設計図書のボーリングデータで地盤の土質や地層の状態を知る。

【不動産】地盤のN値を知って液状化現象や地盤沈下を回避する

【不動産】地盤のN値を知って液状化現象や地盤沈下を回避する

 

 

こんにちは。
今回は地盤に関してお話しさせていただきます。
あなたは住む場所を探す際に、その地域にどういった災害が
起こりそうか、ある程度想定して選んでいますか?

 

地盤の状態を知るためにどういう事を知って
おかなければならないかご紹介していきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

 

N値

地盤の状態を知る方法として有名なのがN値というものです。
マンションなどのパンフレットやホームページなどに
記載されているのを見た事がある人も多いかと思います。

 

そもそも「N値」って何なのかという事ですが要は地盤の硬さです。
地盤は硬くて均一であればあるほど安心です。
一般にボーリング試験でN値50以上が硬い地盤とされており
この値が5m以上続いていればとりあえずは安心といえます。

 

通常はモデルルームなどにある設計図書の中の構造図に記載されている
ボーリングデータを見れば地盤の土質や地層の状態を知る事ができます。
ボーリングデータは最も重要なデータの一つです。

 

 

「N値」は細い棒状のボーリングロッドをハンマー(約63.5Kg)で
地面に押し込んで行き、30cmの深さをまで到達するのに
必要な打撃回数を調べる事により測定する事が出来ます。

 

もっと正確に言うと地盤の善し悪しはN値だけでは判断できません。
地層が砂質か粘土質かによってもN値の解釈も違うからです。
ざっくりと状態を知りたいのであれば「N値」を知る事で十分です。

 

一戸建は建物がそれほど重くはないので地面を少し掘り砕石を
敷き固めた上にコンクリートの基礎を造れば基本的には問題はありません。

 

しかしマンションは一戸建てと違い相当な重量がありますので建築基準法で
建物の基礎が堅い地盤に届いていている必要があると定められているのです。
杭を受け止める硬い地層(支持層)がなければ
基礎が安定せず地盤沈下を起こしてしまいます。

 

 

N値50以上ある硬い地盤の土地は直接基礎で対応出来ますので
杭は必要としません。しかし湾岸エリアなど地盤が軟弱な地域は
50m程の杭を使わなければならない事もあるのです。

 

 

立派な杭を何十本も打ち込んでいるので問題ありませんと
当然販売者側は言いますが杭が長ければ長いほど
不安定になるというのは専門家でなくともイメージできると思います。
そのあたりどう考えるかは人により意見が分かれる所です。

 

地盤が軟弱という悪条件であれば杭を深くまで打ち込まなければ
ならないので当然基礎工事費用も通常より多く必要となり、
その分マンション価格に上乗せされる事になります。

 

ですから同じ価格であっても基礎工事費用が多く
必要なマンションはその分、建物部分のコストが
削られグレードが下がってしまうという事になります。

 

地盤沈下・液状化現象

東日本大震災など大きな地震があった時にニュースなどで
液状化現象が起こっていると耳にした事がある人は多いと
思います。まずこの液状化現象ですが、そもそもどういった
現象なのか簡単に説明したいと思います。

 

普段は砂と水が混ざり合って構成している地面が地震が発生
すると振動により砂と水が分離して砂が水に浮くようになります。

 

その後、浮いていた砂が沈んでいき地面に水が噴き出してしまう現象です。
地震の揺れによって普段は固い地盤が液状になってしまう現象です。
湿地や埋め立て地など軟弱な地盤で起こります。

 

 

地盤沈下が起こって住宅が傾くと建物の耐震性や耐久性が大きく
失われてしまい修繕するのもかなり困難な状態となります。ですから
家を建てる前には必ず地盤の状態をチェックしなければなりません。

 

上記でも説明しましたように設計(竣工)図書の構造図で確認
する事が大切です。それとハザードマップで液状化しやすい土地を
公表している自治体もありますのでそういった事も利用するようにして下さい。

 

 

良い地盤は硬い地盤です。
地盤の硬さは様々な条件が考えられますが堆積した年月に
大きく関わってきますので古いほど良いという事になります。

 

それと地形からも判断できます。地形は山に近い方から
山地、丘陵地、台地、低地と大きく4種類に分けられます。
山に近づくにつれて地盤が固くなると考えて下さい。
地盤を調べたい時には国土交通省の下記サイトも参考にして下さい。

 

 

国土地盤情報検索サイト

 

 

 

 

以上、地盤の第1弾でした。
いかがだったでしょうか。

 

地震大国日本では埋め立て地以外に、山間部に拓いた新しい
造成地も常にリスクの高さがあると考えた方がいいと思います。

 

建物の耐震性や免震性も気になりますが、まず基礎となる
地盤も含む周辺環境まで考えておくとより安心です。

 

コンクリート塀がひび割れていたり電柱が傾いていないかをチェック
する事で地盤沈下する可能性をある程度判断する事もできますし、
勇気を出して周辺に長年住んでいる人に聞いてみるのもいいでしょう。

 

一度住む候補に挙がっている地域を歩いてみるといいと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

ハザードマップや地歴を活用し災害から身を守る
住む所の地盤の状態が軟弱地盤ではないか?過去にどういった使われ方をしてきて土壌汚染はされていないか?という事は健康被害や資産価値に影響しますので気になります。それらを調べる方法をご紹介しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ