24時間換気システムのフィルターは定期的な掃除や交換が必要。

【不動産】24時間換気システムのフィルターの必要性と注意点

【不動産】24時間換気システムのフィルターの必要性と注意点

 

 

 

こんにちは。
今回は24時間換気システムの給気ファン用の
フィルターに関してお話させていただきます。

 

24時間換気システムは大変便利なのですが定期的に
掃除が必要となってきます。特に第3種システムですと
給気が直接外からですので、ほこりなどを含んだ空気を
取り込む事になりますので汚れやすいのです。

 

そこで一般的には給気口の途中にフィルターを設置して
外気を取り込む事になります。このフィルターというのは
基本的には引っ越した時には設置されていません。
私が入居した時もフィルターは付いていませんでした。

 

 

そこで、どうするのかといいますと換気システムのメーカーから
純正品を購入するか似た製品をインターネット上もしくは
実店舗のホームセンターなどで購入する事になります。

 

純正品以外の商品は微妙に形状が違う場合もありますので
注意が必要です。中央の穴のサイズや形状が少し違ったりすると
隙間から汚れた空気が部屋へ侵入してしまいます。

 

給気口の近くには大抵カーテンが設置されている事が多いです。
床への汚れなら普段の掃除で簡単に落とせますのでまだマシですが
カーテンをクリーニングするとなるとダメージが大きいです。
フィルター選びは慎重にしたい所ですね。

 

 

 

 

例え適切なフィルターであっても汚れで目詰まりがあると
給気口周辺が目で見てわかる程に黒ずんで汚れてきます。
それにフィルターの目がふさがっていると正常に換気の機能が
発揮できなくなるので定期的な掃除は欠かせません。

 

フィルターは使い捨てにするタイプとフィルターを軽く
水洗いするだけで何度か使えるタイプとがあります。
機能性と価格のバランスを考え自分に合った商品選びを行なって下さいね。

 

 

それと付加価値のある商品として花粉やPM2.5、黄砂などを
シャットアウトしたり、フィルターからのいやなニオイの発生を
抑える商品もあります。フィルターひとつとっても技術の進歩を
感じます。いろんな商品があるので見ていると面白いですよ。

 

フィルターの交換時期の目安は住んでいる部屋の周辺環境によって
大きく異なってきますので何とも言えませんが一般的には3ヶ月
ほどだと言われています。私は大通りに面している環境ではないのですが
3ヶ月経過したフィルターは結構黒ずんでいましたよ。

 

 

 

 

以上、24時間換気システムののフィルターに関してでした。
いかがだったでしょうか。
フィルターは換気システムの性能に大きく関わってきますので
フィルター代をケチり過ぎたり掃除を面倒がっているとせっかくの
24時間換気システムも台無しになってしまいます。自分や家族の
健康のためにもメンテナンスは計画的に行ないたいですね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

住宅の24時間換気システムの設置義務化の理由
最近のマンションや一戸建てなどでは24時間換気システムの設置が義務化されています。部屋の壁に穴があるはずです。義務化に至った経緯は日本の住宅事情の変化により健康被害に影響が出たという事例があったからです。
24時間換気システムの種類とメリット・デメリット
マンションや一戸建てで設置されている24時間換気システムは大きく分けて3種類あります。電気代やフィルター代などのコストがかかりますし、実際の評判も気になると思いますのでメリットとデメリットを見ていきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ