ディスポーザーは卵の殻やバナナの皮など粉砕できない物もある。

【不動産】キッチンのディスポーザーは本当に価値ある設備?

【不動産】キッチンのディスポーザーは本当に価値ある設備?

 

 

 

こんにちは。
今回は水回り設備の第4弾です。
ディスポーザーのメリット・デメリット
に関してお話させていただきます。
それでは順番に見ていきましょう。

 

ディスポーザー

ディスポーザーとはキッチンのシンクの排水口に設置されている
もので生ゴミを粉々に砕いて水と一緒に流せる設備のことです。

 

粉砕された生ゴミはマンション内の専用の処理槽に集められ、
その後、公共の下水道に流すというシステムです。

 

各戸にこういった設備が備わっている事とマンションの共用部分に
排水処理システムが設置されている事が必要となってきます。

 

生ゴミの量を大幅に減らす事が出来るので特に夏場、
部屋の中に嫌な臭いがこもり難いですしシンクの中の
ヌメリも無くなり衛生的ですのでディスポーザーは
人気設備ランキングでもトップクラスに挙がってくる設備です。

ただディスポーザーは専用の処理槽などを設け
定期点検も必要となりますので技術面やコスト面で
一戸建てでの設置は難しいと言われています。

 

マンションであっても設置を見送る物件もあるくらいですので
ディスポーザーは万能ではなく少なからずデメリットもあるという事です。

 

 

そこで、ここではディスポーザーのメリットとデメリットを
順番に見ていきたいと思います。

 

 

メリット

1)ゴキブリが発生しにくい。

キッチンが衛生的になるのでゴキブリが発生しにくくなります。

2)ゴミ捨てが楽になる。

家庭で出るゴミの量が減るのでゴミ捨てが楽になります。

 

3)シンク内にヌメリが出にくくなる。

シンク内に生ゴミが放置される事がありませんので
あの嫌なヌメリとはサヨナラ出来ます。

 

4)排水溝への網の着脱が不要になる。

排水溝へ生ゴミが流れないように張っていたネットが不要になりますので
その手間とその際に手に付く汚れのストレスからも解放されます。

 

5)部屋にニオイが充満しにくくなる。

キッチンに生ゴミを溜めている時間がほとんど無いので
部屋の中にニオイが充満しにくくなります。

6)生モノの買い物をする際の幅が広がる。

買い物をする時に調理後に家で出る生ゴミの事を考えなくても
よくなるので買い物する際に制限がなくなり幅が広がります。

 

7)ゴミ捨て場が悪臭で充満されにくい。

各戸が出す生ゴミの量は大幅に減るのでマンション
共用部にあるゴミ捨て場に悪臭が充満しにくくなる。

 

8)ゴミ出しの日に神経質にならなくて済む。

長期で旅行に出掛ける時などに家に生ゴミが
ある場合はゴミ出しの日がかなり気になります。
ディスポーザーがあると気にしなくて済むようになります。

 

 

9)ゴミ収集の人件費を削減する事が出来るかもしれない。

各戸が出すゴミの量を減らす事が出来ますから行政が行っている
ゴミ収集の際の人件費も削減する事が出来るかもしれません。
その街の財政の改善につながるかもしれません。

 

 

デメリット

1)音が気になる。

ディスポーザーによっては作動している時の音が大きいので気になってしまう。
リビングでテレビを見ていると音が邪魔に感じる事もあるかもしれません。

 

深夜にわざわざ使用する人も少ないと思いますので心配する必要は
ないと思いますが洗濯機などと同様に大きな音が出そうなものを
使用する時は周辺住民への配慮は必要かもしれませんね。

 

2)維持費が少し高い。

ディスポーザー本体、共用排水管、浄化槽のメンテナンス費・・・。

 

 

3)特に必要性を感じなくても費用を負担しなくてはならない。

24時間365日使用できるゴミステーションがある環境であれば
特に必要性を感じないという人もいます。しかしディスポーザーが
設置されている物件を購入してしまうと使用しなくても
メンテナンス費用などを負担しなくてはならなくなります。

 

4)全ての生ゴミを粉砕できる訳ではない。

ディスポーザーの取り扱い説明書に記載されているので詳細は
そちらで確認が必要ですがメーカーによって違いがあるようです。

 

高温の液体、とうもろこしの芯や皮、枝豆の皮、パイナップルの芯や皮、
タケノコ、卵の殻、タマネギの皮、貝殻、大きな骨、果物の大きな種、
メロンやスイカ、バナナなどの皮・・・・

 

粉砕が困難な物や流した時に配管内部にへばり
付いてしまう物は基本的に使用は出来ないようです。

 

5)定期的に自分で掃除が必要。

定期的な掃除を怠ると故障の原因になります。
便利なものであっても機械ですからメンテナンスは不可欠です。

 

 

6)使用する住民のモラルが問われる。

使用する際に禁止事項がありますがそれらを守らない人も
一定数いますので共用部分の設備の劣化に影響してきます。

 

 

 

 

 

以上がディスポーザーのメリットとデメリットになります。
いかがだったでしょうか。

 

ディスポーザーは人気設備ランキングで上位に挙がる設備
なので現在、家にない人は特に気になっていると思います。
本当に自分にとって必要な設備なのか再度検討してみてください。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

浴室換気乾燥機・保温浴槽・フルオートバス
浴室の設備は日々進化しています。浴室換気乾燥機、保温浴槽、フルオートバスなどの設備はとても好評です。これらの設備がある事で家事が効率的になりますし、保温浴槽やフルオートバスで失敗も減りガス代も節約できます。
曇り止め鏡・ワンプッシュ排水栓・浴室の床の材質
浴室の設備としては目立たない存在かもしれませんが「曇り止め鏡」や「ワンプッシュ排水栓」、滑りにくく排水能力も高い浴室の床の材質、浴槽の高さ、段差のない床、「多機能シャワー」など機能性が高く快適です。
キッチン・洗面所設備(ハンドシャワー・浄水器)
最近の住宅ではキッチンや洗面所ではハンドシャワーが標準設備となってきていますので非常に便利です。キッチンでは浄水器一体型水栓となっています。水を出すレバーの向きってあの災害がきっかけって知っていましたか?
食器洗い乾燥機のメリット(洗浄力・節水・除菌・時間)
食器洗い乾燥機にはビルトインと卓上型があります。手で洗う時間が省略でき時間を生み出す事ができますが、メリットはそれだけではありません。洗浄力や節水、除菌に関しても優れているのです。
食器洗い乾燥機のデメリット(食器の種類・収納力・洗浄力)
食器洗い乾燥機があれば手洗いからは全て解放されると手放しでは喜べません。なぜなら万能ではないからです。使用する事ができない材質の食器もありますし、当然最初に下洗いが必要な事もあります。収納力にも難点が。
スロップシンクや静音シンクは価値ある設備か?
ベランダに設置されているスロップシンクはシャワーホースを取り付けるとベランダを掃除する時にも便利です。またキッチンで洗い物をしている時の水はね音って結構気になるものですが静音シンクがそれを解消してくれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ