IHクッキングヒーターは火を使わないので安全で夏も涼しく快適。

【不動産】住宅設備G(IHクッキングヒーターの原理とメリット)

【不動産】住宅設備G(IHクッキングヒーターの原理とメリット)

 

 

 

こんにちは。
専有部分の設備の第8弾です。
今回はIHクッキングヒーターの原理と
メリットに関してお話しさせていただきます。

 

オール電化の普及にともなって導入が目立ってきた製品です。
数年前までは高額だったので贅沢品というイメージが
ありましたが最近ではお手頃価格のものが多数出回る
ようになり、だんだんと身近な存在となってきました。

 

IHクッキングヒーターの原理

まずはIHクッキングヒーターの原理に関して簡単にご説明いたします。
IHクッキングヒーターのIHとは、Induction Heating(誘導加熱)の
頭文字をとった呼称で、火を使わず電力で調理が可能な機器です。

 

電気と磁力によって熱を発生させて、その熱で鍋自体を
加熱することができます。IHクッキングヒーターは電磁波を
使って直接鍋を発熱させる事が出来るので本体を
熱くさせずに鍋を温める事が出来るのです。

 

なぜそのような事が可能なのかといいますと、IHクッキングヒーター
の中には渦巻き状のコイルが設置されており、そこに高周波の電流を
流す事で電磁誘導の法則によりコイル周辺に磁力線が発生します。

 

その磁力線が鍋底を通過する時に鍋の内部に無数の渦電流を発生させます。
その渦電流が流れる時に鍋底の電気抵抗で熱が発生します。
(電気抵抗が発生すると電気が熱に変化するからです)
この発生した熱で鍋自体が温まるので調理できるという仕組みなんです。

 

 

 

それではまずはメリットに関して見ていきましょう。

 

メリット

1)掃除がしやすい

IHクッキングヒーターはガスコンロとは違い表面がフラットな形状
なので何かこぼれても拭き掃除がしやすいという点があります。
ガスコンロのように取り外して洗ったりする必要がありません。

 

また調理後に高温になりにくいので掃除をする時に誤って触れて
火傷をしてしまうという心配も少ないのです。掃除が楽だと
面倒臭さがないので清潔な状態を保てる可能性も高まります。

 

 

2)安全

IHクッキングヒーターでは火を使わず鍋自体を
発熱させるので、火災になる心配がありません。
お年寄りや子供、ペットがいる家庭だと、どうしても留守中の
キッチン周りが心配になったりしますが炎が出ないので安心です。

 

またコンロから鍋を外すと加熱がストップしますので
消し忘れを心配をする必要もありません。
当然外出時の元栓の閉め忘れという心配もありません。

 

火をいっさい使いませんので調理中に着衣に誤って
着火してしまう恐れもありませんし、周辺に料理本や
メモ用紙などの紙類を置いていても心配はありません。

 

ガスと違い火が見えないので加熱しているかわかりにくくて
危険なのではという気持ちがあるかもしれませんが
トッププレート部分に発熱ランプが表示されていますし、温度や
火力の強さを示す表示類もありますので心配ないです。

 

また誤操作の対策としてもトッププレート部分に鍋などが
置かれていないと発熱しないようになっていますし、
チャイルドロック機能などもありますので
安全対策は充実しているといえます。

 

 

3)夏場キッチンが不快な湿温になりにくい

キッチンを含めたリビングやダイニングの部屋を快適にするために夏場は
エアコンなどを運転させていると思います。ガスコンロで火を使うと余熱や
水蒸気により室温も湿度も高まりどんどん不快な環境になります。

 

しかしIHクッキングヒーターは火を使いませんので
夏でも涼しく快適に料理をする事が出来るのです。
快適なだけでなく冷房効率も上がり光熱費も抑える事が出来ます。

 

 

4)作業スペースが広がる

形状がフラットですので使用していない時は物を置いたり
する事にも使えますので作業スペースも広がります。

 

5)ハイパワーである

IHクッキングヒーターは火力が弱いといったイメージが
ありますが、実際は立ち上がりも早く非常に高火力なんです。
200V電源を使用しますので強い火力が必要な
中華料理などにも適しているのです。

 

10段階ほどの温度調整が可能ですので強火だけでなく
ガスコンロでは立ち消えしてしまいそうな煮込み物などの、
とろ火料理にも問題なく対応してくれます。

 

お湯を沸かすとガスに比べ半分くらいの時間で済んだりする
事もありますので光熱費や時間の節約にもなります。

 

6)扱いが簡単

火力自動調節機能やタイマー機能などが備わっていますので
揚げ物や一定の温度で煮る煮物などは楽に行う事が出来ます。

 

ガスですと温度を管理するのが大変ですが温度管理機能の付いている
IHクッキングヒーターですと安心確実で美味しく仕上がります。

 

グリルもひっくり返す必要がなく簡単に美味しく焼き上げる事が出来ます。
火加減がデジタルで分かりやすいというのは嬉しいですね。

 

また天板部分ですがガラスのような素材ですので
使用している時に重量物をぶつけてしまい割って
しまったりするのではないかと思う人もいるでしょう。

 

しかし耐衝撃性に優れていますので少々の事では
ヒビが入ったりする事はありません。
非常によく考えられた扱いやすい製品です。

 

7)室内が汚れにくい

火を使うと上昇気流が発生します。
これにより料理器具の中の物が換気扇だけでなく広範囲に
渡り壁や床などに飛び散り汚してしまいます。

 

また火を使うと二酸化炭素や水蒸気も発生させますので
結露しやすくなり、カビの発生も起こりやすくなりがちですが
そういった事を緩和する事が可能になります。

 

 

 

 

以上、IHクッキングヒーターの原理とメリットでした。
いかがだったでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

住宅設備@(カメラ付きインターホン)
住宅に設置されている最近のカメラ付きインターホンは進化しています。画面もカラー液晶モニターでしかも薄型です。機能も充実しており防犯や防災にも対応しております。宅配ボックスの着荷が表示されるものもあります。
住宅設備A(トランクルーム、プッシュプルハンドル)
住宅のトランクルームは折りたたみ式台車、空気入れ、ゴルフバッグ、工具、掃除用具、防災グッズなどを収納でき便利です。また玄関ドアがプッシュプルハンドルであれば女性や子供、お年寄りの力でも簡単に開閉できます。
住宅設備B(下駄箱、ドアストッパー)
住宅の下駄箱は家族で住んでいるとスペースが足りなくなっていきます。靴を置くスペースもそうですがブーツを置けるちょうどいい高さの場所もなかったりします。人数分以上の本数になってしまう傘も収納で悩みます。
住宅設備C(クローゼット、床下収納)
住宅の収納って大切ですよね。多くの人はスペースが足りないと思っているのではないでしょうか?収納スペースと言ってもウォークインクローゼット、押し入れ、床下収納と様々ですがタイプによって収納率が異なります。
住宅設備D(ブロードバンド環境、マルチメディアコンセント)
今はインターネットを利用する事が一般的になってきているので部屋を探す時にブロードバンド環境は欠かせません。またインターネット利用や電化製品が増えた事でマルチメディアコンセントもあればかなり便利です。
住宅設備E(複層ガラス・Low-E複層ガラス)
住宅の窓は複層ガラスやLow-E複層ガラスが採用されかなり進化しました。一昔前の窓ガラスは冬になると結露が凄くカビが発生。真夏や真冬に外気の影響も強く受けていたのでエアコンの冷暖房効率も良くありませんでした。
住宅設備F(床暖房の原理・メリットとデメリット)
住宅の床暖房は運転音が静かで空気も綺麗です。コタツやカーペットのように床に何かを設置する訳でもないので掃除も楽です。安くなったとはいえ設置費用の高さと既にエアコンがあるので設置する必要性で悩む人は多い。
住宅設備H(IHクッキングヒーターのデメリット)
IHクッキングヒーターは便利ですがデメリットも色々とあります。例えば製品にもよりますが使用出来る鍋の材質に制限があったり、同時使用による最大火力が制限され3口同時使用が難しい事も。また停電時も困ります。
住宅設備I(キッチンのパントリー、洗面所のリネン庫)
住宅にある設備で食品や食器などを置く収納庫であるパントリーは便利です。ペットボトルに入った数本の2Lのドリンクやビールケースなどをストックできます。同様に洗面所にあるリネン庫も収納で便利です。
住宅設備J(カーテンボックスのメリットと注意点)
カーテンボックスはインテリア性を高めます。カーテンレールってオシャレとは言いがたいですよね?ムキ出しだと安っぽく見えると思う人は多いです。 カーテンボックスがあると冷暖房効率が上がり遮光性が高まります。
住宅設備K(防犯センサー・ルーバー面格子)
住宅の防犯設備や安全設備は非常に大切です。これを軽視する人は時々いますが被害に遭っている人は毎年かなりの数います。代表的な防犯センサーやルーバー面格子、指づめ防止ストッパーをご紹介しております。

ホーム RSS購読 サイトマップ