浴室設備の浴室換気乾燥機や保温浴槽やフルオートバスは非常に便利。

【不動産】浴室換気乾燥機・保温浴槽・フルオートバス

【不動産】浴室換気乾燥機・保温浴槽・フルオートバス

 

 

 

こんにちは。
今回は専有部分の設備(水回り)に
関してお話しさせていただきます。

 

他の記事でも専有部分の設備の紹介はしておりますが
ここでは水回りに特化してご紹介していきたいと思います。
それでは順番に見てきましょう。

 

 

フルオートバス

お湯張りする時の温度、水位や追い焚き、保温など
設定した内容をボタン一つで実行してくれる設備です。

 

オート機能がなければ浴槽から溢れる前に
お湯を止めに行かないといけません。

 

忘れてしまい、お湯を溢れさせた経験を
持っている人も少なくないと思います。
でもこの設備があるとそういったストレスからは開放されます。

 

実行させるコントローラーですが浴室にありますが
浴室の外にもあったりします。

 

例えばリビング。
リビングにもコントローラーがあればそこからの遠隔操作が可能に
なりますので家事をスムーズに複数同時進行させる事ができ、かなり便利です。

 

お湯張りタイマーでの予約も出来るタイプがありますので
冬場とかに帰宅した時、すぐに浴槽で温まる事も可能になります。

 

その他の機能としては音声で操作方法を教えてくれたり、
お湯張りが完了したなど状況をメロディーで知らせてくれたりもします。

 

リモコンが複数個所にあると通話も可能になりますので
緊急時にも対応した機能といえます。

 

 

浴室換気乾燥機

特に窓のない浴室には浴室換気乾燥機は
標準設備として欲しいところですね。

 

洗濯物は太陽の陽で直接乾燥させたいという方でも
梅雨時や真冬、花粉が飛び交う時期などは利用したいのではないでしょうか。

 

雨で濡れた上着を乾かす際にも便利です。
電気代もそれほどかかりません。

 

浴室内の湿気も同時に取り除く事ができるのでカビの発生を抑え
衛生的ですし、普段の掃除の負担も軽減できるようになります。

 

乾燥はタイマー機能もありますので外出前や就寝前にセットしておけば
気付いた頃には洗濯物はフカフカの状態で仕上がっています。

 

乾燥や換気機能以外にも「暖房」、「涼風」などもあります。
真冬に浴室へ入ると寒いので慌ててシャワーを浴びたり
湯船に入った経験はあると思います。

 

浴室を使用する10分ほど前に「暖房」機能を使うだけで、
そういったストレスからは開放されます。

 

高齢者や糖尿病、高血圧、動脈硬化などの病気を
もつ方や不整脈の方、肥満気味の方などはヒートショック
(血圧の急激な上昇や下降が引き起こされるのが原因。

 

10℃以上の温度差には注意が必要です。家庭内での
高齢者の死因の4分の1を占めています)の影響を
受けやすいといわれています。

 

日本では一般的に脱衣所や浴室に暖房器具は
設置されていないので湯船に入った時との激しい温度差で
突然死を引き起こす可能性があるのです。

 

そういった深刻な事態を引き起こさない為にも
安全に配慮した設備は必要といえると思います。

 

「涼風」機能は真夏に浴室内で何か作業する際に
扇風機代わりになってくれますので、とても便利に感じると思います。

 

ミストサウナ機能が搭載されている物件もあります。
ミストサウナは約40℃くらいにした浴室に温水を
霧状に噴霧しミストで全身を包み込みます。
美容効果やリラックス効果、新陳代謝の促進に期待できる機能です。

 

ドライサウナより身体の負担が少なく気持ちよく汗をかく事ができます。
肌がツヤツヤになりますのでお化粧のノリも良くなります。

 

特に女性には関心の高いものになるといえます。
また普通の入浴と比べても身体の芯までしっかり温まりますので
湯冷めも、しにくいといわれています。

 

 

保温浴槽

保温浴槽とは浴槽に張ったお湯の温度が低下しにくい浴槽の事です。
浴槽断熱材や断熱防水パン、断熱フタなどを
使用する事によって断熱効果を高めたものです。

 

この構造により長時間お湯が冷めにくくなる訳です。
具体的には6時間後でも2℃程しか下がりません。
従来品は7℃程は下がっていたようです。

 

入浴時間がバラバラの家族でも追い焚きを最小限にする事が出来ますので
エネルギーを無駄にせずエコですし光熱費をカット出来ます。

 

子供の頃に親がよく叫んでいませんでしたか?
「お風呂のお湯が冷めるからみんな早く入って〜」と。
経済的な事だけでなく人から、せかされる事も少なくなるので
精神的にも余裕を生んでくれる設備だと思います。

 

 

 

 

 

以上、水回り設備に関してでした。
いかがだったでしょうか。

 

最新の設備は便利なだけでなく、そこに住む人間に
余裕が生まれますのでより心を豊かにしてくれると思います。
それではお部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

関連ページ

曇り止め鏡・ワンプッシュ排水栓・浴室の床の材質
浴室の設備としては目立たない存在かもしれませんが「曇り止め鏡」や「ワンプッシュ排水栓」、滑りにくく排水能力も高い浴室の床の材質、浴槽の高さ、段差のない床、「多機能シャワー」など機能性が高く快適です。
キッチン・洗面所設備(ハンドシャワー・浄水器)
最近の住宅ではキッチンや洗面所ではハンドシャワーが標準設備となってきていますので非常に便利です。キッチンでは浄水器一体型水栓となっています。水を出すレバーの向きってあの災害がきっかけって知っていましたか?
キッチンのディスポーザーは本当に価値ある設備?
マンションなどで普及率が高まっているディスポーザーですが大きなデメリットはないのか?満足度は高いのか?と気になっている人は多いと思います。維持費、メンテナンス、運転音、掃除、粉砕できない物など説明しています。
食器洗い乾燥機のメリット(洗浄力・節水・除菌・時間)
食器洗い乾燥機にはビルトインと卓上型があります。手で洗う時間が省略でき時間を生み出す事ができますが、メリットはそれだけではありません。洗浄力や節水、除菌に関しても優れているのです。
食器洗い乾燥機のデメリット(食器の種類・収納力・洗浄力)
食器洗い乾燥機があれば手洗いからは全て解放されると手放しでは喜べません。なぜなら万能ではないからです。使用する事ができない材質の食器もありますし、当然最初に下洗いが必要な事もあります。収納力にも難点が。
スロップシンクや静音シンクは価値ある設備か?
ベランダに設置されているスロップシンクはシャワーホースを取り付けるとベランダを掃除する時にも便利です。またキッチンで洗い物をしている時の水はね音って結構気になるものですが静音シンクがそれを解消してくれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ