーパー、土鍋、ホットプレート、災害用のセット・・・

 


 

こうやって見ると色々ありますよね。
パントリーがない多くの方は棚を購入して
備え付けたりしている訳です。

 

パントリーを作ろうとすればある程度広さに余裕がないと
どこかのスペースを犠牲にしなければなりません。
そういった事からも優先順位的に多くのマンションでは
あえて作っていない物件が多いのだと思います。

 

パントリーは扉さえ閉めてしまえばキッチン周りはスッキリ見えます。
それに外に出しっぱなしではないので掃除も楽です。
マンションですと無い所が多いので憧れのスペースです。
色んな物件に足を運んで、ぜひパントリーを見学してみて下さい。

 

 

 

リネン庫

リネン庫というものをご存知でしょうか。
洗面所にある収納庫の事でタオルなどをしまっておくスペースです。

 

 

扉のあるタイプとないタイプがあります。
リネン庫のリネンとは麻布の事を意味しています。
昔の家で使われる布といえば麻が多かったからです。

 

このリネン庫ですが昔に比べ収納スペースは増えているのです。
その理由は色んなものを収納するようになったからです。

 

多くの方がどういったものを収納しているかと言いますと
例えば下着、パジャマ、バスローブ、化粧品、洗剤、
入浴剤、髭剃り、コンタクトレンズ用品、シャンプーや
ボディーソープやハンドソープなどのストック、掃除道具、
歯ブラシや歯磨き粉のストック、ドライヤー・・・

 

 


 

洗面所や浴室に窓がない家も多いです。
しかし最近建築された家では24時間換気が義務付けられているので
湿気の多い場所であっても、それ程心配する必要はなさそうです。

 

洗面所という場所も意外と収納しておきたい物が多いものです。
今は新たに棚を購入して設置しなくてもよくなり便利ですね。
住宅環境は少しずつですが本当に良くなってきています。
これからも更なる改善を期待したいところですね。

 

 

 

 

以上、パントリーとリネン庫に関してでした。
いかがだったでしょうか。

 

こういった収納スペースというものは多くの方は途中で
足りなくなってきます。住む人の人数やスタイルに
よりますので何とも言えませんが収納を増やすのも
いいですが同時に不要な物を減らす工夫が大切ですよね。

 

整理整頓する習慣をつけずに単に物が多くなったから
広い家に引っ越そうと考えると、一般的にもっと
生理整頓が出来なくなると言われています。

 

「いつか使うかもしれないから」という「いつか」はずっとやって
来ないと思って、思い切って捨てる勇気を持ちたいものですよね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

住宅設備@(カメラ付きインターホン)
住宅に設置されている最近のカメラ付きインターホンは進化しています。画面もカラー液晶モニターでしかも薄型です。機能も充実しており防犯や防災にも対応しております。宅配ボックスの着荷が表示されるものもあります。
住宅設備A(トランクルーム、プッシュプルハンドル)
住宅のトランクルームは折りたたみ式台車、空気入れ、ゴルフバッグ、工具、掃除用具、防災グッズなどを収納でき便利です。また玄関ドアがプッシュプルハンドルであれば女性や子供、お年寄りの力でも簡単に開閉できます。
住宅設備B(下駄箱、ドアストッパー)
住宅の下駄箱は家族で住んでいるとスペースが足りなくなっていきます。靴を置くスペースもそうですがブーツを置けるちょうどいい高さの場所もなかったりします。人数分以上の本数になってしまう傘も収納で悩みます。
住宅設備C(クローゼット、床下収納)
住宅の収納って大切ですよね。多くの人はスペースが足りないと思っているのではないでしょうか?収納スペースと言ってもウォークインクローゼット、押し入れ、床下収納と様々ですがタイプによって収納率が異なります。
住宅設備D(ブロードバンド環境、マルチメディアコンセント)
今はインターネットを利用する事が一般的になってきているので部屋を探す時にブロードバンド環境は欠かせません。またインターネット利用や電化製品が増えた事でマルチメディアコンセントもあればかなり便利です。
住宅設備E(複層ガラス・Low-E複層ガラス)
住宅の窓は複層ガラスやLow-E複層ガラスが採用されかなり進化しました。一昔前の窓ガラスは冬になると結露が凄くカビが発生。真夏や真冬に外気の影響も強く受けていたのでエアコンの冷暖房効率も良くありませんでした。
住宅設備F(床暖房の原理・メリットとデメリット)
住宅の床暖房は運転音が静かで空気も綺麗です。コタツやカーペットのように床に何かを設置する訳でもないので掃除も楽です。安くなったとはいえ設置費用の高さと既にエアコンがあるので設置する必要性で悩む人は多い。
住宅設備G(IHクッキングヒーターの原理とメリット)
IHクッキングヒーターは火力が弱いイメージがありますが実際は立ち上がりも早く非常に高火力です。表面がフラットなので掃除が楽ですし火を使いませんので安全で、夏場もキッチンが暑くなりにくく快適に過ごせます。
住宅設備H(IHクッキングヒーターのデメリット)
IHクッキングヒーターは便利ですがデメリットも色々とあります。例えば製品にもよりますが使用出来る鍋の材質に制限があったり、同時使用による最大火力が制限され3口同時使用が難しい事も。また停電時も困ります。
住宅設備J(カーテンボックスのメリットと注意点)
カーテンボックスはインテリア性を高めます。カーテンレールってオシャレとは言いがたいですよね?ムキ出しだと安っぽく見えると思う人は多いです。 カーテンボックスがあると冷暖房効率が上がり遮光性が高まります。
住宅設備K(防犯センサー・ルーバー面格子)
住宅の防犯設備や安全設備は非常に大切です。これを軽視する人は時々いますが被害に遭っている人は毎年かなりの数います。代表的な防犯センサーやルーバー面格子、指づめ防止ストッパーをご紹介しております。

ホーム RSS購読 サイトマップ