床の防音性能は床や天井の施工法、梁間面積に大きく影響される。

【不動産】床の遮音性能A(床や天井の施工法・梁間面積)

【不動産】床の遮音性能A(床や天井の施工法・梁間面積)

 

 

こんにちは。
今回は前回に引き続き、床の遮音性能の第2弾です。
事前にどういった構造があるのか理解しておくと
騒音からの被害を最小限にする事も可能になります。
そのあたりについて順番に見ていきましょう。

 

床の施工法の違い

スラブ厚やフローリングの種類以外に床の施工法によっても
遮音性に違いが出てきます。床の施工法には「直床工法」と
「二重床工法」があります。
それぞれどういったものなのか説明します。

 

直床工法

直床工法とは床のコンクリートに直接フローリング
などの仕上げ材を貼り付ける工法です。
フローリングの裏には厚いゴム系の遮音材が貼られています。

 

この工法ですとコンクリートスラブに厚みがないと
音の響き方が大きくなりますし、一般的にイメージしている
板張りの硬いフローリングとは違って歩くと下に貼られている
遮音材の影響でフワフワした感じになり違和感があります。
直床工法は二重床工法に比べ遮音性も低くなると言われています。

 

二重床工法

二重床工法とはフローリングを直接コンクリートスラブに貼らず、
フローリングとコンクリートの間に柱となる支持足を挟みます。

 

こうする事で接している箇所は先にゴム形の緩衝材が
付いている支持足のみとなりますので上階の音が
下階へダイレクトに伝わりにくくなるのです。

 

 

その上、この空間にグラスウール (glass wool) とは、
ガラス繊維でできた綿状の素材で、吸音材として利用されています)
などを充填すると遮音性がさらにアップします。
二重床の場合はこのように対策も取りやすいのです。

 

こういった理由からも一般的に二重床工法の方が
遮音性が高いと言われています。これらの床の工法の種類は
事前に竣工図書で確認する事ができます。

 

天井の施工法の違い

天井も床のように直天井と二重天井があります。
それぞれの違いは次の通りです。

 

直天井

コンクリートに直接ビニールクロスを貼る工法。
この工法ですと室内の照明の位置を動かせません。
天井を走っている電気配線用の配管などもコンクリートの中に
埋め込まれるような状態になってしまいます。

 

二重天井

コンクリートと石膏ボードの間に空間がありますので
二重床の時と同様に、そこにグラスウールなどを
充填する事で遮音性をアップさせる事もできます。

 

そして室内の照明の移動も可能になりますし、
配管も動かす事が可能になります。この工法ですと
将来のリフォームもできる事の選択肢が増えます。

 

 

ここまでの話を聞くと、ではなぜ全てのマンションの床や天井の
施工法を二重にしないのかという疑問が出てくると思います。
それはやはり建設する上でのコスト削減が大きく働くからです。

 

床も天井も二重にする事でそれだけ階高が高くなってしまいます。
という事は販売できる住戸が減ってしまうという事になるからです。
このような理由から直床や直天井のマンションが存在する訳です。

 

 

これは床と天井両方の時もありますしどちらか
片方だけ直工法になっている事もあります。
住む前にそのあたりの確認は必要だと思います。

 

梁間面積

重量衝撃音、軽量衝撃音ともに床スラブが振動する事によって
伝わりますので、その振動を抑える事が重要になってきます。
この振動を抑えるには梁間面積の広さが大きく関わってきます。

 

梁間面積とは梁で支えられた床スラブの1区切りの広さの事で、
小梁を大梁の間に渡す横架材の役割を果たす事で
スラブの振動を抑えます。小梁を入れる数や位置によって
遮音性は変わり梁間面積が狭いほど振動しにくくなります。

 

また「ボイドスラブ工法」や「アンボンドスラブ工法」と
言われる工法があります。70u程度までなら小梁が不要な工法です。

 

この工法ですと小梁がないので天井が平らになりリフォームが
しやすいと言われますが梁間面積は広いままなので
振動を十分に抑える事ができず遮音性が疑問視されています。

 

 

 

 

 

以上、床の遮音性能の第2弾でした。
いかがだったでしょうか。
こういった構造の違いを知れば、なぜ価格に違いが
あるのか納得できる判断材料の一つにもなります。

 

またタワーマンションなど一般的なマンションとは
異なる形状の建物であれば構造も当然違ってきます。
その違いを勉強する事でそれが本当に自分の求めている
構造なのか知る事ができますので十分納得してから
購入する事が可能になります。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

床の遮音性能@(コンクリートスラブ厚・遮音等級)
住宅における騒音は床や壁のコンクリートスラブの厚みと指標である遮音等級に大きく影響を受けます。コンクリートの厚みを節約したり、床材に遮音等級の低いものを使用して施工すると騒音トラブルになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ