マンションや一戸建ての購入や売却、賃貸。防災や防犯と住宅の関係性。

お部屋探しお助け隊

お部屋探しの基本

 

こんにちは。
マンションや一戸建てのお住まいを探す際に参考になるサイトです。
購入するにしろ賃貸に住むにしろ生涯関わらざるを得ないのが住居です。
今住んでいる所にこんな不満はないでしょうか?

 

■もっと買い物が便利な所へ引越しをしたい。

 

 

■もっと駅から近い所へ引越しをしたい。

 

■家の遮音性能が低いので年中騒音に苦しんでいる。

 

 

■家が古いので構造が時代に合っておらず、
 リフォームしても改善できる部分に限界を感じる。

 

■家が狭いのでもっと広い所へ引越しをしたい。

 

■子供が一人暮らしを始めたので夫婦二人用の家を探している。

 

■もっとセキュリティレベルの高い所へ引越しをしたい。

 

宅配ボックスのあるマンションへ引越しをしたい。

 

 

■地震など災害時に強いマンションに引越しをしたい。

 

■憧れのタワーマンションへ引越しをしたい。

 

豪華な共用施設があるマンションへ引越しをしたい。

 

 

保育所や小学校が近い場所へ引越しをしたい。

 

■もっと自然が多い場所に引越しをしたい。

 

 

人の悩みは本当にそれぞれで欲を言い出してもキリがありません。
しかしこれだけは絶対に譲れないという条件は誰にでもあるはずです。

 

家で過ごす間に癒されなければ満足に睡眠が取れな
かったりして安らげませんので、どうしても疲れが残ります。
これは必ず精神面へも影響します。

 

 

よりスペックの高い家に住んで心身ともに健全で健康に投資する
という考え方は人生において非常に重要だと私は思います。

 

あなたはどのようにお考えでしょうか?
やはり心身ともに元気でないと満足に仕事も遊びも
できませんから決して軽く見てはいけない事だと思います。

 

もちろん全ての条件を満たす完璧な物件は存在しません。
そういった物件はそもそも金額が高い事が大きなデメリットですし、
閑静な住宅街というのは利便性が劣る事も多いからです。

 

住む前にその物件のメリットとデメリットを知っておく事で、
その後の満足度は格段に違ってきます。

 

それと住宅というのは防災や防犯ととても密接です。
大きな地震が発生した時にその地域の防災力が試されます。

 

 

関東大震災(1923年)、阪神淡路大震災(1995年)、
新潟県中越大震災(2004年)、東日本大震災(2011年)、
熊本地震(2016年)、大阪北部地震(2018年6月)、
北海道胆振東部地震(2018年9月)・・・

 

あなたの住んでいる、もしくはこれから住もうと
している地域の地盤は問題ないでしょうか?

 

液状化現象で家が傾いてしまい悩んでいる人は多いです。
その地域のこれまでの災害履歴を調べてみてはどうでしょうか。
その地域の地名でも、ある程度判断する事も可能です。

 

防犯面でも学ぶ必要があります。
日本は海外に比べて長年治安が良い状態が続いていたので
平和ボケしている日本人が多い事は確かです。

 

家の玄関や窓のカギを閉めていない人も一定数いますし
車のカギも短時間でしたら開けたままという人もいます。
空き巣被害も減ってきていますがまだまだ多いです。

空き巣犯は何もその時のノリで適当に家を選んでいる訳ではありません。
狙われる家というのは必ず犯行しやすいある条件が整っているのです。

 

特に築年数が古い物件はあまり防犯面を考えて設計してこなかった
時代ですので使用している家の材質も頑丈にはなっていません。
玄関ドアの錠も簡単にピッキングが可能な仕様になっています。

 

今はセキュリティレベルの高い窓や玄関ドアの錠が使用されて
いますので自分の住んでいる家のレベルはどうか考えるべきです。

 

ここでしっかり勉強してストレスが少なく
満足度の高い住まいを手に入れてみませんか?
お部屋探しの方、応援しております♪

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 


不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ホーム RSS購読 サイトマップ