マンションや一戸建てでの24時間換気システム設置義務化の理由。

【不動産】住宅の24時間換気システムの設置義務化の理由

【不動産】住宅の24時間換気システムの設置義務化の理由

 

 

こんにちは。
今回は24時間換気システムに関してお話させていただきます。
24時間換気システムという設備をご存知でしょうか。
従来の自然換気とは異なり強制的に室内の空気の入れ替えを
自動的に行う事を可能とした換気設備のことです。

 

今では新しく建設された住宅には必ず設置されています。
昔の日本の住宅は通気性の高い建築資材の使用や
建築構造、そして隙間風が入ってくるような家も多かった
ので自然換気が出来ていました。

 

 

しかし住宅性能の向上に伴い機密性が
高くなっていきました。気密性が高いと外からの騒音を
和らげる事が出来るほかに空調の効率も良くなります。

 

しかしそれに伴い換気不足になりますので建材や家具など
から発生するホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物
や湿気、調理や暖房をした時に発生する二酸化炭素なども
たまりやすくなりました。

 

そんな気密性の高い住宅に住む事によって
シックハウス症候群、アレルギーなどの
症状を訴える人が増えていきました。

 

 

住宅の高気密・高断熱化が進み、新建材と呼ばれる化学物質を
含有した建材が多く用いられるようになると部屋の空気が汚染され
人体に健康障害が出るようになりました。そういったものを
シックハウス症候群と呼びます。

 

しかしシックハウス症候群の要因はそれだけではなく様々なのです。
新築やリフォームをしたときだけの問題だと思われがちですが
建材以外にも要因はあります。例えば家具や絨毯、カーテン
などからも接着剤や難燃剤、防虫剤などの化学物質は揮発しています。

 

 

住宅の高気密・高断熱化が進みましたが換気対策が
遅れたために室内空気汚染の原因となってしまっていました。
計画換気の必要性への認識が不足していたのです。

 

そこで平成15年に建築基準法の改正があり、
一戸建てやマンションなどの住宅は全て24時間
換気システムの設置が義務付けられるようになりました。

 

この設置により居室の空気が2時間に1回入れ替わる
ようになりました。特にマンションは機密性が高いので
ドアや窓を閉めると、ほとんど空気が流れません。

 

窓を開けて自然換気を行なおうとしても周囲に遮る建物等がなく
角部屋でもない限りうまくいかない場合も多いのです。
スムーズな換気ができない住居には特に意味がある設備といえます。

 

 

しかし24時間換気システムの設置義務化に伴い建築コストは
高くなりますし電気代というランニングコストも新たな問題となります。

 

24時間換気システムには3種類の仕様があります。
(その違いやメリット・デメリットに関しては次回の記事でご説明しております)
この換気システムは入居後に変更が出来ない部分ですので
入居前にそれらの違いを十分把握し検討する事をオススメ致します。

 

 

 

 

以上、24時間換気システム導入の経緯に関してでした。
いかがだったでしょうか。

 

24時間換気システムを使って年中新鮮な空気に囲まれ
過ごしてみませんか。健康に投資するというのは
価値ある事だと私は思いますがいかがでしょうか。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

24時間換気システムの種類とメリット・デメリット
マンションや一戸建てで設置されている24時間換気システムは大きく分けて3種類あります。電気代やフィルター代などのコストがかかりますし、実際の評判も気になると思いますのでメリットとデメリットを見ていきましょう。
24時間換気システムのフィルターの必要性と注意点
24時間換気システムで多くの住宅で採用されている第3種換気システムでは外と繋がっている吸気口の所にフィルターを設置できるようになっています。その必要性と設置する際の注意点を確認するようにしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ