スロップシンクはベランダ掃除やガーデニング、スニーカー掃除に便利。

【不動産】スロップシンクや静音シンクは価値ある設備か?

【不動産】スロップシンクや静音シンクは価値ある設備か?

 

 

 

こんにちは。
今回は水回り設備の第7弾です。
水回り編は今回で最終回となります。

 

今回はキッチンなどに設置されている
静音シンクとベランダに設置されている
スロップシンクに関してお話しさせていただきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

 

静音シンク

洗い物をしている時の水はね音って結構気になるものです。
その音のせいで隣りの部屋で寝ている赤ちゃんが起きてしまったり、
リビングにいる人と会話する時に聞こえにくく水を止めてからでないと
会話が出来なかったといった困った経験をした人も多いと思います。
そういった悩みが多かったため静音シンクが誕生しました。

 

これがあればもう蛇口部分に何か取り付けたりシンクの底に
何か敷くなどして音の軽減に取り組む必要はなくなります。

 

今の静音シンクはシンクの底の部分以外に前面や側面にも採用され
遮音性をより高めたものまであります。
騒音の発生源は出来る限り少ない方がいいですからね。

 

 

 

スロップシンク

スロップシンクの「スロップ」とは汚れた水という意味です。
本来モップなどを洗う為に作られた深めの流し台の事です。

 

しかし日本ではモップで掃除するという習慣はありませんから
主に汚れたスニーカーを洗ったりベランダでのガーデニングの際に
利用したりする事が多いです。あとベランダを掃除する時にホースを
取り付けてシャワーで窓や床に水を撒くと水掃除もスムーズですよね。

 

家事を行う場所に設置されるのが一般的でしたので洗面所の
洗濯機横やキッチンの横あたりにありましたがマンションでは
ベランダに設置されているケースが多いです。

 

スロップシンクに加えて欲しい設備の一つに防水コンセントがあります。
屋外で電気製品を使用する際に活躍します。

 

スロップシンクや防水コンセントはマンションなどの集合住宅では
後付けが難しいので使用する機会が多そうな方は事前にチェックが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

以上、水回り編の第7弾でした。
いかがでしたでしょうか。
水回り設備って本当に進化していると思います。

 

水回りの設備を新しくするだけで日々の家事負担は
大幅に軽減できます。性能だけでなくデザインも
本当に向上していると感じます。
最新の設備に囲まれて生活してみませんか?
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

浴室換気乾燥機・保温浴槽・フルオートバス
浴室の設備は日々進化しています。浴室換気乾燥機、保温浴槽、フルオートバスなどの設備はとても好評です。これらの設備がある事で家事が効率的になりますし、保温浴槽やフルオートバスで失敗も減りガス代も節約できます。
曇り止め鏡・ワンプッシュ排水栓・浴室の床の材質
浴室の設備としては目立たない存在かもしれませんが「曇り止め鏡」や「ワンプッシュ排水栓」、滑りにくく排水能力も高い浴室の床の材質、浴槽の高さ、段差のない床、「多機能シャワー」など機能性が高く快適です。
キッチン・洗面所設備(ハンドシャワー・浄水器)
最近の住宅ではキッチンや洗面所ではハンドシャワーが標準設備となってきていますので非常に便利です。キッチンでは浄水器一体型水栓となっています。水を出すレバーの向きってあの災害がきっかけって知っていましたか?
キッチンのディスポーザーは本当に価値ある設備?
マンションなどで普及率が高まっているディスポーザーですが大きなデメリットはないのか?満足度は高いのか?と気になっている人は多いと思います。維持費、メンテナンス、運転音、掃除、粉砕できない物など説明しています。
食器洗い乾燥機のメリット(洗浄力・節水・除菌・時間)
食器洗い乾燥機にはビルトインと卓上型があります。手で洗う時間が省略でき時間を生み出す事ができますが、メリットはそれだけではありません。洗浄力や節水、除菌に関しても優れているのです。
食器洗い乾燥機のデメリット(食器の種類・収納力・洗浄力)
食器洗い乾燥機があれば手洗いからは全て解放されると手放しでは喜べません。なぜなら万能ではないからです。使用する事ができない材質の食器もありますし、当然最初に下洗いが必要な事もあります。収納力にも難点が。

ホーム RSS購読 サイトマップ