建築基準法が改定されホルムアルデヒドの発散量の多い建材は使用が規制。

【不動産】シックハウス症候群@(建築基準法・換気・建材)

【不動産】シックハウス症候群@(建築基準法・換気・建材)

 

 

こんにちは。
今回はシックハウスに関してお話したいと思います。
事前に知識を得て予防する事が大切です。
それでは順番に見ていきましょう。

 

シックハウス症候群

シックハウス症候群というものをご存知でしょうか。
シックハウスという言葉は和製英語で建材の接着剤などに使用され
主な原因とされていた有機リン系のクロルピリホスや毒性の強い
ホルムアルデヒドが規制されるようになりました。

 

ホルムアルデヒドやVOC「(Volatile Organic Compounds)
揮発性有機化合物。トルエンやキシレンなど」
と呼ばれる化学物質です。ホルムアルデヒドは
刺激臭のある無色の気体で接着剤が乾く際に
空気中に放散され人体に影響を与えます。

 

 

引越しをしてから急に体調が悪くなったという経験はないでしょうか。
新築マンションやリフォームしたての中古マンションに住んで急に体調が
悪くなり病院へ行ってみると実は「シックハウス症候群」だとわかる事もあります。

 

特に元々アレルギー体質の人であれば年中どこかアレルギーの症状が
出ている場合が多いので体調が悪い事に慣れてしまっており疑う事もなく、
そのまま何の対応もせずに住み続けてしまう人もいるようですので危険です。

 

外出している時は何ともないのに家の中やその他の建物の中に
いる時だけ、いつもこのような症状がある場合は
シックハウス症候群を疑った方がいいかもしれません。

 

 

建築基準法

シックハウスによる健康被害が大きく問題になった事からも
2003年7月から建築基準法でシックハウス対策が義務付けられ
内装材の使用制限や24時間換気システムを設置する事が
義務付けられるようになりました。

 

現在建築されている一戸建てやマンションの各部屋には
給気口となる開閉できる穴があるはずです。
注意深く見てみてください。

 

注意したいのは真冬に各部屋のこの穴を全て開けている状態ですと
かなり寒いので閉めっぱなしにしてしまうという事です。
空調の効きが悪くなるので真夏でも同じ行為をする方は多いと思います。
アレルギーに敏感な人は部屋にいる間は仕方がないとしても
外出中は部屋の換気を優先させたい所ですね。

 

 

F☆☆☆☆の建材を多く使っている物件か?

24時間換気システムの設置の他にシックハウス症候群を
防ぐためには化学物質の使用を極力抑えた建材や接着剤を
使用した住宅を選ぶことが大切です。

 

建築基準法が改定されホルムアルデヒドの発散量の多い建材は
使用が規制されています。内装材は発生するホルムアルデヒドの
発散速度に応じて等級が区分されています。
F☆☆☆☆などの記号で表示されています。

 

ホルムアルデヒドの発散量がゼロか微量であり安全性が最も高いのは
「F☆☆☆☆」(エフフォースター)で☆の数が少なくなるほど
より有害となります。F☆☆☆☆の建材を多く使っている物件が
シックハウスに対してより配慮しているという事がいえます。

 

 

室内環境に配慮したメーカーは可能な限りF☆☆☆☆の建材を使用しています。
例えばホルムアルデヒドの使用を極力抑えたフローリングを使用したり
ホルムアルデヒドを使用していない接着剤で壁紙を貼るような事です。

 

中古マンションをリフォームして入居しようと考えている人は
リフォーム業者に使用する建材を指定しておくと安心できるでしょう。

 

シックハウス症候群は建築基準法を見直した時期を
見てもわかりますがここ最近で特に問題になりました。

 

しかしホルムアルデヒドの使用自体は昔からの事です。
ではなぜ昔は問題にならなかったのかと言いますと
昨今の健康志向もあり注目されるようになったというのも
ありますが昔の日本の住宅は隙間だらけで運良く風通しも
良かったからというのは一因としてはあると思います。

 

建築基準法がみなおされる前の比較的新しい住宅、
特にマンションは気密性が良く、風が通らないから
大きな問題となってしまいました。

 

F☆☆☆☆の建材だけを使っている物件なら安心か?

F☆☆☆☆の建材を使用している住宅でも健康被害は出ています。
なぜならF☆☆☆☆表示は定められた放散基準量の最低量という
だけでホルムアルデヒドが全くないという事ではないからです。
それと厚生労働省が指定している化学物質はごく一部だからです。

 

それ以外に有害といわれている物質は世の中に相当数存在します。
化学物質に対してどれ程敏感かはかなり個人差があります。
有害な物質は建材だけではありませんのでF☆☆☆☆の建材だから
といって安心せず換気する習慣は日々心掛けるようにして下さい。

 

 

これから住む住宅は24時間換気をするという前提ですので
自宅周辺の空気が綺麗である事が重要になってきます。

 

というのも一般家庭に導入される24時間換気システム
というのは給気は室外の空気だからです。

 

その空気が汚れていれば新鮮ではない空気を室内に
取り込む事になってしまうからです。
ですから花粉症の人も注意したい事です。

 

 

 

 

 

以上、シックハウス症候群の第1弾でした。
いかがだったでしょうか。

 

建築基準法が見直されるって凄い事ですからね。
いかに大きな問題だったか理解しいただけたかと思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

シックハウス症候群A(症状・原因・対処・測定方法)
シックハウス症候群と気付かずに長年、くしゃみや鼻水、頭痛、倦怠感などの症状が出続けている人もいます。少しでも疑いを持てば、まずはこまめに部屋を換気する習慣を持ち、保健所などに依頼しシックハウスの測定も行いましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ