複層ガラスやLow-E 複層ガラスで結露がなくなり冷暖房効率も上がり快適に。

【不動産】住宅設備E(複層ガラス・Low-E複層ガラス)

【不動産】住宅設備E(複層ガラス・Low-E複層ガラス)

 

 

 

こんにちは。
専有部分の設備の第6弾です。
今回は窓ガラスに関してお話しさせていただきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

部屋の中で一年中快適に過ごすには窓、屋根、外壁、床などが
外気から受ける影響を出来るだけ緩和する必要があります。
快適に過ごせるだけでなくエネルギー効率も良くなりますので
財布にも地球にも優しくなります。

 

 

今回は窓に注目して話を進めていきたいと思います。
真夏の強い日差しで部屋の中が高温になりエアコンを運転しても
なかなか快適な温度にならないという経験はありませんか?
特に真夏の午前中の東側と夕方の西側の部屋は強烈ですよね。

 

 

こういった部屋ですと通常はカーテンやブラインドで部屋の
温度上昇を抑えますがやはり冷房効率が悪いです。

 

24時間換気がない部屋で窓を閉め切った状態で外出し
夜帰って来ると部屋の中がモワァ〜ンとしています。
セキュリティの事を考えると窓を開けっぱなしにして
外出する事も出来ませんからね。

 

 

冬場に関しましても窓付近は冷気を感じます。
結露も起こりやすくカーテンが湿った状態が長時間続き
カビが発生しやすい環境となります。

 

 

このような状態を何とか出来ないかと多くの方が感じていました。
窓も長い年月をかけ進化してきました。
そこで誕生したのが複層ガラスです。

 

一昔前の住宅はオプションにしている所が多かったのですが
最近では標準仕様にしている所が随分と増えてきました。
大変人気のある設備です。

 

 

複層ガラスとは2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を封入したもので
空気を間に挟む事により断熱性が高くなったガラスの事です。
外からの冷気の進入を防ぎ、また室内の快適な空気も
出て行きにくいので室内の温度も保ちやすくなります。

 

 

冷暖房使用時に影響を受けるのは窓やドアが大半です。
効率良く冷暖房を使用するためには窓の対策が重要となります。

 

 

またガラス表面で室外と室内の温度差のある空気が直接
触れ合う事がないので結露を防止する事ができカビの発生を抑えます。
2重にガラスを使用している事もあって防音や防犯の効果もあります。

 

 

このように高い省エネ性を発揮する複層ガラスですが、その中でも
遮熱と断熱の機能を発揮するLow-E 複層ガラスがオススメです。

 

 

Low-E(ロー・イー)とはLow Emissivity(ロー・エミシビティー)
の略で、赤外線からの熱エネルギーを吸収し再放射する
率(Emissivity)が低い(Low)『低放射』という意味です。

 

Low-E複層ガラスとは特殊金属膜をコーティングした
低放射ガラスを使った複層ガラスの事です。

 

 

この特殊金属膜によって光や熱を選択して透過・反射
する事で熱を通しにくくし断熱性と遮熱性を効率的に
コントロールする事が出来ます。

 

また乾燥剤(吸湿剤)は製造時に発生する中空層内の
水分や中空層内に浸入してくる水分を吸着し中空層内を
乾燥状態に保つ役割を果たしてくれます。

 

 

Low-E複層ガラスは人体に有害な紫外線もカット出来ますので
部屋の中にいる人や家具、カーテンなどへの日焼けも抑える事が出来ます。

 

 

多くの方は窓が大きく日当たりの良い明るい部屋がいいと言います。
しかし部屋に直接入ってくる日差しを遮るためにレースカーテンを
したのではやはり窓からの眺めが消えてしまうので部屋が狭く感じます。
室内の明るさはそのままでこういった対策が出来るのは嬉しいですね。

 

 

 

 

 

以上、窓ガラスに関してでした。
いかがだったでしょうか。
部屋の中で快適に過ごすために高い省エネ性を発揮する窓ガラスを
活用する事が大切である事は、おわかり頂けたかと思います。

 

しかし窓ガラスだけに頼るのではなく、効率の良いエアコンを
設置したり、奥行きのある庇が設置された住宅を選択したり
する事で部屋の快適さが違ってきます。

 

部屋の中で1年を通して家族みんなが快適に
過ごせる事はとても重要です。こういった形で
健康に投資してみてはいかがでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

住宅設備@(カメラ付きインターホン)
住宅に設置されている最近のカメラ付きインターホンは進化しています。画面もカラー液晶モニターでしかも薄型です。機能も充実しており防犯や防災にも対応しております。宅配ボックスの着荷が表示されるものもあります。
住宅設備A(トランクルーム、プッシュプルハンドル)
住宅のトランクルームは折りたたみ式台車、空気入れ、ゴルフバッグ、工具、掃除用具、防災グッズなどを収納でき便利です。また玄関ドアがプッシュプルハンドルであれば女性や子供、お年寄りの力でも簡単に開閉できます。
住宅設備B(下駄箱、ドアストッパー)
住宅の下駄箱は家族で住んでいるとスペースが足りなくなっていきます。靴を置くスペースもそうですがブーツを置けるちょうどいい高さの場所もなかったりします。人数分以上の本数になってしまう傘も収納で悩みます。
住宅設備C(クローゼット、床下収納)
住宅の収納って大切ですよね。多くの人はスペースが足りないと思っているのではないでしょうか?収納スペースと言ってもウォークインクローゼット、押し入れ、床下収納と様々ですがタイプによって収納率が異なります。
住宅設備D(ブロードバンド環境、マルチメディアコンセント)
今はインターネットを利用する事が一般的になってきているので部屋を探す時にブロードバンド環境は欠かせません。またインターネット利用や電化製品が増えた事でマルチメディアコンセントもあればかなり便利です。
住宅設備F(床暖房の原理・メリットとデメリット)
住宅の床暖房は運転音が静かで空気も綺麗です。コタツやカーペットのように床に何かを設置する訳でもないので掃除も楽です。安くなったとはいえ設置費用の高さと既にエアコンがあるので設置する必要性で悩む人は多い。
住宅設備G(IHクッキングヒーターの原理とメリット)
IHクッキングヒーターは火力が弱いイメージがありますが実際は立ち上がりも早く非常に高火力です。表面がフラットなので掃除が楽ですし火を使いませんので安全で、夏場もキッチンが暑くなりにくく快適に過ごせます。
住宅設備H(IHクッキングヒーターのデメリット)
IHクッキングヒーターは便利ですがデメリットも色々とあります。例えば製品にもよりますが使用出来る鍋の材質に制限があったり、同時使用による最大火力が制限され3口同時使用が難しい事も。また停電時も困ります。
住宅設備I(キッチンのパントリー、洗面所のリネン庫)
住宅にある設備で食品や食器などを置く収納庫であるパントリーは便利です。ペットボトルに入った数本の2Lのドリンクやビールケースなどをストックできます。同様に洗面所にあるリネン庫も収納で便利です。
住宅設備J(カーテンボックスのメリットと注意点)
カーテンボックスはインテリア性を高めます。カーテンレールってオシャレとは言いがたいですよね?ムキ出しだと安っぽく見えると思う人は多いです。 カーテンボックスがあると冷暖房効率が上がり遮光性が高まります。
住宅設備K(防犯センサー・ルーバー面格子)
住宅の防犯設備や安全設備は非常に大切です。これを軽視する人は時々いますが被害に遭っている人は毎年かなりの数います。代表的な防犯センサーやルーバー面格子、指づめ防止ストッパーをご紹介しております。

ホーム RSS購読 サイトマップ