地名や古地図で地盤が軟弱地盤か汚染状態かを知る事もできる。

【不動産】ハザードマップや地歴を活用し災害から身を守る

【不動産】ハザードマップや地歴を活用し災害から身を守る

 

 

こんにちは。
前回の地盤の第1弾はいかがだったでしょうか。
今回は地盤編の第2弾になります。
それでは順番に見ていきましょう。

 

自然災害・ハザードマップ

住む地域を探す際にはどういった自然災害にあう
可能性がありそうか想定する事が大切です。
大雨や台風が来た時に住んでいる地域がどうなるのかは
国土交通省がインターネット上で公開している
国土交通省ハザードマップポータルサイトで調べる事が出来ます。

 

 

川の近くに住んでいれば氾濫するかもしれませんし、山の近くですと
土砂災害に巻き込まれてしまう可能性も考えられます。過去にその
地域で大きな災害がなかったか面倒くさがらずに調べる事が大切です。

 

自分の命に関わってくるという事もそうですが災害が
起こった地域は資産価値にも大きな影響が出るからです。

 

 

それと過去の災害の有無だけでなくその地域の避難場所や
避難経路も知っておいた方がより安心して暮らせるでしょう。

 

マンションの高層階に住んでいて勘違いする人がいます。
過去氾濫した川が近くにあっても自分は高層階に住んでいる
ので影響ないだろうから特に気にしないという人がいます。
本当にそうでしょうか。

 

1階部分が水浸しになるだけでも資産価値には影響が出ます。
こういった事はとうてい隠す事など出来ません。各市区町村ごとに
ホームページで過去どのような浸水被害があったか誰でも簡単に
調べる事が可能なのです。

 

災害があった地域だと知った人が住みたいと思うでしょうか。
だから事前に知っておく必要があるのです。

 

地歴

これから住もうと考えている地域が浸水被害にあわないか
軟弱地盤ではないかという不安があると思います。
その地域の地名で、ある程度判断する事も可能です。

 

地名に次のような水に関する名前が入っていると要注意です。
「水」、「沢」「川」、「沼」、「淵」、
「池」「流」、「瀬」、「潮」、「落」・・・。
また次のような水辺の動植物を表す名前が入っている場合も要注意です。
「鵜」、「葦」、「鴨」、「鶴」・・・・。

 

 

過去をさかのぼっていけばその地域が田んぼだったのか沼地
だったのか、どういう使い方をされてきたのかハッキリとわかります。

 

土地開発を大手企業が手掛けているから大丈夫なはずだと
過信するのは自分でリスク回避を放棄している事になります。
一生を左右する事ですので面倒くさがらず調べる事をオススメします。

 

調べ方としては「古地図」(住宅地図)を見る事で判断できます。
古地図は図書館で借りて読むだけでも十分だと思います。

 

さらに土地の代々の所有者やどういう使われ方をしてきたのか
調べたい時は法務局へ行って登記簿謄本で調べられますし
今ではネットで請求する事も可能です。

 

その他に気をつけておきたいのが土壌汚染です。
以前その土地に危険な薬品を使用する
工場が建っていなかったか調べる事は大切です。

 

大規模な工場だけでなくクリーニング屋や写真屋なども
薬品を使用しますので土壌汚染に影響が出ている可能性があります。

 

 

土壌の改良技術は進んではいますが土地が汚染されていると
その土地の資産価値に影響が出ますし完全に改良をしようと
思えば数億円などの莫大な費用がかかってしまう事もあります。

 

そういった理由からも汚染の疑いが少しでもある
土地の不動産は自分が手放したい時に買い手が
なかなか見つからず苦労する事が想定できます。
住宅はそういったリスクを考えながら選ぶようにし、
大きな後悔がないようにしたいものですね。

 

活断層

日本の活断層はわかっているだけでも2000本あると言われています。
活断層は震源が浅く規模の大きい地震を引き起こします。
しかも将来にわたって何度も繰り返すといわれているのです。
そういった理由からそういった地域は危険と言われるのです。

 

 

大きな災害が起こった地域は過去にも
似たような災害が起きている場合が多いのです。
ですから下に活断層が走っている地域は
リスクが高い事を認識すべきです。

 

活断層マップで全てが判断できる訳ではありませんが
可能な限りそういった地域を避ける事が無難なのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

以上、地盤の第2弾でした。
いかがだったでしょうか。

 

室内の設備や建物の構造を気にする人は多いですが
地盤に関心を示す人となるとかなり少なくなってきます。

 

土台となる部分が頼りなければ将来様々な不具合が生じてきます。
非常に重要な部分ですので必ず確認するようにして下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

地盤のN値を知って液状化現象や地盤沈下を回避する
大きな地震が起こった時に液状化現象や地盤沈下が発生したというニュースを聞いた事がある人は多いと思います。地盤に大きく影響しますので住む地域の地盤の状態を事前に確認する事が大切です。その確認方法をご説明します。

ホーム RSS購読 サイトマップ