食器洗い乾燥機は収納スペースが少ないし洗えない材質の食器もある。

【不動産】食器洗い乾燥機のデメリット(食器の種類・収納力・洗浄力)

【不動産】食器洗い乾燥機のデメリット(食器の種類・収納力・洗浄力)

 

 

 

こんにちは。
今回は水回り設備の第6弾です。
食器洗い乾燥機のデメリットに関して
お話させていただきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

デメリット

1)洗えない食器もある。

 

食洗機で全ての食器類が洗える訳ではありません。
食洗機にもよりますが次のような物は洗えない可能性があります。

 

漆器、アルミ製品、耐熱温度の低い物、クリスタルガラス、銀、
金箔のある物、木製の物、食洗機OKと書かれていない箸・・・

 

洗える物とそうでない物は手洗いとで分けて洗う必要があるので
二度手間といえます。また食器類を購入する際には食洗機で洗えるか
事前にチェックする必要があります。

 

 

 

2)下洗いが必要な食器汚れもある。

 

食洗機で洗える種類の食器でも食器に付着した汚れ方によっては
いきなり食洗機で洗っても汚れが取りきれない場合があります。

 

汚れが酷く強くこすらないと汚れが落ちない物に関しては
下洗いするなどの工夫が必要になってきます。
こういったケースがあると二度手間で面倒と感じる人もいます。

 

 

 

3)時間がかかる。

 

運転時間は短時間ではないので手洗いの時の様に洗った食器やグラス、
調理器具をすぐに使いたいと思っても使えないという事が起こります。

 

それと洗っている時間だけでなくセットする際も意外と時間が掛かります。
形の違う食器を上手く配置しないと入りきらないという事が起こるので
コツをつかむまでは意外と時間が掛かってしまいます。

 

 

 

4)あまり必要性を感じない。

 

洗い物がたくさん出ない家では当然あまり必要性が無いかもしれません。
それにそもそも洗い物をする事自体がそれ程嫌いではない人もいます。

 

そういった人にはそれ程大きな価値は無いのかもしれません。
少量ならさっさと手洗いして片付けてしまった方がいいのかもしれませんね。

 

 

5)価格が高い。

 

食洗機自体の値段がまだまだ高いという事はいえると思います。
価格が高いと感じるのは大きなデメリットです。

 

便利なものとはいえ価格が高いと感じている時は
その人にとっては、まだそれ程必要ではないという事でしょう。
本当に必要になった時に検討すればいいと思います。

 

 

6)洗浄力に不信感がある。

 

綺麗に汚れが落ちない気がすると感じる人は少なからずいます。
実際100%全ての食器の汚れが落ちるわけではないです。

 

ガンコな汚れは食洗機が優秀であっても落ちない事もあります。
またそれに加え食洗機の運転中の様子が見えないタイプも多いので
余計に心配になるのかもしれませんね。

 

 

 

7)習慣にするまでに時間がかかりそう。

 

今まで使った事のない物なので習慣が定着しないという声も。
食洗機に限らず空気清浄機やパソコン、スマートフォンでも
最初に購入して使い始めるまでは日々活用しているイメージも
出来なかったので中々導入に踏み切れなかった人もいたと思います。

 

結局使い始めてその利便性を実感するまでは「別に無くても困らなさそう」
と思って踏み切れないのだと思います。まずは身近にいる導入した人から
使用してみた感想を聞いてみるといいかもしれませんね。

 

 

 

8)キレイに並べないと食器が入りきらない。

 

物件や食洗機メーカーのホームページに記載されている
写真では無理なく食器やグラス類が食洗機に収まっています。

 

しかしここで使われている食器やグラスは形状や
大きさが同じもので統一されていたりします。

 

しかし私たちの普段の生活では様々な形状の食器や
グラスを使っています。ですから掲載されている写真の
ようにはスムーズに収納出来ない人が多いのです。

 

それらに加え、鍋やフライパンなど様々な調理器具が洗い物としてあります。
当然これらも一度に食洗機に入れて洗い物を完了させる事などは出来ません。

 

ですから仮にキッチンにスペースがあり、食洗機もこれから選べるのであれば
少し容量的に余裕のあるタイプがいいかもしれません。

 

食器などの並べ方のコツもあるとは思いますが、一般的な
食洗機のサイズでは収納しきれない物も出てくるので、完全に
手洗いを無くす事は難しいと思った方がいいかもしれません。

 

 

9)運転音が少し気になる。

 

運転音が気になるという人もいます。
食洗機のあるキッチンとリビングは近い場合が多いですので
キッチンにいる人とリビングにいる人の会話がしにくかったり
テレビの音が聞こえにくかったりという事も起こります。

 

しかしビルトインタイプは卓上型に比べると割と静かなので
それ程心配する必要はないかもしれません。気になる方は
実際の運転音を確認してみてから検討されてはいかがでしょうか。

 

 

 

10)洗浄中に食器同士がぶつかり欠けてしまう事も。

 

綺麗に洗い上げるために食洗機の中では強い水圧が出ています。
丁寧に並べないと動いてお気に入りの食器類が欠けてしまうという事も。

 

また水圧でタッパーや弁当箱など軽量のものは水圧で
ひっくり返り取り出そうとした時には上に向いており中に
水がたまっていたという事も起こります。

 

 

11)卓上型の場合、スペースを奪われる

 

食洗機には卓上型とビルトイン型があります。
卓上型はビルトインに比べ設置が安く済むメリットがあります。

 

その反面、キッチンの天板の上に設置しますのでどうしても
キッチンで作業するスペースを奪われてしまう点があります。

 

賃貸マンションとかですとキッチンのスペースに余裕がない場合も
多いので卓上型食洗機の設置を諦める人も多いのです。

 

他には先程記載したとおり音の問題やキッチンの見た目が
ビルトインに比べるとスッキリしないという問題点があります。

 

 

 

 

 

以上、食洗機のデメリットに関してでした。
いかがだったでしょうか。

 

自分がまだ持っていない設備に関しては色々と妄想して
しまいメリットだけが思い浮かんでしまうものです。
自分の生活スタイルに合っていそうか
再度思い描いてから検討してみて下さいね。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

浴室換気乾燥機・保温浴槽・フルオートバス
浴室の設備は日々進化しています。浴室換気乾燥機、保温浴槽、フルオートバスなどの設備はとても好評です。これらの設備がある事で家事が効率的になりますし、保温浴槽やフルオートバスで失敗も減りガス代も節約できます。
曇り止め鏡・ワンプッシュ排水栓・浴室の床の材質
浴室の設備としては目立たない存在かもしれませんが「曇り止め鏡」や「ワンプッシュ排水栓」、滑りにくく排水能力も高い浴室の床の材質、浴槽の高さ、段差のない床、「多機能シャワー」など機能性が高く快適です。
キッチン・洗面所設備(ハンドシャワー・浄水器)
最近の住宅ではキッチンや洗面所ではハンドシャワーが標準設備となってきていますので非常に便利です。キッチンでは浄水器一体型水栓となっています。水を出すレバーの向きってあの災害がきっかけって知っていましたか?
キッチンのディスポーザーは本当に価値ある設備?
マンションなどで普及率が高まっているディスポーザーですが大きなデメリットはないのか?満足度は高いのか?と気になっている人は多いと思います。維持費、メンテナンス、運転音、掃除、粉砕できない物など説明しています。
食器洗い乾燥機のメリット(洗浄力・節水・除菌・時間)
食器洗い乾燥機にはビルトインと卓上型があります。手で洗う時間が省略でき時間を生み出す事ができますが、メリットはそれだけではありません。洗浄力や節水、除菌に関しても優れているのです。
スロップシンクや静音シンクは価値ある設備か?
ベランダに設置されているスロップシンクはシャワーホースを取り付けるとベランダを掃除する時にも便利です。またキッチンで洗い物をしている時の水はね音って結構気になるものですが静音シンクがそれを解消してくれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ